わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 白珠丸のの良い子悪い子

<<   作成日時 : 2009/12/19 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


マミラリア・白珠丸の悪い子です。
刺がみんな好き勝手に行動して、
あっちこっちに向いています。
画像
Mammillaria geminispina



上の株のアップの刺の並びです。
画像
Mammillaria geminispina



それに引き換えこちらの白珠丸の刺は、
整列していて気持ちいいです。
スッキリ!
画像
Mammillaria geminispina



上の株のアップの刺です。
良い子はこうでなくちゃあね。
画像
Mammillaria geminispina


もしよろしかったらここをポチっとしていただくと非常にうれしいです。
↓↓
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
植物にも良いことそうでない子が
いるんですね。ちょっと微笑ましいです。
でも、出来の悪いこの方が、気になったり
するんですよね。
どちらにしても可愛いですよね
かおりん
2009/12/27 22:02
>かおりんさんへ

出来の良い悪いは、私が勝手に決めたので、
変わったのが好きな人にとっては、出来の良い悪いが逆転してしまいますね。
例えば播種をしてねじれた葉っぱや小さいのや色が悪いのが出てきて、普通はそういうのは間引いてしまいますが、逆にそういうのが目面しいと言って大切に残す人がいたりして。
だから、植物に良い子悪いこと区別するのは本当はいけないのかもしれません。

かおりんさんはやさしいので出来の悪い子の方が気になって、どっちも可愛いって言っていただき、有難うございます。

(なお、品種改良をするときは通常こんなのを作出したいという目標があって、その目標から外れたのははじかれて、目標に沿ったものだけが次の交配に使用され・・それを何回か繰り返して目標にかなった品種が作られるわけで、
残す子とはじかれる子がはっきり区別されます。)
(目的・目標とは、例えば花が大きい、花色が青い、病気に強い、丈が低い、早く成長する、寒さに強い・・・などなど色々です。)
わっきー
2009/12/28 09:40
植物って言葉をしゃべることが出来ない
から、本当にこちらが気をつけて
あげていないと枯れたり、病気になったり
しちゃいます。
おかしいって思われるかも知れないけど、
私は植物に水をあげる時や花柄を摘む時や
肥料をあげる時など、いつも植物に、
話しかけています。返事が返ってくるわけ
ではもちろんないのですが、何となく
私の気持ちが伝わるかなって思いながら。
わっきーさんのブログを見させていただいて
いると、もしかしたらわっきーさんも
同じかなって思っちゃいます

かおりん
2009/12/28 22:28
>かおりんさんへ

植物の栽培に愛情はとても大切だと思います。

ちょっと話はそれますが、動物や植物の里親募集とか動物や植物を里子に出すという言葉をよく目にしますが、この言葉の使い方について里子を動植物並みに扱うのはよくないので里子という言葉を本来の意味以外に使わないようにというのを聞いたことがあります。

これは逆だと思います。
動物や植物も人間と同じように愛情を持って育てる意味であって、決して人間を動植物並みに考えているのではないですよね。
わっきー
2009/12/30 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白珠丸のの良い子悪い子 わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる