わけいの多肉ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザ(1)〜毎年ワクチン接種する理由

<<   作成日時 : 2018/12/10 19:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 118 / トラックバック 0 / コメント 2

●インフルエンザワクチンの接種をしました
今年も、インフルエンザワクチンの予防接種をしてきました。
12月に接種すると、人によって異なりますが、およそ4月ぐらいまで効果はあるそうです。

11月接種でもよいのですが、11月に行った時にはワクチンの量が十分に確保できないので、
予約が必要と言われ、12月になりました。
今年の場合は、昨年ほどの異常なワクチン不足ではなさそうでした。

なぜ毎年予防接種が必要なのか? 昨年から疑問に思っています。


●インフルエンザワクチンの効果
・厚労省HPによると、・・・
インフルエンザワクチンは、「接種すればインフルエンザに絶対にかからない」というものではない。
しかし、ある程度の発病を阻止する効果があり、たとえかかっても症状が重くなるのを阻止する効果がある。
ただし、この効果も100%ではない。

・インフルエンザワクチンの予防効果が期待できるのは、接種した2週後から5か月程度まで。

・インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されている。
充分な免疫を保つためには毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい、と考えられる。
との、旨が書かれていました。


●インフルエンザワクチン接種を毎年する理由
でも、なぜ毎年インフルエンザワクチンの予防接種をする必要性があるのでしょうか。
その理由は、次の3つに要約できます。

@防御免疫の持続期間が短い
ワクチンには大きく分けて、病原体を弱毒化させた生ワクチンと、病原体を殺 して作った不活化ワクチンの2種類がある。
現行のインフルエンザワク チンは、免疫持続期間が短い不活化ワクチン。
また、ワクチンの皮下接種方法では、インフルエンザウイルスの防御に重要な気道粘膜の免疫系を直接活性化することはできず、これも持続期間を短くしている。
これらの理由から、現行ワクチンの防御免疫の 持続期間は5ヶ月程度で、毎年ワクチン接種の必要性が生じる。

※補足説明
生ワクチン: 病原性を弱めた生きた病原体を注射する
不活化ワクチン: 殺した病原体の成分を注射する
不活性化ワクチンは、免疫反応が弱いため、多くの抗体や記憶細胞が作られず、効果が長続きしない。

A年ごとにウイルスが変異する
持続性に優れたワクチンを開発すれば毎年接種の必要がなくなるわけではない。
イ ンフルエンザは頻繁に変異するため、過去のワクチン接種で獲得された免疫では認識できない変異ウイルスが毎年発生している。

インフルエンザウイルスは変異することで人の免疫機構から巧みに逃れる術を獲得している。
そのため、海外、国内の流行状況を調査して流行するインフルエンザウイルスをあらかじめ予測し、これに応じて作製されたワクチンをインフルエンザシーズン前の11月頃に接種する必要がある。

※新型インフルエンザにかかった人は、ワクチン以上の免疫を獲得出来る。
ウイルスの変異が無ければ、再び新型インフルエンザにかかることはないが、ウイルスは変異するので、変異が大きい場合は、作られた抗体が役に立たないこともある。

※血清学的には、A型がNA(9)×HA(16)=144種類、BがHAとNAの1種類ずつ、C型がHEのみだが、
抗原性の違いはもっと細かく分類できる。
一般的には200種類以上と言われる。
ウイルスは頻繁に変異するので、病原菌に合うワクチンをピッタリ一致させることができない。


B本当は2回接種して効果が期待出来る
最初に接種したワクチンの作用で、体内に抗体が産生されはじめ、その抗体を更に増やすように、もう一度ワクチンを追加接種する。
すると、ブースト効果によって、予防に十分な量の抗体が産生される。

しかし、ワクチン接種の副反応で、死亡した人や、重い後遺症が残った人もいる。
その結果、製薬会社が裁判で争うことが多くなり、ワクチン製造を中止するメーカーが出て来た。
これに加え、ワクチン不足対策とで年に1回接種が基本となった。

本来なら2回接種のところを、1回しか接種しないため、さらに毎年接種の必要性が高まる。


●インフルエンザウイルスの種類
ところで、インフルエンザウィルスの種類が多い理由はなんでしょう。

・現在のところインフルエンザウイルスの型は、A、B、Cの3つです。
毎年「流行」を起こすのは特にA型で、時にA型は大流行を起こす。

・インフルエンザの種類は、型別では、A型〜144種類、B型〜2種類、C型〜1種類
存在するとされています。
圧倒的にA型が多いですね。

A型ウイルスが多いのは、A型にはさらに「亜型」の種類があるため。
亜型は、ウイルス粒子の表面にあるHA(ヘマグルチニン、16種類ある)とNA(ノイラミニダーゼ、9種類ある)の突起の組み合わせの違いで分けられ、A/H2N2(Aアジア型)、A/H3N2(A香港型)のように、HとNの番号を使って表します。

・また、インフルエンザウイルスは常に構造に変異が生じる。
変異には2種類あり、@「連続変異」とA「不連続変異」です。
@「連続変異」は、同じA/H1N1型の中で、HAやNAが少しずつ変異するものでウイルスの病原性に大きな変化はない。
A「不連続変異」は、10〜40年に一度起きる変異で、ウイルスの病原性や毒性とともにHAやNAが全く違う型に置き換わるもの。

※A型はヒト以外にも感染するが、基本的にB型とC型はヒト以外に感染することはない。したがって、Aの不連続変異で鳥やブタしか感染しなかったA型ウィルスが人に感染するようになることが起こりうる。


●インフルエンザウイルスの遺伝子はRNA
ヒトなどの遺伝子であるDNAは2本鎖で、どちらか片方が紫外線などにより破壊され変異しても、もう片方によりその部位が修復され、遺伝情報が安定に保存される。
ところが、RNAは一本鎖なので、一度変異が起きてしまったら、修復不可能でそのままになってしまう。

インフルエンザウイルスの遺伝子はRNAなので、誤ったコピーが発生(=変異)しやすく、頻繁に起こる。
しかし、ヒトの場合は変異しても修復可能だが、インフルエンザウィルスの場合は修正不可能。

しかし、インフルエンザウイルスにとってみれば、変異しやすいのはもしかしたら、生存するための手段なのかもしれない。
色々な形に変異することで、その変異が有利な方に寄与することもあれば逆の場合もある。
しかし、有利な形の変異がわずかでもあれば短期間に大増殖できるの。

1個のRNAはインフルエンザウイルスの本体そのもので、即、次世代に伝わるが、ヒトの場合は、1個のDNAの変異は40兆近くある細胞のDNAの1つに過ぎない、しかも生殖細胞の変異でない限り次世代に遺伝することがない。
この点がヒトとは根本的に異なる。
画像


※DNAウイルスはRNAウイルスと異なり、ゲノムの構造に多様性がない。
DNAウイルスには増殖の過程で生じたDNA複製のミスを修正する機構が備わっているので、RNAウイルスと比較し遺伝子の変異が少ない。そのため、長期にわたって同じワクチンが使用可能であり、天然痘をワクチンで根絶できたのも天然痘ウイルスがDNAウイルスであったため。


※「インフルエンザ(1)〜毎年ワクチン接種する理由」は、以上です。
・リンク 「インフルエンザ(2)〜インフルエンザの変異」
・リンク 「インフルエンザ(3)〜世界初のウイルス治療薬」
に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 118
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いつもブログの視点が面白いな〜〜と思いながら拝見しています。
そうなんですよね、インフルエンザのウイルスも
生き物なんですよね。
彼らも生き抜くために変異を繰り返すんですもんね。
2を楽しみにしています。
TAMO
2018/12/11 17:12
TAMOさんへ
コメントありがとうございます。
「視点が面白い」と言っていただくと、最高です。とても励みになります。
(時間的にはコメントと逆転していますが、)がんばって、2をアップしました。
これからも、また、よろしくお願いします。
わけい
2018/12/12 16:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフルエンザ(1)〜毎年ワクチン接種する理由 わけいの多肉ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる