ボブディランのノーベル文学賞の受賞に関連して

●日本時間の本日未明にノーベル賞授賞式が行われ、
日本の大隅良典さんに医学・生理学賞として、スウェーデン国王から記念のメダルと賞状が贈られた。
私も日本国民の一人として、大変に嬉しいです。


さて、文学賞のボブディランの方はどうなることかと心配していたが、
ボブディランはスピーチ原稿を書き、アメリカの大使が代読したとのことだ。
何とか上手く収まってホッとした。

ディランの長いスピーチは、次の文で終わっている。
(以下、ディランのスピーチの最後の部分)

私は「自分の曲は文学なのか?」と問いかけたことはこれまでありませんでした。
だから、スウェーデン・アカデミーには感謝します。その大きな問いについて考える時間をくれたこと、そして最終的にこんなにも素晴らしい答えをくれたこと、その両方に感謝します。
みなさん全員に幸あれ。
ボブ・ディラン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント