わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドレミはものすごく奥が深いぞ!

<<   作成日時 : 2016/04/12 17:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昔、ビートルズの映画「ヘルプ!」を観に行ったとき、
一緒に上映されていたのが「サウンドオブミュージック」だった。

サウンドオブミュージックは、付録みたいなものでついでに観た感じだった。

ミュージカルには興味がなかったけど、
意外と面白かった。

あとで、テーマ曲の「ドレミの歌」(サウンドトラック版)のレコードを買って、
曲を覚えたことがあった。

歌詞の意味を調べたら、発想が日本のドレミの歌と全く違うことに気が付いた。

ド=do(ドウと発音)=doe(ドウと発音)=雌鹿
レ=re(レイと発音)=ray(レイと発音)=光線(太陽のしずく)
ミ=mi=me=自分自身(を呼ぶときの名前)
ファ=fa=far=遠い
(以下省略)

という風に、ドレミファの英語風の発音にそのまま対応する言葉を当てはめていたのだ!
(日本の歌詞は恥ずかしい! ドーナツのド、 とかレモンのレとか・・・単語の一文字目だけがあっているだけ)


日本のドレミファの発音は、イタリアの発音そのままだ。
フランスもほぼ同じと考えていい。

英語はドウ・レイ・ミ・ファ・ソウ・ラ・ティのようだ。

日本のドレミは「階名」で、「音名」はハニホヘトイロハなのだそうだが、
学校教育ではなぜか教えない。
(イタリアやフランスではドレミは、音名と階名の両方に使うらしい。)
ハニホヘはもっぱら「調名」の方で使ってそれを教えている。

ハ長調ならまだ分かるけど、ト長調・変ロ短調・嬰ホ長調って言われても、
時間をかけて、いちいち指を使って数え直さないと分からない。

しかも、日本ではクラッシク界(ドイツ風)とポップス界(英米風)と学校教育(日本風)とで異なっていて、
複雑だ。

私はもっぱらポップスなので、英米風の「調名」(CDE・・・)と「音名」(CDE・・・)を使うので、すっきりしている。
(ポップス界の「階名」はローマ数字を使用する。→T・U・V・・・、でも私は使わないけど。)

(クラッシック界では、ツェー・デー・エーとドイツ風に発音し、Aの次はBではなく「H」(ハー)を使うらしい。BはHに♭のついた音名に使用。)あ〜ややこしい!

ドレミって言葉は11世紀にラテン語で書かれた「ヨハネ讃歌」の短い詩が由来とのこと。

Ut queant laxis
Resonare fibris
Mira gestorum
Famuli tuorum



この詩の最初の二文字をそのまま使って、「Ut、Re、Mi、Fa・・・」になった。
Utは発音しにくいらしく、その後Doに変わった。
(ただし、フランスでは今でもUtが残っているとのこと。Doも使うけど。)

シだけは少し違って、最初は無かったが、後に同じ「ヨハネ讃歌」から作られた。
ただし、最初の二文字ではなく、最初の語と二番目の語の頭文字から作られた。
Sancte Johannes→S+J=Sj(ラテン語では、jはイ発音するので、シとなる。)

じゃあ、ドレミファ・・という名前は、11世紀に出来たが、
紀元前500年前に、かの有名なギリシャのピタゴラスによって階名が作られていたとは、驚きですね。

弦の長さの音階を基本にして、
この音を「C}とし、ちょうど弦の半分の位置の音を出すと「C」と同じ音に聞こえる。
これを1オクターブと定義した。

この1オクターブの中で、心地よく聞こえる音を探すと音階ができる。
その探す方法は、「C」の音を起点に弦の長さの2/3の位置が非常に心地よく聞こえる音だ。

2/3の位置の音を「G」とし、それを次の起点として又2/3の位置を「D」とし、
これを何度も繰り返す。

もちろん、2/3するたびにその位置の音は1〜2オクターブ高い音となるので、その場合は1/2する。
それでもまだオクターブ高ければもう一度1/2する。
(1/2してもオクターブが違うだけで同じ音である。)

こうやってCDEF・・・の7音とC#・D#・F#・・・の半音を含めて、1オクターブの12音を創りだしたのだ。
創りだした音の順番は、CDE・・・の順ではなくて、Cを起点にして5度づつ高い音の順番で作って行き、
後で音の低い順に並び替えて、C→C#→D→D#→E→F→・・・となった。

実は、並び替える前の音の順番(C→G→D→A→E→B→F#・・・F#で終わるのがスッキリしないので、Cの前に位置する音はFなのでそこからスタートすると、F→C→G→D→A→E→Bとなる。)は、現在でも非常に重要な役割を果たしているのだ。

曲のコード(和音)進行は、5度づつの順番の音を基音にしたコード進行と一致している。
キーがCの曲は、Cの前後のFCGの3つの基音のコード(C、F、G7)で多くの曲を演奏できる。

少し変化が欲しければ、FCGに、DAEの基音を使ったDm、Am、Emを加えればいい。
さらに変化が欲しければ、Dm7、Am7、Em7やさらに味付けに7の他に6や9や
あるコードの構成音の一部を#や♭させたり付け加えたり好みの加工ができる。
(スタート音=ルート音が右に行くほど、例えばEやBにした場合は、当然のこと#が付くコードが増えてくる。)

ここで話は終わらない。
Cから始まるCGDAEの5つの音は、ヨナ抜き音階とも言われ、
日本を含めた英米の曲で古くから現在に至るまで、よく使われている音階だ。

蛍の光(原曲はスコットランド民謡)、夕焼け小焼け、赤とんぼ、アメイジング・グレイス(黒人霊歌)、結婚しようよ(吉田拓郎)などはヨナ抜き音階だ。
(ヨナは4と7のことで、Cの音を1度として4度と7度の音を抜く・ピアノの白鍵の4番目と7番目の音を抜く→つまりFとBの音を抜くことから)

ロックなどでよく使われるペンタトニック音階はまさにこれだ。
ビートルズのレットイットビーやオクトパスガーデンなどの間奏はヨナ抜き音階(=ペンタトニック音階)で演奏されている。

ピアノの黒鍵はペンタトニック音階になっていることを知っていますか?
F#の位置からスタートすれば、ぴったし一致します。
(もっともピタゴラスの12音の順番のF#の位置から5つの音を見ればなるほどと、理解できます。)

※以上の話は、自分の体験や各種の本やネットの情報から引用して加工しましたが、その中でも特にピタゴラスの関係の部分は「音律と音階の科学」小方厚著の本からの情報をまとめました。

あ〜あ、簡単に済ますはずの話が長くなりました。
すみませんね。


本日紹介する多肉の空き缶リメイク用のラベルは、久しぶりにトマト缶です。

画像




画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドレミはものすごく奥が深いぞ! わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる