わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐寒性マツバギク・花あかりをやっと見つけました

<<   作成日時 : 2009/03/17 23:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


耐寒性マツバギクというとたいてい紫紅色のものですが、
花あかりはいろいろな色あるということを知って、
探してやっと見つけました。
4色×2ポットづつ買いました。
画像



デロスペルマ・花あかり’きいろ’です。
この品種は、他のものより丈が短いです。
画像
Delosperma Hanaakari



デロスペルマ・花あかり’さくらいろ’です。
葉の色が明るい緑色をしています。
上の品種とは交配の親が明らかに違う感じです。
画像
Delosperma Hanaakari



デロスペルマ・花あかり’しろ’です。
葉の色が銀色っぽいです。
一般にオレンジ色のマツバギクは背丈がありますが、
これらの耐寒性マツバギクは全体に背が低くていいです。
白色のマツバギク類は見かけないので花が楽しみです。
画像
Delosperma Hanaakari



デロスペルマ・花あかり’くれない’です。
葉の色が青っぽい緑色をしています。
’さくらいろ’は薄いピンク色ですが、
こちらは濃いピンク色で底白です。
花が咲いたら報告したいと思います。
マツバギクと呼ばれているものには色々な種類があるようですが、
不思議だと思います。
日本の園芸界ではどこが違うのか分からないような違いでも、
まったく別の名前をすぐにつけるのに・・・
これは非常におおざっぱな名前の付け方です。
画像
Delosperma Hanaakari


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ「花あかり」としてくくっていても
葉姿や色がずいぶん違うんですね。
それぞれの色の色素を持った親の関係なんですかね?

いいお天気の日に、大きく広げた花の姿も見せて欲しいです。

なな
2009/03/18 18:20
>>ななさんへ

花あかりが農林水産省の登録品種ということなので、調べてみましたが、花あかりという名前では該当するデータが無かったです。
砂漠の宝石という名前でデロスペルマのハイブリッドとして品種登録出願中がありました。
砂漠の宝石に続く名前はムーンストン、ペリドット、ローズクォーツ、ムーンストーンNO2でした。育成者は花あかりの育成者と同じ名前でした。
花あかりと砂漠の宝石は販売企画のネーミングのようでよく分からない感じ。

早く咲いてほしいです。
わっきー
2009/03/19 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
耐寒性マツバギク・花あかりをやっと見つけました わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる