わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北方領土問題の進展を願う

<<   作成日時 : 2016/09/20 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

民進党の代表が連坊氏になった。

昔、民主党を支持していたことがあったが、
仕分け人としての連坊氏の手腕にものすごく大きな疑問を感じ、
民主党の支持は止めてしまった。

現在は支持していないので、誰が民進党の代表になろうと一向に構わないはずだが、
以前から大きな不信感を持っていた連坊氏が代表だと・・・
これは無視できない。
以前ブログに掲載した関連記事

これにより、私と民進党との距離は大きく拡大することになりそうな気がする。
必然的にその分、より一層安倍政権側に近づくことになるだろう。

以前は、自民党・民主党を含めて短命な首相が何代も続いたので、
長続きのする強いリーダーシップを持つ人の登場を待ち望んでいたものだ。

どうやら安倍さんは、その人に該当するようだ!
若いころは、自民党を右とすると、左側の政党を支持することが多かったが、
ここ数年、特に安倍さんの行動力を見ていると、思わず応援したくなり、
私の考えは影響されて、左から右方向に大きく変わってきたことに気づく。


昨日、NHK(BS)で北方領土をめぐる日・ロの首脳(ゴルバチョフ、エリツィン、プーチン、橋本、海部、安倍各氏など)の交渉経緯、インタビューなどの特集があった。

領土問題の進展には両国のトップの信頼関係の構築度により左右されることを知った。
もちろん信頼関係だけが全てではないのは言うまでもないが。

ゴルバチョフ→エリツィン→プーチンと変わるたびに信頼関係がリセットに近い状態になる。
もちろん、日本側のトップの交代も同様だ。

過去、日本側はロシア側よりトップの在任期間が圧倒的に短かった。
これでは信頼関係が深まったかと思いきや、トップ交代により再構築から始めなければならない。
信頼関係の後退は無駄なエネルギー浪費である。

繰り返すが、信頼関係だけでは解決できるとは思っていないが、
必須条件の一つであることは間違いないと思う。

NHKの特集を見るまでは、私はエリツィン氏とプーチン氏の北方問題への姿勢に関して誤解していたようだ。
両氏とも北方領土返還に前向きな時期があったようだ。

しかし、周囲(ロシアの高官、マスコミ、他の勢力など)、経済情勢、大統領の健康問題・自民党の参院選敗退によるトップの交代、その後のクリミア問題などなど予測できない事態が色々起こり、前進していたものが止まったり後退したりしたようだ。

私の過去の理解では、当時の首相の名前は憶えていないが、ロシア側から2島返還で決着しようとの提案を日本側が4島一括返還に固執したため、白紙状態に近いほど逆戻りしてしまったと、そんな程度の知識しかなかった。

領土問題に関して断片的な知識しかなかった私だが、歴代の各首脳を関連付けて、関係者のインタビュー・証言などを交えてわかりやすく説明していた。
そんな意味で、非常に参考になる特集番組だった。


日本側にも、北方領土問題に関し色々な考えを持っている人がいる。
4島一括返還でなければダメ!〜2島あるいは3島でもいい〜残りの島の位置づけは(問題として残す・残さない、放棄、継続協議、今後の課題・・・など)

特集番組では、外務省の幹部クラス(元?)の人たちの発言も同じではなかった。
当然ロシア側も、色々な人・組織・地域などで考えは異なるはずだ。


しかしそれらを大局的に考えてみると・・・
共通部分があるはずだ。

一言でいえば「日本とロシアの関係を恒久的により良くしよう」だ!

この一言を分解すると、あるいは補足すると色々な表現になる。

争うより友人関係に、どちら側にも利益になるように、自国に有利な主張ばかりでは前進しない、
譲り合い(=失う部分)なしに解決は困難、協力関係を発展は重要、領土問題解決と真の友好関係は両輪、
平和条約締結は経済面での大きなメリットをもたらす・・・などなど。

私はこの分野の専門知識は持ち合わせていないが、専門家はもっと色々な、あるいはもっと深い考えがたくさんあると思う。

12月にプーチン氏が来日するらしいが、ぜひとも一歩二歩(控えめに言えば半歩)でも前進してほしいと願う。
これは党派は関係なしに協力してほしい。

※ゴルバチョフ氏は番組の中でこんな内容の発言していた。
「大きな一歩、小さな数歩の積み重ねで問題は解決する」
(記憶なので、正確な表現ではないかもしれない)


自民党では総裁任期の改正に取り組むようだ。
領土問題は今の安倍さんにぜひとも解決してほしい事項なので、
そのためには安倍さんにもっと時間を与えてあげることが必要だと感じる。

安倍さんの適切なリーダーシップを超える人物が現れるまでは、
安倍さんに総理大臣としての職務を続けて欲しいと思う。

※安倍さんを超える人はきっとどこかに存在しているとは思うが・・・その人がどこの誰だか全く知らないし、
また、その人は政治とは無縁の世界でひっそり暮らしているかもしれない、その人が政治の表舞台に登場する保証は何もない。



今日は、前回に引き続きビールラベルの紹介です。
10本です。

画像





画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北方領土問題の進展を願う わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる