Gで始まるデンドロビウムの原種

Gで始まるデンドロビウム

gonzalesii.jpg
Dendrobium gonzalesii

デンドロビウムの原種の正名とされる1232種、異名を含めて2000種以上の種について、把握できるものすべてをまとめました。
データが大きいので、種形容名の先頭文字ごとにページを分割して、リンク形式でこのブログが構成されています。
このページは、種形容語のイニシャルがGのデンドロビウムについて書いています。

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X Y Z Tp


番号 種名 Dendrobium 説明
* gagnepainii A.Hawkes and H.Heller (現在はEria eriopsidobulbon Parish and Rchb.f.の異名とされている。)
* galactanthum Schltr. (D.scarbrilingue Lindl.と同種。)
* galeatum Swartz (現在はBulbophyllum galeatum Lindleyの異名とされている。)
* galliceanum Linden (D.thyrsiflorum Rchb.f.と同種。)
* gamblei King and Pantling (D.macrostachyum Lindleyと同種。)
* garayanum A.Hawkes and A.H.Heller (D.austrocaledonicum Schlechterと同種。)
400 garrettii Seid. タイに固有。
401 gatiense Schlechter パプアニューギニアに分布。
* gaudens P.van Royen (D.dekockii J.J.Smith と同種。)
* gazellae Kranzl. (D.insigne Reichb.f. ex Miqと同種。)
* gadeanum J.J.Smith (D.gracile (Blume) Lindleyと同種。)
* geluanum Schlechter (D.hellwigianum Kranzlinと同種。)
* gemellum as used by Kranzlin not Lindley (D.reineckei Schlechterと同種。KranzlinはD.gemellumを正当な種とD.salaccense (Bl.) Lindl.の異名の両方に含めた。)
402 gemellum Lindley not Kranzlin or Ridley (Pedilonum biflorum Blume)
スマトラ、ジャワの西部に分布。
* gemellum as used by Ridley not Lindley or Kranzlin (D.indragiriense Schlechterと同種。)
* geminatum (Bl.)Lindley (現在はEpigeneium geninatum (Blume)Summerhayesの異名とされている。)
* geminiflorum Schltr. (D.violaceum Kranzlin subsp. violaceum と同種。)
* gemma Schlechter (D.masarangense Schlechterと同種。)
* gemmiferum Kranzlin (SchlechterはD.gemmiferum KranzlinをD.suaveolens Schlechterの異名の可能に含めたが、後に彼はD.odoratum Schlechterの異名にあげた。)
403 geotropum T.M.Reeve パプアニューギニアに分布。
404 gerlandianum Kranzlin フィリッピンのルゾン島のマニラに分布。
* gibbiferum J.J.Smith (現在はDiplocaulobium gibbiferum (J.J.Smith) A.Hawkesの異名とされている。)
405 gibbosum A.Gilli パプアニューギニアに分布。
406 gibsonii Paxt.& Lindley (D.fuscatum Lindl.)
デンドロビウム節の4グループ。種形容語は人名に因む。インド、ネパール、ミャンマー、タイに分布。長大バルブで1m以上伸びる。落葉したバルブから15-20cmの花茎が下垂し、花が房状に10輪前後つく。花径5㎝、黄花、リップは丸く、左右に黒褐色斑紋が入り、縁辺には毛が生えている。(秋)春咲。日光に当てないと落葉し弱る。花保2週間。有香。高温性。D.fimbriatum に比べて茎は短く細く、花は小さい。
* giddinsii T.E.Hunt. (D.fellowsii F.Muell.と同種。)
* giluwense P.van Royen (D.rigidifolium Rolfeと同種。)
407 giriwoense J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* giulianettii F.M.Bail. (D.mirbelianum Gaud.と同種。)
408 gjellerupii J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* glabrum J.J.Smith (現在はDiplocaulobium glabrum (J.J.Smith) Kranzlinの異名とされている。)
* glaucophyllum Teijsm. and Binn. (D.rugosum (Blume) Lindleyと同種。)
409 glaucoviride J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* glaucum Teijsm. and Binn. (Kranzlinは不正な名前のリストにあげている。)
410 glebulosum Schlechter glebulosum Schlechter
411 globiflorum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
412 glomeratum Rolfe ex Veitch ニューギニア、モルッカ諸島に分布。茎は25-50㎝長で、ブラウンっぽいグレイで節が多い。葉は薄く若いときだけ見られる。花軸は葉のない茎の横から生じる。年間に何度か咲く。花は短くてゆるい花の塊になる。1花軸に6-10花。花は3㎝径。セパルとペタルは濃いローズ-ピンク色で、リップは輝くオレンジ~オレンジ-バーミリオン色。リップは先が鋸歯状に不均等な縁で折り込まれている。光は1500fc。温度は年間を通じて、昼の平均29℃、夜の平均24℃。年間を通じて生育温度を確保する。水やり間はすっかり乾いてもよいが、長く乾いたままではいけない。
413 glomeriflorum Kranzlin サモアの西部に分布。
414 glossorhynchoides Schlechter (オリジナルはD.glossorrhynchoidesとつづられたが、SchlechterとKranzlinは後にD.glossorhynchoidesとつづった。)
パプアニューギニアの北部に分布。
* glossotis Rchb.f. (D.catillare Rchb.f.と同種。)
415 gnomus Ames サンタクルーズ諸島に分布。
416 gobiense Schlechter パプアニューギニアに分布。
417 goldfinchii F.Mueller (HuntはD.floridanum Guillauminを異名に含めたが、LewisとCribbはそうしなかった。)
南太平洋の多くの島々に分布。
+ goldfinchii Den.miyakeiは異名とたものがあるが、疑問。
* goldiei H.G.Reichb. (D.goldeiともつづられる。)
(D.x superbiens H.G.Reichb.と同種。)
* goldschmidtianum Kranzlin 植物はフィリッピンと台湾に産すると考えられた。しかし、Merrillはそれを除外し、Valmayorは含めなかった、Liuは不確かな種のリストにあげた。
* goliathense J.J.Smith (現在はCaderia goliathense (J.J.Smith)Schlechterの異名とされている。)
418 gonzalesii Quisumbing ペディロム節。フィリピンに分布。草姿はD.victoriae-reginae 、D.chameleon に似ている。バルブは10-25㎝。葉は薄く長さ5㎝。花茎はバルブの上部から極短く出て、径3㎝の花を5輪つける。花色は、紅紫-ブルーと変化が大きい。花保良好。不定期咲。
semi-albaタイプ 花弁は白で、リップに紫の筋が入る。
+ gordoneae ニューギニアに分布。詳細不明。マクロフィラムタイプ。
* gordonii S.Moore ex Baker (ときにはD.gordoniとつづられる。D.macrophyllum A.Richardと同種。)
419 gouldii Reichb.f. (D.gouldii Reichb.f. var. acutum Reichb.f., D.undulatum R.Br. var. woodfordianum Maid., D.woodfordianum (Maid.) Schltr., D.inthurnii Rolfe)
スパチュラ-タ節(ケラトビウム節) 種形容語は人名に因む。ニューアイルランド、ソロモン諸島に分布。ときには海のすぐそばにも成育。花色は白色~藤色で変化に富む。リップに藤色の線又は栗色の斑がある。セパルは少しねじれ、反る。ペタルは斜めに立ち少しねじれる。リップに5本の隆起が有り、先端は反転。春咲。D.lineale Rolfe に縁が近いが、差異はペタルがより長くよりねじれて、リップがより長い。
*var. acutum Reichb.f. (D.gouldii Reichb.f.と同種。)
420 govidjoae Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
421 gracile (Bl.)Lindley (Onychium gracile Blume, D.gedeanum J.J.Smith : しかしながらD.tenellum (Bl.) Lindleyはときどき異名にあげられる。Seidenfadenは、この種の典型が不完全で混乱しているため、この異名を排除している。)
ジャワ、スマトラ、ボルネオに分布。
ロパランテ節。ジャワとスマトラ島の標高1600-2000mに自生する。栽培はやや困難、夏期は戸外でできるだけ涼しくする。草姿が面白い。小型種。花は澄んだ桃色の小花。
* gracilentum Schlechter (現在はDiplocaulobium gracilentum (Schlechter) Kranzlinの異名とされている。)
* gracilicaule Kranzlin not F.Mueller (D.piestocaulon Schlechterと同種。)
* gracilicaule F.Mueller not Kranzlin (D.macropus (Endl.) Reichb.f. ex Lindleyと同種。)
 (D.elongatum A.Cunn.,D.brisbanense Rchb.f.,D.fellowsii F.Muell.,Callista gracilicaulis (F.Muell.) O.Ktze)
デンドロコリネ節 種形容語は細長い茎の意。オーストラリア東南部に分布。バルブは細く棒状で直立し、草丈30-80㎝、頂部に6葉までをつける。葉は槍先形、革質、長さ10-15cm。花茎は頂生し高さ10cmほどで40花までをつける。花は平開し径1-2cm、肉厚、距は短く、黄色~黄緑色で、外側に赤~茶色の斑点がある。リップは黄色でいくつかの赤~茶色の模様がある。有香。(冬)春咲。中高温性。排水よく植えること。冬の最低温度2℃。
* gracilicolle Schlechter (現在はDiplocaulobium gracilicolle (Schlechter) W.Kittredgeの異名とされている。)
* gracilifolium Schlechter (現在はDiplocaulobium linearifolium Ridleyの異名とされている。Schlechterはこの種にD.gracilifoliumの名前を使っているが、彼は正当な発表をし損なった。)
422 gracilipes Burkill (この種の現在の地位は不明。Holttum、Seidenfaden、Woodは、それを種にも異名にも含まなかった。)
マラヤに分布。
423 x gracillimum (Rupp) Leaney D.speciosum x D.macropus subsp. gracilicaule の自然交雑種。
Allyn Star(D.gracillimum * D.tetragonum)の交配に用いられている。
* ×gracilosum Clemsha (D.×gracillimumと同種。)
424 gramineum Ridley サラワク、ボルネオに分布。
425 graminifolium Ames not Wight or Willdenow この名前はLove and Solbrigによって使われた。後の著者はこの情報を染色体数のリストで使用したが、他の使用は見あたらない。D.graminifolium Amesのオリジナルの記述が見あたらない。おそらくこれらのリファレンスはDendrochilum graminifolium Amesに用いられるべきものと疑われる。
* graminifolium Wight not Ames or Willdenow (D.wightii A.Hawkes and A.H.Hellerと同種。)
* graminifolium Willdenow not Ames or Wight (現在はOctomeria gramminifolia R.Brownの異名とされている。)
425 grande Hk.f. タイに分布。草丈は50cm以上に伸び、アーチ状に曲がる。バルブの先の方に幅の広い葉を数枚付け、花はバルブの先端付近に9mmの黄色かかった花をつける。ancepsタイプの黄花。
* grandiflorum (Blume) Lindley (現在はFlickingeria grandiflora (Blume) A.Hawkesの異名とされている。)
* grandiflorum H.B. and K. (現在はMaxillaria grandiflora Lindleyの異名とされている。)
* grandiflorum Reinwardt (現在はBulbophyllum reinwardtii Rchbの異名とされている。)
* grantii C.T.White (D.lineale Rolfeと同種。)
427 grastidioides J.J.Smith スマトラの西部に分布。
428 gratiosissimum Reichb.f. (D.bullerianum Batem.,D.boxallii Rchb.f.)
デンドロビウム節の1グループに分類される。ミャンマー、タイに分布。バルブは草丈90cmで、下垂して細く節はやや太い。葉の長さは10cm。落葉性。花径は落葉バルブの節より出て短く、4㎝の花をヒヤシンス状に咲く。花色は、白色で先端はバラ色で、リップの基部は大きく黄色が入る。ひだのある縁に細い毛がある。花保15日間。春咲(2-4月)。冷涼な気候に適するが暑さに耐える。
var. boxalii
* graven-horstii J.J.Smith (Masamuneはこの名前をボルネオの植物のリストに含めたが、その植物は1920年にDendrochilum graven-horstiiとして記述された。)
+ greatrixianum neworchids67に名前だけ登場する。
429 greenianum Cribb and B.Lewis バヌアツに分布。
430 gregulus Seidenfaden タイの北部と西部に固有。
431 griffithianum Lindley カリスタ節に分類され、種形容語は人名に因む。タイ、ミャンマーに分布。草姿やや小型。黄花、房状に下垂咲。D.thyrsiflorum の様に咲き美しい。春-秋咲。
432 ×grimesii C.T.White and Summerhayes D.teretifolium R.Brown var. fasciculatum Rupp (D.calamiforme Loddiges)とD.linguiforme Swartz var.nugentii F.M.Bailey (D.nugentii (F.M.Bailey) D.Jones and M.Clementsの自然交雑種。
433 groeneveldtii J.J.Smith スマトラの西部に分布。
434 grootingsii J.J.Smith ボルネオの南部に分布。
435 grossum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
* guadalcanalense Guillaumin (現在はCadetia hispida (A.Richard) Schlechterの異名とされている。)
436 guamense Ames ミクロネシアに分布。
437 guangxiense S.J.Cheng and C.Z.Tang 中国に分布。
438 guerreroi Ames.et Quis. (D.epidendropsis)
ペディロヌム節に分類され、種形容語は人名に因む。フィリピンに分布。guerreiroiは誤り。バルブは棒状で草丈30-70cm直立する。花茎は落葉した古い茎に5年位にわたり出る。各節から4-5輪つける。黄緑色の花を多数密に房状につける。リップは黄色で花弁は厚い。花命は短い。冬咲。中高温性。
* guibertii Carriere (D.densiflorum Lindleyと同種。)
* guiliannetii F.M.Bailey (Schlechterはこの名前をCeratobium節の部分で述べている。他の情報は見あたらない。)
439 gunnarii P.S.N.Rao アンダマン諸島に分布。
+ gundran (10)に名前だけ登場する。
* guttatum J.J.Smith (D.rigidifolium Rolfeと同種。)
* guttulatum Schlechter (現在はDiplocaulobium guttulatum (Schlechter) A.Hawkesの異名とされている。)
440 gynoglottis Carr ボルネオに分布。

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X Y Z Tp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント