わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ボブディランのノーベル文学賞・・すごい!!

<<   作成日時 : 2016/10/14 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●まあ世の中には驚くことは色々あるけど、
これほど驚いたことは記憶にないのが、
昨夜のニュースの「ボブディランがノーベル文学賞」だ。
1941年アメリカのミネソタ州で生まれの75歳。

私は、(ビートルズの次に)ボブディランが好きで、
「風に吹かれて」の曲は、かなり昔からそして今でもよく歌う。


ボブディランの曲には他にも好きなのが多い。
でも、「ミスタータンブリンマン」や「時代は変わる」などの曲は、
歌いたいけど、1小節に歌詞が沢山詰め込まれていて歌えないのが多い。

しかも、歌詞が長いので全く覚えられない。

「風に吹かれて」はボブにしてはシンプルでかなり歌いやすい。

下の写真は、私が若かりし頃・40年前の手書きの「風に吹かれて」の歌詞メモです。
画像




誰が訳したのかわかりませんが、いい訳詞と思い保存していたものです。
画像



下の楽譜は、「風に吹かれて」の間奏のハープの代用にと、思いついたギターリフをメモったものです。
気が向いたときに、このフレーズを使います。
画像



ボブの前期の作品は、基本的にはアコギとハープ(ハーモニカ)だけで、
土臭い歌い方。
これがかっこよかった。

後期の作品は、人が変わったような声になって、
バックの演奏もシンプルさが無くなって、初期の作品ほど良さがわからない。

音楽界からノーベル文学賞が出るなんて、全くそんな発想が出来なかったが、
よかった。

このことにより、文学賞の対象が大幅に広くなったみたいで、
今後は、今まで考えられなかった人が、候補にあがったり、受賞したりで、
楽しみになりますね。


今年こそ村上さんにと期待してたところ、
これが知らない他の作家ならガッカリだけど、
ボブディランならしょうがない。
拍手を送ります。 「パチッ パチッ パチッ!!」






●次の話題、ちょと日時が経ってしまったけど、
大相撲の千秋楽に豪栄道が優勝した当日の夜書いたものです。
続きの文章「色に関する話」が長くなりすぎて、
再構成する必要があると、そのままになっていました。

その話は、後日に回すことにしました。
昨日のニュースで、
豪栄道が母校の埼玉栄高校で優勝報告会のことを取り上げていたので、
思い出して、今日のブログにアップします。


(以下、千秋楽の夜に書いた部分)
豪栄道が全勝優勝しましたね。

今場所何とか勝ち越して、大関に残って欲しい、
と願うだけでした。

白鵬不在の場所、優勝候補の力士は?
解説者も言ってたように、日馬富士と稀勢の里に注目が集まった。

13日が終わった時点で、優勝可能な力士は、豪栄道と遠藤の2人に絞られた。

本当に当てにならない、解説者の解説。
しかし、今場所は仕方ないことですね。
誰も豪栄道と遠藤の活躍を予測できた人はいないんじゃないかな?

豪栄道本人すら予想できなかったと思う出来事ですから。




●それでは、本日のラベル紹介です。
渋いのが多い感じですね。
画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボブディランのノーベル文学賞・・すごい!! わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる