わけいの多肉ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 進む地域間協定

<<   作成日時 : 2019/01/10 19:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 89 / トラックバック 0 / コメント 2

●TPPが発効


米国を除く日本など11カ国が参加するTPP・環太平洋パートナーシップ協定(参加11カ国の新協定・TPP11とも言う)が2018/12/30日発効した。

これで、アジア太平洋地域に域内人口5億人超の巨大な経済連携協定圏が誕生したことになる。(世界人口の6.7%)
GDP(名目)で見ると、9,656,066百万ドルで、世界の12%を占めることになる。
画像


●とりあえず6か国


TPP参加国のうち、半数以上が国内の承認手続き終了後60日後に発効する取り決めだった。
つまり、参加11か国のうちオーストラリアが2018年10月31日に批准したことで、協定発効に必要な6カ国がそろったため、2018年12月30日に発効することが確定していた。

国内手続き終了した6カ国は、承認が早い順に、
@メキシコ、A日本、Bシンガポール、Cニュージーランド、Dカナダ、E豪州

残る5カ国も手続きを急いでいる。
ベトナムは2019年1月14日の発効が決まっている、残るマレーシア、チリ、ペルー、ブルネイも早期の発効を目指している。


●アメリカ離脱で11か国に


TPPは、当初は米国を含む12カ国が合意・署名したが、トランプ政権の意向で、2017年1月に米国が離脱。
米国離脱後は、日本が主導して2017年3月に11カ国で新協定の署名にこぎ着けたものだ。

もしアメリカが離脱しなければ・・・
世界人口比では、11% (国連人口部の推計人口統計2017年)
世界GDP(名目)比では、36.4% (IMF統計2018年)
と、さらに大きな自由貿易圏になっていた。

※米国、カナダ、メキシコの3カ国の北米自由貿易協定(NAFTA)や、欧州28カ国が加盟する欧州連合(EU)の参加国のGDPの合計がいずれも全世界の25%程度で、TPP11はその半程度の規模だが、もしアメリカが加わると大きく上回る規模になっていた。


●日本が進めきた地域間交渉


日本が進めてきた経済連携協定のための交渉はTPP以外にも多い。

@日本・シンガポールEPA:2002年11月30日発効
A日本・メキシコEPA:2005年4月1日発効
B日本・マレーシアEPA:2006年7月13日発効
C日本・チリEPA:2007年9月3日発効
D日本・タイEPA:2007年11月1日発効
E日本・インドネシアEPA:2008年7月1日発効
F日本・ブルネイEPA:2008年7月31日発効
G日本・ASEAN EPA:2008年12月から順次発効
H日本・フィリピンEPA:2008年12月11日発効
I日本・スイスEPA:2009年9月1日発効
J日本・ベトナムEPA:2009年10月1日発効
K日本・インドEPA:2011年8月1日発効
L日本・ペルーEPA:2012年3月1日発効
M日本・オーストラリアEPA:2015年1月15日発効
N日本・モンゴルEPA:2016年6月17日発効
O環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定TPP(CPTPP、TPP11、2018/12/30発効・6か国)(2018年3月8日署名)(環太平洋パートナーシップ協定(TPP):2016年2月4日署名) 
P日本・EU EPA:(2018年8月18日書名) ※2019/02/01発効予定


(外務省資料より)

2002年発効の日本・シンガポール間のEPAをはじめ、つい最近発効したTPPや、1カ月以内に発効する日本・EU間のEPAなど17の協定が発効(もうすぐ発効)している。

この他にも交渉中のものがある。


●ところでEPAとTPPの違いは?


上の@〜Pのうち、OだけがTPPになっている。
O以外はEPAだが、何か違うの?
と、思われる方もいらっしゃると思います。

EPAは二国間交渉の経済連携協定のときに使う用語で、
TPPは多数の国の経済連携協定なので、多数の地域を強調する意味で「環太平洋パートナーシップ」の名称を使って、その略語のTPPになったもので、EPAの地域版(環太平洋地域のEPA)と考えてよい。

※TPP: Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement

では、EUも多数の国なのに・・・だが、協定はEU参加国のすべてと書面を取り交わしたのではなく、その共同体であるEUと協定を締結したので二国間の経済連携協定となる。


●ときにFTAも聞くが


EPAもFTAも二国間の協定という意味では同じだが、
その中身を見ると「 EPA > FTA 」の関係。

FTAは「物・サービス」を対象にした貿易協定(自由貿易協定)だが、
それをバージョンアップして拡大したものがEPAで、「物・サービス」に加え「投資や人の移動、知的所有権など」も対象にした包括的なもの(経済連携協定)、となっている。

どちらも、昔は「WTO」という国際的組織を通した多国間交渉だったが、多国間交渉を1つ1行うには時間・労力がかかるため、WTOを補う地域間の新ルールの、FTAやEPAが始まった経緯がある。


●TPPの効果


TPP発効後は、日本はすべての貿易品目のうち95%、他の10カ国は99〜100%の関税を撤廃することになっている。
さらに投資やサービス分野の自由化を進めることで、域内経済の活性化につながることが期待される。

「関税」以外にも、「投資」「公共事業」「競争政策」「知的財産権」「労働」「環境」「中小企業」など、とにかく多岐に渡る分野のルールなので、メリット・デメリットに関しては(特にミクロな面では)色々な考え方がある。

しかし、マクロ的に見ると日本で生産・提供されるサービス・物・その他諸々は到底日本だけでは消費できないし、
そもそもそれ以前に、海外から調達しないと日本での生産活動ができないものが非常に多い。
それゆえ、広い分野で海外との「物・サービス・投資・人の移動・知的所有権など」の経済連携協定は、日本にとって必須と言えると思います。

取敢えず、目に見えやすい話としてオーストラリアのステーキや乳製品が安く買える。
EUからのワインやチーズやブランド品が安くなる。
などの話題がテレビなどで放映されています。

多分その通りだと思いますが、協定が発効してもすぐに効果が出るとは限りません。
品目によっては、猶予期間や段階的なものが設けれれているので、広く恩恵を受けるのは結構期間がかかりそうです。
でも、協定が無ければ、生きている間にその恩恵を受けることはないかも知れません。


●TPPの今後


とりあえずTPPが2018/12/30日発効したことは、冒頭に述べたが、これで終わりではない。

TPPの残り5か国のを含むTPP11の早期発効が最優先の課題。
その課題が完了してからの話になるが・・・

他にも、TPPの11か国以外からも参加を希望する国がある。
TPPの協定には新たな加盟国を歓迎する姿勢を明記されている。
発効後は参加国・地域の拡大も視野に入ることになる。

すでに、タイは昨年の5月に参加の意向を表明している。
EUを抜けた英国や台湾、韓国、コロンビア、インドネシアも関心を示している。

しかし何と言っても、アメリカの復帰が望まれるところだ。
トランプ大統領は、再交渉を前提としたTPP復帰の可能性に言及しているらしいとの話も聞く。
どうなることやら・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 89
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

アドバイスありがとうございました。
何とか解決です。

お陰様でEPAとTPPの違いが理解できました。
今まではそんな事も判らなかったんですねえ私。
勉強になりました。

サチ
URL
2019/01/11 13:57
サチさんへ
解決とのこと、それは何よりです。
心配事が一つ減って、きょうはぐっすり眠れそうですね。
わけい
2019/01/11 22:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
進む地域間協定 わけいの多肉ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる