テンション・コードを考える

コードとは

「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記された音階を目にしたのですが、
なぜ「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」でないのでしょう。



これは、テンションコードを意識した音階の書き方だと思うのですが、
そこで、今回はテンション・コードについてお話しようと思います。


その前に、コードについておさらいです。

・コードは、複数の音を同時に鳴らすものですが、


基本は、3つの音(三和音)で、
「1番目(1度)」と「3番目(3度)」と「5番目(5度)」がコード・トーン(コードの構成音)になります。

この三和音に、さらに「7度」の音を加え4つの音にすると、四和音になる。

以上がコードの基本です。


・さて、以上をふまえた上で、なぜ「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」と表記せずに、
「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記したかに関して、その理由を考えてみたいと思います。




音階よりコードを意識した

「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記した最大の理由は、テンション・コードを意識して表記したためです。

音階を意識して書けば、「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」で問題はないわけです。


この7つの音の中で、

「R M3 P5」の3つの音は、三和音のコード・トーンです。
「R M3 P5 m7」の4つの音は、四和音のコード・トーンです。

残りの、
「♭9 11 ♭13」の3つの音が、テンション・ノートです。 (説明はすぐ下で)



テンション・ノートを加えると

四和音以上の音は、テンション・ノートと言います。

四和音に、さらに上の音を重ねるとすると「9度、11度、13度」です。

※ノート(note): 音、音符のこと。


15以上はありません。
「15と17と19」は、「RとM3とP5」と同じ音(コード・トーン)になるので無意味です。


・9=9度=ナインス・9th(=2度)
・11=11度=イレブンス・11th(=4度)
・13=13度=サーティーンス・13th(=6度)
※以下は使わない
・15=1度
・17=3度
・19=5度



なお、9、11、13を「ナチュラル・テンション」といい、
#や♭が付いたテンション・ノートを「オルタード・テンション」といいます。



オルタード・テンションは、「♭9、♯9、♯11、♭13」の4つだけ。

※♭11はM3と同じ音、#13はm7と同じ音、つまりコード・トーンなのでテンション・ノートとしての存在理由がない。 

guitar-2963955_1280b.jpg




テンションコードの使い方

①テンションコードは、一番大きなインターバルのテンションの名前を付ける。

例: C7に9thと13thが付いたコードは、コードネームは、C13 (シーサーティーンス)となる。


②オルタードテンションには( )を付ける

例: C7に♯9を付ける場合は、C7(♯9) (シーセブンシャープナインス)となる。

理由: 「E♭9」は、( )がないと、E♭に9が付いているのか、Eに♭9が付いているのか判断できない。

複数のオルタードテンションを含むコードは、C7(♭9,♯11)と表記する。


③すべてを使用するのは少ない

四和音+テンション・ノート(三音)=7音となり、つまり音階の全ての音を鳴らすことになるので、全てを使用することは少ない。

なお、ロック・ポップスで頻繁に使われるのは「9th」です。


※「G9」と書いてあった場合は、「G7」+「9」を意味します。

「G13」なら「G7」+「9」+「13」の感じ。

使えないテンション・ノートがある場合(例:G13のときは11は使えない)は、それを除外して考えます。


※「G」に「9」だけを加えたコードにしたい場合は「Gadd9」と表記する。

この場合は「7」の音を含めないコード、三和音+「9」となります。



さらに詳しく

① コードがメジャー・セブンス(〇M7)の場合は、「9、#11」のテンション・ノートが使えます。

2つのテンション・ノートを同時に使用可。


② コードがマイナー・セブンス(〇m7)の場合は、「9、11」のテンション・ノートが使えます。

2つのテンション・ノートを同時に使用可。


③ コードがセブンス(〇7)の場合は、「♭9、9、#9、#11、13、♭13」のテンション・ノートが使えます。

「9、#11」、「#9、13」、「♭9、♭13」の組み合わせで、2つのテンション・ノートを同時に使用可。


なお、通常は使えないと考えられているものでも、使用してそれが効果的だったり、違和感がなければOKです。



テンション・ノートはコード・トーンに解決しようとする

テンション・ノートはコード・トーンに解決しようとする働きがある。
テンション・コードを使うのはこの性質を利用するためでもある。



例: C13の場合(7th、9th、11th、13thを含むとした場合)
・ド ⇒ コードトーン
・ミ ⇒ コードトーン
・ソ ⇒ コードトーン
・シ ⇒ (7th)コードトーン
・レ ⇒ (9th)テンションノート ⇒ (ドに解決したい音)
・ファ ⇒ (11th)テンションノート ⇒ (ミに解決したい音)
・ラ ⇒ (13th)テンションノート ⇒ (ソに解決したい音)



しかし、これを全て鳴らすのは大変なこと。

しかし、解決する先のコードトーンは省略しても、最低「シ・レ・ファ・ラ」だけを弾けばテンション・コードとして成立するので・・・、

つまり、複雑なテンション・コードでも、7th以上の4つの音を鳴らせば成立することになる。


※9thを入れるとRを省略、11thを入れると3度と5度を省略、13thを入れると5度を省略の方法もあります。



「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」は一体何?

さて、以上の説明は、「テンション・ノートを意識したもの」の視点での話でした。


では、視点を変えて音階として考えるとどうでしょうか?

音階と考えると・・・

「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」は、

「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」と表記できます。

どちらでも同じなので、どちらでもいいのですが、音階を意識した場合は後者の方が分かり易いと思います。



音階としてみた場合の「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」は何かというと、

ズバリ!解答は、ハーモニック・マイナー・P5th・ビロウ・スケール(Harmonic Minor P5th Below Scale)です。


いきなり「長音階と短音階」以外の聞きなれないスケール(音階)名が登場してしまいました。


「ハーモニック・マイナー・P5th・ビロウ・スケール」は、ハーモニック・マイナーの完全5度の音から始めた音階という意味です。


「ハーモニック・マイナー・P5th・ビロウ・スケール」=「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」の音の間隔は、

「半・全+半・半・全・半・全・全」=①です。


ハーモニックマイナーは「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ#・ラ」ですが、

これをミから始めると、「ミ・ファ・ソ#・ラ・シ・ド・レ・ミ」となり、音の間隔は「半・全+半・半・全・半・全・全」=②になります。


①と②は完全に一致しているので、同じ音階だということが分かります。


※ハーモニック・マイナー・スケール: 長音階の長6度から始めた音階のナチュラル・マイナー・スケールの7度の音に#を付けた短音階。

※P5th・ビロウ・スケール: 完全5度の音から始めた音階


これは、セブンス・コード・トーン(R M3 P5 m7)に、半音上のメジャー・トライアド(#R=♭9 #M3=11 #P5=♭13)を加えたものと解釈することも可能です。


このスケールは非常に異国情緒のある、スパニッシュ的な感じがします。

スパニッシュ・ジプシー・スケール(Spanish Gypsy Scale)とも言うそうです。

※他にも、フリギア・ドミナント・スケール(Phrygia Dominant Scale)やメジャー・フリギア・スケール(Major Phrygia Scale)の別名があるようです。



また、7つの音から「♭9 M3 P5 m7」の4つの音を取り出すと、

これは、dim7「ディミニッシュ・セブンス」のコードになる。

これを利用して、基音を「♭9→M3→P5→m7→♭9→M3→・・・・・」

と上げたり(又は下げたり)したメロディの進行は、異風な雰囲気がする。


※dim7(ディミニッシュ・セブンス)コードは、4つの各音が短3度の積み重ねになっているコード。


画像
Cハーモニック・マイナー・P5th・ビロウ・スケール



他にもある音階名

どんな音階があるか列挙します。

覚える必要は、全くありませんが、色々あるということが分かっていただければ十分です。

①長音階上に成立するスケール
Ionia Scale イオニア・スケール (ドから始まる通常の長音階)
Doria Scale ドリア・スケール (レから始まる短音階)
Phrygia Scale フリギア・スケール (ミから始まる短音階)
Lydia Scale リディア・スケール (ファから始まる長音階)
Mixolydia Scale ミクソリディア・スケール (ソから始まる長音階)
Aeolia Scale エオリア・スケール (ラから始まる通常の短音階=自然的短音階)
Locria Scale ロクリア・スケール (シから始まる短音階)
※以上の音階は、転調しなければ#も♭も付かない。
※音階名の表記は、英語風又はラテン語風に読むかで異なる。
(例: イオニア=イオニアン=アイオニアン)

②和声的短音階上に成立するスケール
Harmonic minor Scale 和声的短音階 (通常の短音階の7番目を#にしたもの、通常の短音階よりよく使う)
Locria #6 Scale ロクリア#6・スケール
Ionia #5 Scale イオニア#5・スケール
Doria #4 Scale ドリア#4・スケール
Harmonic Minor Scale Perfect 5th Below (HMP) 和声的短音階の5番目から始まる音階
Lydia #2 Scale リディア#2・スケール
Altered Super Locria Scale オルタード・スーパー・ロクリア・スケール

③旋律的短音階上に成立するスケール
Melodic minor Scale 旋律的短音階 (和声的短音階の変形版)
Doria b2 Scale ドリアb2・スケール
Lydia #5 Scale リディア#5・スケール
Lydia 7th Scale リディア・セブンス・スケール
Melodic Minor Scale Perfect 5th Below (MMP) 旋律的短音階の5番目から始まる音階
Locria Natural 9th Scale ロクリア・ナチュラル9th・スケール
Super Locria Scale スーパー・ロクリア・スケール

※これ以外も、多くあります。(省略)



以上で、「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」のテンション・コードからの考察と音階からの考察でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 115

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント