わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows10メールでiCloudメールが受信できないとき

<<   作成日時 : 2017/04/19 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●私のパソコンで、半年前ぐらいからWindows10メールでiCloudメールが急に受信できなくなった。
Windows10に標準装備されているメールアプリに、iCloudメール用のアカウントを入力しても最新のアカウントではありませんとの旨のエラーメッセージが出る。

この状態は、半年前ぐらいから数十回入力し直しても、一向に改善されなかった。
アドレスやパスワードを細心の注意を払いながら、考えられる色々なものを入力しても同じ結果に。

●それがやっとのこと、昨日解決した。
私の記録のため、そして、もし同様の状況にある人のために対応策を以下に記録しておきます。

●一言で言うと、
Windows10メールで、iCloudメールアカウント設定する際に使用するパスワードは、
「Apple ID のパスワード」と「iCloudメールのパスワード」は使えないのだ。

※Apple ID のパスワードと iCloudメールのパスワードとApp Storeのパスワードは基本的には同じものを使用。

●Windows10メール用に新たに「App 用パスワード」を入手する必要がある。
このパスワードは、自分では決められない。
アップル社サイドで作成してくれるパスワードだ。

※複数作成してもらうことも可能なので、混乱しないようそれぞれのパスワードには作成前に「パスワードラベル」と言うラベル名(つまり名前)を付けるようになっているので、自分で分かりやすい名前を入力する。

パスワードラベル欄に入力後、作成をクリックすると自動的にパスワードが作成される。
4桁区切りで合計16桁(区切りのハイフォンを含めると19桁)のパスワードだ。
これが「App用パスワード」だ。

●このパスワードをメモっておき(念のためコピーして保存した方がいい)、
Windows10メールのアカウント新規作成で、iCloudメールのアドレスとApp用パスワードを入力する。

これで長い間、Windows10メールで受信できなかったiCloudメールが受信できるようになった。

●この対応策が分かるまでに、何度も色々ネットを検索したが、いまいち直接的な対応方法が書かれた情報が見つからなかった。

唯一手掛かりになったのが、「二段階認証が影響しているかも。App用パスワードを使用して設定してみる」との情報だ。

しかし、私には二段階認証やApp用パスワードの意味が正確に分からない。

●App用パスワードは、「App Store のパスワード」のことだと思っていたが、全く違っていた。
非常に紛らわしい言葉だ。
加えて、「App Store」とは「Apple Store」のことだとばかり思っていたら、アップルの「Application Store」のことで、
アップルストアはiPhoneやiPad touch、iPad、Macなどをハードを販売しているストアで、アプリのソフトは販売してない。iTune Storeもあって利用しない人にとっては複雑だ。
コンビニやスーパーの様に一か所で何でもそろう訳ではない。

●二段階認証に関してもおぼろげに知っていたつもりだが、調べてみると「2ステップ認証」と「2ファクタ認証」とがあり、この違いを理解するまで容易ではなかった。
2ファクタ認証の方が新しいセキュリティ対策用の認証方式で、iOS9以降のOSなら使用できるので、こちらを使用した方がいい。

古い方の2ステップ認証まではIDとパスワードを入力しただけでログインできたが、
新しい2ファクタ認証はパスワード以外にももう1つの操作を必要にしたもの。
もう一つの操作とは、「iPhoneに指紋認証でロックを解除」の操作が必須になったことだ。
認証番号を受け取る際は、受け取るデバイスの位置情報もアップル社側に送信される。これを拒否すると認証番号は受け取れない。(認証番号も4桁から6桁に強化されている。)

※古い2ステップ認証でも被害は激減したらしいが、それをさらに強化するために2ファクタ認証が導入されたようだ。

●とまあこんな感じで、私は今までApp(PPAPではない)や二段階認証に関し理解しないままで使っていたということでした。

でもこれでやっと長い間の懸案事項が解決し、ホッとしたところです。
なお、Windows10メールにiCloudメールのアカウントを設定する際には、2ファクタ認証の認証番号は使用しないので全く関係ありません。

●なお、App 用パスワードの作成は、ブラウザで「App用パスワード作成」で検索し、
「App用パスワードを使う Appleサポート」を開くと、Apple社のページが開き、「App用パスワードを作成する」の項目の中に「1.Apple ID アカウントページにサインインします。」から「セキュリティ」→「App用パスワード パスワードを生成」にたどり着き、そこで作成できます。

※私は、なぜかパソコンのブラウザからはメモリ不足のメッセージが出てサインイン出来ず、スマホのブラウザからはスムーズに出来ました。

●試してはいませんが、Windows10メール以外のアプリでも似たような症状が出た場合は、上記のApp用パスワードで対応できると思います。


●ラベルを紹介します。
トマト缶ラベルを中心に、途中になっていた缶コーヒーラベルなども
画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Windows10メールでiCloudメールが受信できないとき わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる