わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のラベルづくりを紹介します(続・続編)

<<   作成日時 : 2017/05/17 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●2回にわたり「私のラベルづくり」のテーマで、私のラベルの作り方の基本的な流れと、
続編としてあとちょっと手を加えた方法を紹介しました。


これらは、ラベルを構成する部分を部品としてとらえて加工していました。
そこで今回は、出来上がった作品をさらに違った雰囲気にする方法も紹介します。

もう部品としてではなく組み立て完了後の作品として一体化した後の、
作品のイメージチェンジ編です。


●それでは、前に出来上がった作品を基本にします。
前回使った作品へのリンク



●パソコン用無料アプリの「Poladroid」(「ポラドロイド」、ポラロイドの入力ミスではないです)を使ってみます。
このアプリは、画像・写真をポラロイド風に簡単に変身させます。

どんな仕上がりになるのかは、予測できません。
ポラロイドを意識して作られているので、時間がかかります。
1日に10枚までしか作れません。
なぜかファイル名は半角英数文字の画像しか対応してないようです。

上のラベルをPoladroiを使うと、こうなりました。
(その1)「Poladroid」
画像




同じ写真を使って、もう一度やってみます。
(その2)「Poladroid」
今度は別の色になりましたね(自動的に)
画像

このアプリでは、わざと指紋を付けたりすることもできます。


●今度は、スマホの無料アプリ「Instant」を使ってみます。
これも画像をポラロイド風にしてくれますが、
ポラロイド独特の白い枠を付けない選択もできます。(今回は枠なし選択)
しかも、Poladroidと違ってどんな感じにするかの選択画面があります。

このアプリは凝ってて、実効のタップした後、
そのままだと現像されるまでに時間がかかりますが、スマホをフリフリすると短縮されます。
ポラロイドもカメラから写真が出てきた直後は画像が不鮮明でそれをフリフリすると鮮明になる時間が短縮されたような気がします。

では、パソコンからネットクラウドにアップしてからやってみます。
(その3)「Instant」
周辺部が暗くなる。
画像




(その4)「Instant」
全体的に色が薄く、緑っぽくなった。
画像




(その5)「Instant」
赤っぽくしてみた。
画像




(その6)「Instant」
彩度を落としてみた。
画像




●次は、同じくスマホから利用するアプリの「PICSPLAY」を使ってみます。
こちらのアプリは、無料で十分使えますが、私のは機能を強化したため有料版です。
(その7)「PICSPLAY」
画像





(その8)「PICSPLAY」
画像





(その9)「PICSPLAY」
画像





(その10)「PICSPLAY」
画像

このアプリは、今のところPC版は無いみたいです。
有ればうれしいですが・・

写真の編集の機能があり過ぎて使いこなせません。
このアプリから直接撮影して、加工することもできます。




●では、PC版の「Photoshop」を使って、同様なことをやってみます。
(その11)逆行効果を加えてみます
こんなのは、上のアプリではできません。
画像





(その12)「Photoshop」
輪郭を強調して元画像に重ねる
これも上のアプリでは無理だと思う。
画像




(その13)「Photoshop」
魚眼レンズ風に
これは、2段階の処理が必要。(詳細略)
画像






(その14)「Photoshop」
エンボス風に
私は、ほぼ使わない機能ですが。
画像




(その15)「Photoshop」
風に吹かれたような効果
(1回適用)
画像

(上だと効果が実感しにくいので2回適用してみた)
画像






(その16)「Photoshop」
ハーフトーン効果
荒い粒子で表現した感じ、粒子の大きさは好みで変えられる
画像




(その17)「Photoshop」
照明効果
どの場所からどっち向きに光を当て、その強さは?範囲は?などを指定する
画像




(その18)「Photoshop」
ソラリゼーション効果
極端に色が変わるので、使う場はないかも
画像




(その19)「Photoshop」シアー効果
画像を変形させるフィルター
画像




●このPhotoshopはプロ向けのアプリなので、知らない機能がたくさんあります。
それぞれの機能に名前が付けられていて、聞きなれない名前ばかり・・・
フィルターだけでも限がないほどの機能があります。
私が使えるのは、ほんのごく一部の機能だけです。


●以上の他にも、Photoshopの簡易バージョンの「Photoshop Elements」も使ってみましたが、
出来栄えを見ると、Photoshopの方が良かったので紹介は省略です。
このアプリは、簡単にフィルターをかけられるとのことなので、つい最近買ったばかりなんですが無駄でした。


●スマホの標準で搭載されているカメラにも、
撮影した写真補正の機能があります。
スマホの写真のSNSのインスタグラムも同様ですね。

今回の一連のテーマは、そもそもが「ラベルづくり」だったので、
写真の補正が目的ではないので、それらは写真の撮影や補正をテーマにしたページの解説に詳しいのがあります。

作ったラベルも、さらにひと手間かけると、雰囲気がかなり変わってくるので、
時間があればこれらの機能を利用してみてはいかがですか・・のお話でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私のラベルづくりを紹介します(続・続編) わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる