わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドレミは奥が深い(その2)

<<   作成日時 : 2016/09/27 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく前に、ドレミの話をしました。
その時の記事

今回は、その続きです。


●私が学校で音楽が苦手だった理由の一つに、
「#」とか「♭」が沢山(2つ以上)ついた楽譜を見ると、
一体これは何調?どこに#や♭が付いているの?

全く理解できなかったことです。

#と♭を付ける場所とか、その順番とか調名が理解できずに卒業しました。
この#♭の順番と調名の法則があることに気づきました。


この法則は、前回の記事に密接に関係するので、
前回の記事を見ていない方は、上のリンクを参考にしてください。


●1: 
1オクターブの中には、「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」の7種類の音、
半音を含めて「ド ド# レ レ# ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ ラ# シ」の12種類の音があります。


●2: 
1オクターブの音は、「ドレミファソラシド」の順番で作られたのではない。
と、前回お話しました。

作られた順番は、重要なので詳しく書きます。

「ド→ソ→レ→ラ→ミ→シ→ファ#→ド#→ソ#→レ#→ラ#→ファ→ド」の順で作られました。

最初のドと最後のドを時計のようにリング状につなげて 「5度円」 と言います。

時計と同じ12音あるので、「音時計」のようなものですが、そんな言葉は使われていないようです。
「5度円」の言葉は何度も登場します。

5度円を低い順に並べ替えると、
「ド ド# レ レ# ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ ラ# シ ド」にになりますが、
今回重要なのは、並べ替える前の5度円の方です。


●3: 
#が付く順番は、5度円をもう一度見てほしい、
「ド ソ レ ラ ミ シ ファ# ド# ソ# レ# ラ# ファ ド」
の中に登場する、#の付く部分の順番は

「ファ# ド# ソ# レ# ラ#」の順になっている。
実は、これは楽譜上で#が増えるごとに付く順番と一致している。

もし楽譜があったら、確かめてみてください。

5度円の
「ド ソ レ ラ ミ シ ファ# ド# ソ# レ# ラ# ファ ド」は、
「C G D A E B F# C# G# D# A# F C」や
「C G D A E B G♭ D♭ A♭ E♭ B♭ F C」と
同じものです。

人名などを日本語で書くか、ひらがな・カタカナで書くかと同じようなもので、
どう表記しようとその人が変わるわけではない。


●4: 
♭が付く順番は、#とは逆回り
5度円を♭表示した上の順番をもう一度見てください。

「C G D A E B G♭ D♭ A♭ E♭ B♭ F C」
ですね。

#の場合は、普通に右方向に進みましたが、
♭は、#とは逆方向に進みます。

つまり、♭の付く音を右から左へと進みます。
「B♭ E♭ A♭ D♭ G♭」の順になります。

この順番は、実際の楽譜上で♭が増えるにつれて付く順番と一致している。


●5: 
ギターを持ってる人は5度円を知らなくても、理解しやすい。
ギターの1弦と2弦の2フレット、次は4フレット、次は6フレットの順で音を調べます。


最初は2フレットを押さえた場所の音は、1弦、2弦の順に、
F#、C#ですね。

次に4フレットの1弦と2弦は、
G#、D#だ。

次に6フレットは、A#、F(Fは#が付かないのでA#で終わり)になっている。
これをまとめると、●3の説明と同じ「F#→C#→G#→D#→A#」と全く同じことが分かる。


※蛇足だが、8フレットは、C、Gつまり5度円の最初の部分。
多分、この調子だと10フレット、12フレットは、5度円のC、Gの続きになるはずだ。
試してないけど・・・


●7: 
逆にギターの♭の場合は、
#とは全く逆なので、

6→4→2フレットと下がり、
2弦→1弦の順に音を確認する。

6フレットの2弦、1弦はF(♭付かないので無視)、B♭(=A#)だ。
4フレットはE♭、A♭だ。

2フレットは、D♭、G♭だ。
まとめると、●4の説明と同じ「B♭ E♭ A♭ D♭ G♭」と全く同じことが分かる。


●8−1: 
次はキー(=調名)の順番だ。

#の付く調名から説明。
結論から先にいうと、実はこれも5度円の順番になっている。

#が一つもつかない7つの音は、
5度円をFから時計回りに「F C G D A E B」だけだ。

これは、キーがC(ハ長調)だ。
スタート音の右側の音がキー(調名)になる。

※同じ構成音を使用した短調の場合もあるが、
説明が長くなるので、省略します。以下同様。

同様に、#が1つ付くのは、5度円をCからスタートして、
「C G D A E B F#」のときだけだ。
このときのキーはCの右側のG(ト長調)だ。

同様にすれば全て分かる。
#が2つは、「G D A E B F# C#」、キーはD(ニ長調)。

#が3つは、「D A E B F# C# G#」、キーはA(イ長調)
#が4つは、「A E B F# C# G# D#」、キーはE(ホ長調)
#が5つは、「E B F# C# G# D# A#」、キーはB(ロ長調)

これをまとめると、#が増えるごとに、キーは
「G→D→A→E→B」の順。
全て5度円の順番通りになっていることが確認できる。

なお、
#が6つ付く楽譜もある。
(と言っても、私はそんなにたくさん#が付く楽譜は見る気がしない。)

5度円で見ると「B F# C# G# D# A# F」、キーはF#(嬰ヘ長調)の場合だ。
あれっ! でも#を数えると5つしか無い?

実は、最後のFはEに#が付いている(E#=F)と考えれば辻つまが合う。
別にわざわざEに#など付けて難しくすることないじゃん!と思うけど、

作曲者はきっと、#が5つだとキーがBなのかF#なのかハッキリしなくなり、
基音をハッキリさせないと和音構成が変わるからなんでしょう。

キーがBのときのコード(=基本和音)は、B、E、F#7だが、
キーがF#だとコードは、F#、B、C#7となり変化する。

先程、#が5つまでのギーの順番を、
「G→D→A→E→B」といいましたが、

さらに続けて、6つ以上も付け加えると、
「G→D→A→E→B→F#→C#→G#→D#→A#→F→C」
と、5度円の順番にキー(調名)が変わっていくはずです。

最後のCは#が12こ付く状態ですが、これは#が全くない状態(=0)です。
#が7つ以上の話は、●8−3で取り上げていますので、そちらを参照してください。


●8−2: 
別の単純なキー(=調名)の判明方法は、
楽譜上で#が複数ついても数は関係なしに一番最後(1番右側)の#だけを注目する方法。

最後の#が付いた音の半音上の音が基音となるキーなのだ。超簡単。

例えば、#が4つの場合は、楽譜上の最後の#はDに付く、
D#の半音上はEだ、つまりキーはEになる。

この調子で行くと、6つなら5度円の順番からしてF#になると推定できる。

当然7つはC#だ。
和名の調名では#は嬰の文字を使うのでF#は嬰ヘ長調、C#は嬰ハ長調となる。


●8−3:
しかし、#を7つ以上使用するのは無意味だと思う。
なぜなら、#が7は♭を6と実態は同じものになる。

ただ基音を何にするかが、一見異なったように錯覚するだけのこと。
つまり、#が7つのC#は、♭が6つのD♭と中身はおなじだ。

実態が同じなら#や♭の数が少ない方が分かりやすい楽譜だ。

ついでに#が8つ以上と♭の関係を対比すると、
#8つ(G#) = ♭4つ(A♭)
#9つ(D#) = ♭3つ(E♭)
#10こ(A#) = ♭2つ(B♭)
#11こ(E#) = ♭1つ(F)
#12こ(B#) = ♭なし(C)


●9: 
♭の調名も5度円から判断したほうが早そうだ
♭は#と逆に考えれば多分大丈夫。

スタートをどこにするかに注意すればいい。
♭が最初に付く音はB♭だ。
この時のキーはFだ。

5度円をFから逆周りにたどると。
「F→B♭→E♭→A♭→D♭→G♭→B」となりそうだ。

♭が付く場合は、和名の調名は変の文字を使う。
「F→B♭→E♭→A♭→D♭→G♭→B(=C♭)」、
和名では「ヘ長調→変ロ長調→変ホ→変イ→変ニ→変ト→変ハ」になる。

ただし、●8−3で説明したのと同様な意味で、♭を7つ以上使用するのは無駄。


●10: 
5度円が分かれば色々なことが解決する。

5度円と言う名前から推測できるが、
「C G D A E B F# C# G# D# A# F C」
はそれぞれ右側が5度の関係の音になっている。

一見順不同のように見えるが、
Cから一つおきに並べると「C D E F#」、
Gから一つおきに並べると「G A B C#」。

これだと#が付いて気持ち悪いので、始める位置をFに変えると、
「F G A B」 と 「C D E」の2組できる。

「F G A B」の間に「C D E」を組み込むと、
「F C G D A E B」となりスッキリ。

この続きは、「F C G D A」に#を付けて繋げればいい。
「F C G D A E B」+「F# C# G# D# A#」の12音の5度円完成。

なお、「E# B#」が漏れているように見えるが、
「E#とB#」は「FとC」と同じ音で、重複するし12音を超えるので使う必要性がない。

一見ランダムに見える5度円はこのような順番になっている。



●豪栄道が、全勝優勝しましたね。
今までの豪栄道は何だったんでしょうか?

スーパーマンとかウルトラマンなど変身するとメチャクチャ強くなりますが、
豪栄道も変身してたんですね。

来場所も元の姿に戻らないよう、本場所中だけでいいですから、
また変身してください。
どんなキャラでもいいですから。

「豪栄道」の3文字には、
単なる思いつきの名前でなく、それに込められた深い理由があるんですね。

「豪」は、自分の本名と親方の名前から
「栄」は、埼玉県の出身高校名から
「道」は、相撲道と高校の監督の名前から

なお、親方の名前は最初は豪の文字が付いていなかったが、
占ってもらったら、豪の付く名前の人物に出会い道が開けるとのこと。
それで自分の名前を豪の付く名前に変え、豪の付く人物の登場を待っていた。
そんな内容の話を昔聞いた記憶があったので、確認の意味でネットで調べたけど、
占いの話は見つからなかった。

大阪出身力士ですが、そんな話を聞いてからずーと応援してました。


●本日もラベル紹介です。
お菓子などの食品のパッケージからラベル化しました。
貼り行けてから数えたら12らべるありました。

画像





画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドレミは奥が深い(その2) わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる