わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 釉薬を使ってみましたが→失敗

<<   作成日時 : 2010/07/28 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


これはお茶が入っていたスティール缶を加工したものです。

画像



白いペンキやアクリル絵の具を塗ったわけではないのです。
透明になる釉薬を塗ったのですが、失敗しました。

釉薬の下には、一部緑色の顔彩で色付けしてあり、
それが現れる予定でした。

画像



釉薬を塗って1時間ガスコンロで熱を加えたのですが、
透明になりませんでした。
失敗ですが、これはこれとして使えるかも。

ガス会社に電話で確認したら、最高で1300℃になるとの回答。
(ガス会社の人は手元に資料がなかったためガス器具メーカーに聞いて調べてくれました。)

温度的には1200℃あれば大丈夫のハズですが、
陶器を焼くときはもっと何時間(7・8時間?)も続けなければダメそうです。

空き缶のためにそんなにガスを使ったら妻にしかられそうです。

そこでこの状態で止めて、
白色を生かすことに方針変更。

薄い釉薬の部分はティッシュで軽くこすると剥がれて地が出てきました。
残った部分の色が落ちないように、この上に透明のステインを揺りました。

画像

それにしても投資した大量の釉薬が残って無駄になりました。
何か使い道はないものか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
釉薬を使ってみましたが→失敗 わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる