ピタゴラス音律と黒鍵の関係

ピタゴラスが音律を作った 「ドレミファ・・・」という音名は、11世紀に出来ましたが、 そのドレミファのもとになった音律は、紀元前500年前に、ギリシアのピタゴラスによってが作られていました。 ピタゴラスは、直角三角形の3辺の長さが「a2+b2=c2」のピタゴラスの定理で有名な人ですね。このころギリシアでは数学や音楽まで色々考えている人がいたのですね。当然他の学問も盛んだったのでしょうけ…

続きを読む