Sで始まるデンドロビウムの原種

Sで始まるデンドロビウム

stricklandianum.jpg
Dendrobium stricklandianum

デンドロビウムの原種の正名とされる1232種、異名を含めて2000種以上の種について、把握できるものすべてをまとめました。
データが大きいので、種形容名の先頭文字ごとにページを分割して、リンク形式でこのブログが構成されています。
このページは、種形容語のイニシャルがSのデンドロビウムについて書いています。

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X W X Y Z Tp

番号 種名 Dendrobium 説明
970 sacculiferum J.J.Smith 1922 not 1929 モルッカ諸島のテルナーレ島に分布。
* sacculiferum J.J.Smith 1929 not 1922 (D.dillonionum A.Hawkes and A.H.Hellerと同種。)
971 sagittatum J.J.Smith (ときどきD.sagitattumとつづられる。)
スマトラ、ジャワに分布。
972 salaccense (Bl.)Lindley (Grastidium salaccense Blume, D.bambusifolium Parish and Rchb.f., D.intermedium Teijsm. and Binn. :Seidenfadenは、D.salaccenseの名前はD.cathcartii Hooker f.とD.gemellum Lindleyとして同定されるべき植物に用いられてきたと述べている。彼は、SchlechterはD.salaccenseとD.pensile Ridleyとは同一種と見なしている、と述べたが、Seidenfadenはこの異名は疑問としている。幾人かの著者は、D.haemoglossum ThwaitesはD.salaccenseと同一種と見なしている。)
東南アジアに広く分布。
* salaccense Hort. ex Rchb.f. not (Blume)Lindley (D.bullenianum Rchb.f.と同種。)
973 salaccenres (Blume) Lindl. (D.salaccense (Bl.)Lindleyの誤りと思える?)
タイに分布。細いバルブ。草丈50㎝。葉はなめらかで尖っている。小さな竹の灌木に似ている。花序はバルブの節に白緑色の小中輪の花を1-3つけ、密集している。花は中輪で全開はしない。ペタルとセパルは明るい黄色。リップは薄くて尖っていて、中心部に大きな赤いスポットがある。おなじバルブに度々花をつける。珍種。厚く湿った気候に適している。
974 salhutuense J.J.Smith モルッカ諸島に分布。
975 salicifolium J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* salicornioides J.J.Smith not Teijsm. and Binn. (D.shipmani A.Hawkesと同種。)
* salicornioides Teijsm. and Binn. not J.J.Smith (D.uncatum Lindleyと同種。)
976 salmoneum Schlechter 1905 (D.trichostomum as used by Kranzlin not Rchb.f. ex Oliver)
パプアニューギニアに分布。
977 salomonense Schlechter ソロモン諸島、ブーガニヴィレに分布。
978 sambasanum J.J.Smith (KranzlinはD.sambasanumをD.salicornoides Teijsm. and Binn.(現在はD.uncatum Lindley)の異名にリストしている。しかしながら、Seidenfadenは、Kranzlinはいくつかの異なった植物をD.salicornioidesと混同していると断言している。この問題が解決するまで、我々はD.sambasanumを有効な種として取り扱う。)
ボルネオに分布。
979 samoense Cribb (オリジナルはD.tokai Rchb.f.と思われていた。CribbはD.samoenseを別の種として記述した。)
スパチュラ-タ節 サモアにだけ分布する。草丈約50cmで長い花茎に黄色の中輪花を15輪ほど着ける。
980 sancristobalense Cribb ソロモン諸島に分布。
* sandaiense Hayata (おそらくD.sanseiense Hayataのつづり誤り、それは現在はEpigeneium sanseiense (Hayata) Summerhayesの異名とされている。)
981 sanderae Rolfe フォーモサエ節 名はイギリスの育種家でラン収集家のH.F.C.Sander(1847-1920)に因む。フィリピン諸島に分布する。ルソン島の1000-1650mに生育。草丈60cm。花はバルブ頂に近い部分の数葉の間より、6-12花をつける。花は径8㎝、純白色でリップの基部に赤紫色の筋が入る。2つの形態があり:大きい花の方 var.major は春咲で、小さい方 var.parviflorum はたいてい秋咲。花保ち良い。
光は1500-2500、温度は年間を通じて昼の平均22-25℃、夜の平均13-16℃、水は冬少なく。D.deareiやD.schuetzeiに似た感じがするがそれらは高温性で、D.sanderaeは低温性である。
var.major 大きい花が咲く変種。春咲。
var.parviflorum 小さい花が咲く変種。たいてい秋咲。
var.surigaense
* sanderianum Rolfe (D.parthenium Reichb.fと同種。)
. sanguieum neworchids67に登場するが、D.sanguineumの誤りと思われる。
* sanguineum Rolfe (D.cinnabarinum Rchb.f.と同種。)
* sanguineum Swartz (現在はBroughtonia sanuinea R.Brownの異名とされている。)
982 sanguinolentum Lindley (D.cerinum Reichb.f. not Schlechter :Seidenfaden and WoodはD.kentrochilum Hooker f.は異名かも知れないと示唆している。)
東南アジアに広く分布。
* sanseiense Hayata 現在はEpigeneium 属に分類される。艶のあるピンクで、株に比較して大きな花。小型で着生に良い。
* sarasinorum Kranzlin (D.furcatum Reinwardt ex Lindleyと同種。)
983 sarawakense Ames (D.multiflorum Ridley not Parish and Rchb.f. :KewensisのインデックスにはD.sarawakense Merrillの名前でリストされている。)
ボルネオのサラワクに分布。
* sarcanthum Lindley (D.cuspidatum Lindley 1830 not 1858と同種。)
984 sarcochilus Finet (D.megalorhizum Kranzlin, D.sarcochilus Finet var. megalorhizum (Kranzlin) Halle)
ニューカレドニアに分布。
985 sarcodes Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
986 sarcophyllum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
* sarcopodioides J.J.Smith (D.simplex J.J.Smithと同種。)
* sarcostemma Teijsm. and Binn. ex Miquel (ときどきD.sarcostomaとつづられる。D.macrophyllum A.Richardと同種。)
* sarcostoma Teijsm. & Bimm. ex Miq. (D.macrophyllum A.Rich.と同種。)
* sarcostoma (Blume)Lindley (現在はSarcostoma javanica Blumeとされている。)
987 sarmentosum Rolfe (D.fragrans Hort. ex Hooker f.)
ビルマに分布。
* sarrasinorum Kranzlin (D.furcatum reinwardt ex Lindleyと同種。)
* saruwagedicum Schlechter (Reeve and WoodはおそらくD.brevicaule Rolfeの異名と見なした。)
* savannicola Schlechter 1907 not 1923 (現在はDiplocaulobium savannicola (Schlechter)A.Hawkesの異名とされている。)
* sayeri Schlechter (1907) not Schlechter (1912) (現在はCadetia sayeri (Schlechter)Schlechterの異名とされている。)
* sayeri Schlechter 1912 not Schlechter 1907 (D.cruttwellii T.M.Reeveと同種。)
988 scabrifolium Ridley イリアンジャヤに分布。
989 scabrilingue Lindley (D.alboviride Parish,D.hedyosmum Batem., D.galactanthum Schltr.)
フォーモサエ節 名は粗い舌の意。タイ、ミャンマー、マレー半島に分布;低山の森。 バルブは30cm長まで、茎を包む葉鞘は黒毛を生ずる。葉は10.5cm長まで、革質。花序はごく短く、2花つける。花は、非常に香りが強く、3.5㎝径、厚弁ろう質、平開し、花保良好、アイボリー白色、リップは黄色と緑色。春咲。涼しくし十分な光と湿度で栽培し、冬の最低温度8℃。
* scabripes Kranzlin (D.purpureum Roxburghと同種。)
* scalpelliforme Teijsm. and Binn. (D.acinaciforme Roxburghを参照のこと)
* scariosum Llave and Lexarza (現在はPleurothallis scariosa Lindleyの異名とされている。)
* scarlatinum Schltr. (D.puniceum Ridleyと同種。)
* schimperianum A.Richard (現在はAngraecum schimperianum Rchb.f.の異名とされている。)
* schinzianum Kranzlin (D.cymatoleguum Schlechterと同種。)
* schinzii Rolfe (現在はFlickingeria schinzii (Rolfe)A.Hawkesの異名とされている。)
* schistoglossum Schlechter (現在はFlickingeria schistoglossa (Schlechter)A.Hawkesの異名とされている。)
* schlechterianum J.J.Smith (D.trilamellatum Schlechterの異名で、それをSeidenfadenは、おそらくFlickingeria bancana (J.J.Smith)A.Hawkesの異名であろうとしている。彼はしかしながら、D.schlechterianumを異名として含まなかった。
* schmidtianum Kranzlin (D.crumenatum Swartzと同種。)
990 schneiderae F.M.Bai. Monophyllaea節 名前はMrs H.Schneiderに因む。オーストラリアに分布。板栽培がよい。しかし成長は遅い。通風、十分な光、頻繁な水やりが必要。といっても水やりは乾いたらやるのが必須。冬の最低温度6℃。
var. schneiderae D.monophyllum に似ているが小さい。1-3枚の葉がある。花序は弓状で8㎝長。花は8㎜径で20つける。香りがあり、艶があり、クリーム色~黄緑色、濃栗色の縁取りがある。(側セパルの下半分はない。)リップは先が非常に広く目立つ隆起がある。
var. major Rupp 標準変種に比べ、バルブ茎は丈夫で花序は長く花が多い。
991 schoeninum Lindley (D.mortii Benth. non F.Muell., D.beckleri Muell., D.striolatum F.M.Bail. non H.G.Reichb., D.striolatum H.G.Reichb. var. beckleri (F.Muell.) F.M.Bail, Callista beckleri (Muell.) O.Kuntze(4))
 (D.beckleri Muell., D.striolatum sensu F.M.Bailey (9))
リゾビウム節のグループ2。名前はschoenos~アシ又はイの意で葉の形からきている。オーストラリアに分布。
* schouteniense J.J.Smith (現在はDiplocaulobium schouteniense (J.J.Smith)A.Hawkesの異名とされている。)
* schroderi Hort (D.densiflorum Wallichと同種。)
* schroederianum Hort. ex Gentil (ときどきD.schroederanumとつづられる。Uptonはその植物をD.phalaenopsis Fitzgerald var. schroederianum Hort. ex Mastersとしての名前でリストしたが、それは彼がD.bigibbum Lindley subsp. laratensis Clemeshaの異名として含めている。しかしながら、Clementsは、その名前は無効で、その植物の新しい種の名前D.striaenopsis M.Clements and Jonesに言及した。)
+ schueiderae (10)に登場するが、D.schneiderae F.M.Bai.の誤りと思われる。
992 schuetzei Rolfe. フォーモサエ節、フィリピンに分布。人名Schuetzによる。D.dearei に似て、茎が太く短く、草丈20-40㎝。葉は光沢があり、密生し、毛のある葉鞘をつける。葉を支えないシースは普通毛がない。花序はバルブの上部から出て短く、普通3-5花つける。花は平開し、純白色(喉部は緑色)、径6-8㎝で大きく気品がある。花弁はすこぶる幅広く、オーバーラップする。香りについては無香・Dendrobiums(64)と有香・SPECIES(160)の記述がある。花は通常冬~春咲きだが、初夏に咲くこともある。個々の花は少なくとも6週間はもつ。光は2000-3000、温度は年間を通じて昼の平均25-28℃、夜の平均19-20℃、水は年間を通じて与える。
schuetzeiiは誤り。
993 schulleri J.J.Sm. スパチュラ-タ節 ニューギニアとその隣接諸島に分布。
994 ×schumannianum Schltr. Schlechterはこの植物をD. antennatum Lindley と D. veratrifolium Lindley(D. lineale Rolfe) の分布する地で見つけた。CribbはD. andersonianum F.M.BaileyはD. antennatum と D. lineale の自然交雑種と示唆している。
* schutzei Rolfe (D.schuetzei Rolfeと同種。)
995 schwartzkopffianum Kranzlin (J.J.SmithはD.schwartzkopffianum Kranzlinの記述はD.acuminatissimum (Blume) Lindleyに非常に似ていると述べている。)
パプアニューギニアの北東部に分布。
996 schweinfurthianum H.G.Jones not A.Hawkes and A.H.Heller (Cribbはこれを疑わしい種と見なした。この名前の後からの使用という不注意によるので、非適法である。)
997 schweinfurthianum A.Hawkes and A.H.Heller (D.leopardinum Schlechter)
パプアニューギニアの北部に分布。
* sciadanthum F.Mueller (現在はEpiblastus sciadanthus (F.Mueller)Schlechterの異名とされている。)
998 scirpoides Schlechter サモアのウポル島に分布。
* sclerophyllum Lindley (D.firmum steudelの異名、それは現在はD.mutabile (Blume)Lindleyの異名とされている。)
* scopa Lindley (Flickingeria comata (Bl.)A.D.Hawkesと同種。)
( D.comatum (Bl.) Lindley , D.fimbriatolabellum Hay.)
フィリピンに分布。高芽から更に高芽へと成長する性質が有る。草丈20-60㎝。花径2.5㎝前後、セパル・ペタルはクリーム白、リップは白で大きくフリルが入る。年に数回開花。同じバルブに数年花をつける。有香。
999 scopula Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
1000 scoriarum W.W.Smith (TsiはD.scoriarumをD.aduncum Wallich ex Lindleyの異名に含めたが、Seidenfadenはこの異名を留保している。それで両方を含めた。)
中国南西部の雲南に分布。
* scortechinii Hk.f. (ときどきD.scortechiniとつづられる。D.anosumum Lindl.と同種。)
* scotiiferum J.J.Smith (D.violaceum Kraenzl. subsp. cyperifolium (Schlechter) T.M.Reeve & P.Woods violaceumと同種。)
1001 sculptum Rchb.f. ボルネオ西部のサラワクの北部に分布。
1002 secundum (Blume) Lindley (D.bursigerum Lindl., D.heterostigma Rchb.f. Pedilonum secundum Blume)
ペディロヌム節、名は偏側性の意。ミャンマー、タイ、インドシナからマラヤ、スマトラ、フィリピン諸島といくつかの太平洋諸島に分布;雨の少ない森に着生している。バルブは中ほどがやや太い棒状で直立、高さ30-50cm、縦の溝がある。葉は披針形、革質、光沢があり、長さ12cm。花茎は長さ10-15cmで落葉したバルブの上部の節から横に伸び、小花(1.5㎝)を多数、歯ブラシ状に上向きにそろって密生する。花は半開性でV字形以上は展開せず、ピンク-赤紫色、稀に白色で、リップはオレンジ色。基部は距状となる。有香。光は3000-4000、温度は夏の昼の平均28-30℃、冬の夜の平均11℃、水は冬は少なくする。春咲。中高温性。小さめのポットに粗い植込材で植え、高温、湿度、冬の乾燥期が必要。
var.album
var.niveum
* seemannii L.O.Williams (D.vagans Schlechter 1911 not 1923と同種。)
* seidelianum Rchb.f. (D.loddigesii Rolfeと同種。)
1003 seidenfadenii Senghas.& Bockemuhl (D.arachnites Reichb.f. non Thouars)
デンドロビウム節、名は人名に因む。ミャンマー、インドに分布。小形で、バルブは5-11cmで紡錘形。花は径6cmでセパル、ペタルとも線型でオレンジ色。リップは紫色の筋又は網目模様がある。夏咲。
* sematoglossum Schlechter (Hunt and SummerhayesによりEphemerantha sematoglossaに移されたが、それは現在はFlickingeriaの異名とされている。)
* semeion P.van Royen (D.vexillarius J.J.Smithと同種。)
* semifuscum (Reichb.f.) Lava. et Cribb. (D.trilamellatum J.J.Sm.と同種。)
オーストラリアに分布。灰色、リップは黄色、中輪多花性。希少種。
1004 senile C.Parish ex Reichb.f. デンドロビウム節の2グループ。ミャンマー、タイ、ラオスに分布。バルブは10cmくらいで紡錘形。這うようにして重なってバルブが生育する。葉は長さ7.5cmで2-3枚つける。バルブと葉は白い長い細毛で覆われる。上位節から1花茎に1-2花つく。花は径5cmで黄色、リップの基部は濃色でその周囲は緑色。肉厚。栽培はやや作りにくい。強い光と冬の休眠と通風により春の花が咲く。高温性。株分けは控える。光は2000-3500、年間通風が必要、温度は夏の昼の平均28-29℃、冬の夜の平均7-10℃、水は冬は少なくする。クールドライレストが必要。
* separatum Ames (D.calcaratum A.Richard not Lindleyと同種。)
* sepikanum Schlechter (現在はDiplocaulobium sepikanum (Schlechter)P.F.Huntの異名とされている。)
1005 septemcostulatum J.J.Smith モルッカ諸島に分布。
1006 seranicum J.J.Smith インドネシアに分布。
. seratolabium (seratillabium の誤り)
+ seratillabium (世界の原種(62、154)のD.seratillabiumは、D.serratilabium L.O.Williamsの誤りと思われる。)
* seriatum Wallich (未発表名で、それは現在Eria acervata Lindleyの異名とされているもの。)
* serpens (Hooker f.)Hooker f. (D.panduriferum Hooker f.と同種。)
* serra (Lindley)Lindley (D.aloefolium (Bl.)Reichb.f.と同種。)
1007 serratilabium L.O.Williams seratolabium、seratilabiumは誤り。この種は、D.chameleonに非常によく似ている。
ペディロム節、フィリピンに分布。茎は、下部の数節は細く上部の方が太い。数年にわたり成長する。枝を生じるが枝からは通常は根を生じない。落葉していない鞘と苞の色は濃赤紫色、古い茎の下部は褐色~濃赤紫色をしている。花序は落葉した古いバルブの各節から、少なくとも2年以上にわたり生じ、1-2㎝長でごく短く、4花程度つける。花は緑色っぽい淡い黄色。セパルの外側は栗色に濁る。リップは中央に隆起線が入り、3裂するが、側裂片はごく細く、中央裂片は丸く大きく、周囲は鋸の歯状。鶴が羽を広げた様子をデザイン化した形を思わせる。メンタムは長い。11月咲き。
1008 serratipetalum Schlechter パプアニューギニアに分布。
* sertatum Rolfe (ときどきD.serratumとつづられる。D.catillare Rchb.f.と同種。)
* sertularioides Swartz (現在はPleurothallis sertularioides Sprengelの異名とされている。)
* sessile Gagnepain (1982年にSeidenfadenは、D.sessileをTrichotasia velutina (Loddiges ex Lindley)Kranzlinの異名に含めた。)
1009 setifolium Ridl. しばしばD.aciculare Lindleyの異名とされるがSeidenfadenはこれを特に除いている。タイ、マラヤ、シンガポール、リアウアーチペラゴ、ボルネオに分布。光は3500-4500。温度は年間を通じて昼の平均23-26℃、夜の平均12-13℃。水は年間を通じて必要だが、冬は少し少な目にする。1日花、年に数回咲く。
* setigerum Ames (D.macrophyllum A.Richardと同種。)
1010 setosum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
* shepherdii F.Mueller (現在はBulbophyllum shepherdiiの異名とされている。D.shepherdii F.Mueller var. platyphyllum F.Muellerは現在はBulbophyllum schillerianumとして知られている。)
+ shillongense (neworchids67にD.lasioglossumと同種、と記載されているが不明。)
1011 shipmani A.Hawkes (D.confusum Schlechter not J.J.Smith, D.salicornioides J.J.Smith not Teijsm. and Binn. :加えて、SchlechterとJ.J.SmithはD.parciflorum KranzlinをD.confusum Schlechterの異名に含めている。 )
ニューギニア、スラウェシに分布。
1012 shiraishii T.Yukawa and M.Nishida イリアンジャヤに分布。
. shuetzei (D.schuetzeiの誤り)
1013 siberutense J.J.Smith シベルト島(スマトラの西海岸沖のメンタウェイ諸島の一つ)に分布。
1014 signatum Reichb.f. (D.hildebrandii Rolfe.と同種。) 
デンドロビウム節の1グループに分類される。名は人名Hildebrandtに因む。タイ、ミャンマーに分布する。ノビルタイプでバルブ直立し30-60㎝。支柱がないと湾曲する。葉は披針形、長さ約10cm、光沢がある。花は落葉したバルブの各節に2輪ずつやや大きめの花を10数輪つける。セパルとペタルはねじれていていつも白色かクリーム色で、花被は白色~微紅色(ピンクかクリームホワイト)、リップの喉部は黄色。花径6-7cm。花保良好。有香。春-夏咲。中温性。D.tortile の変種とみるものもいる。
※D.bensoniae と同種の説もあるが、D.signatum には通常リップにブロッチがない(ときには紫色っぽい2つのブロッチがあるとの記述もある)。
* sikinii Schlechter (ときどきD.sikiniとつづられる。D.subquardratum J.J.Smithと同種。)
* sikkimense A.Hawkes and A.H.Heller (D.praecinctum Rchb.f.と同種。)
* simile Schlechter 1905 not 1906 (現在はPseuderia simile (Schlechter)Schlechterの異名とされている。)
* simile Schlechter 1906 not 1905 (D.torricellianum Kranzlinと同種。)
* simile (Blume)J.J.Smith (原著はCadetia similis Blumeとして記述された。Cadetiaが何人かの植物学者により現在は有効な属とされてからは、この植物は再びCadetiaになるかも知れない。イリアンジャヤに産する。)
1015 simondii Gagnepain ベトナムに分布。
1016 simplex J.J.Sm. 1911 (D.sarcopodioides J.J.Smith 1915, Epigeneium simplex (J.J.Smith) Summerhayes 1957)
ラトゥーレア節のsimplexグループ。ニューギニアに分布。
* simplicicaule J.J.Smith (現在はFlickingeria simplicicaulis (J.J.Smith)A.Hawkesの異名とされている。)
* simplicissimum (Loureiro)Kranzlin (D.crumenatum Swartzと同種。)
1017 sinense T.Tang and F.T.Wang 中国に分布。
* singalanense Kranzlin (D.hymenopterum Hooker f.と同種。)
1018 singaporense Hawkes.& Heller (D.teres Lindley not Roxburgh)
マラヤ、シンガポール、スマトラ、ボルネオ、タイ半島の南部に分布。
1019 singkawangense J.J.Smith (Masamuneにおいては、D.singkawangemeとつづられている。)
ボルネオに分布。
1020 singulare Ames and Schweinfurth ボルネオ北部のサバに分布。
1021 sinuatum (Lindley)Lindley ex Reichb.f. not Schlechter (Aporum sinuatum Lindley :HolttumはD.paniferum J.J.Smithをおそらく異名とした。)
東南アジアに分布。
* sinuatum Schlechter not Lindley (D.cultratum Schlechterと同種。)
1022 sinuosum Ames フィリッピンに分布。
* sitanalae J.J.Smith (現在はDiplocaulobium sitanalae (J.J.Smith)Hunt and Summerhayesの異名とされている。)
1023 sladei J.J.Wood and Cribb (D.vaupelianum as used by Yuncker not Kranzlin)
多くの太平洋諸島(サモア、バヌアツ、フィジーを含む。)に分布。
1024 smillieae F.Muell. ときどきD.smilliaeとつづられる。)
いくつか異名があるが、著者により異なる。①D.ophioglossum H.G.Reichb.,②Coelandria smillieae (F.Muell.) Fitzg.,③Callista smillieae (F.Muell.) O.Ktze.,④D.hollrungii Kraenzl var. australiense Rendle (参照/①-④Walter、①Schelpe & Stewart、②-④Cribb)
ペディロヌム節、人名(Mrs.E.T.Smillie)に因む。ニューギニア、北オーストラリアの低地に分布。バルブは15㎝-1m。葉は15-20㎝でねじれることが多い。落葉した茎の先端近くから5-15㎝の花茎を伸ばし、密に多くの花を采配状につける。花は2㎝ほどでロウ質で緑色がかった白色~ピンク色までのパステルカラーで、リップの先端が緑色に染まる。英名はbottle brushでビンを洗うブラシのようである。5-6月咲。無香。成育期は高温と湿度のある全日陰下で、冬は休眠とより明るい光により、春の花が確実になる。
var.giganteum 普通種に比べ花や株が倍程大きい。
var.alba)
・smilieae・smillaeはsmillieae の誤り。・smilliaeはsmillieaeを参照のこと。
1025 smithianum Schlechter (Schlechterは、D.concavum J.J.Smith var. celebense J.J.Smithをおそらく異名として含めている。彼は、D.smithianum var. nebularum SchlechterはD.smithianumの山型かもしれないとしている。)
スラウェシの北部に分布。
1026 sociale J.J.Sm. (D.batakense J.J.Smith, D.nhatrangense Gagnepain :1992年にSeidenfadenはD.alleizettei Gagnepainを異名に含めた。)
ベトナム、タイ、スマトラに分布。
1027 somai Hayata グラスティディウム節、名は人名に因む。台湾に分布。バルブは細く60-100cm。葉は線型、草質、茎の上部につく。花は葉のある節に2花ずつつき、黄緑色でよく開く。背セパルは披針形で強く反るが側セパルは広い。ペタルは線型。リップの側裂片は直立し三角形、中央裂片は卵形で反り、先端葉とがり、中央にオレンジ色の筋がある。夏咲。
* sophronites Schltr. (D.cuthbertsonii F.Muell.と同種。)
* sordidum King and Pantling (現在はFlickingeria convexa (Blume)A.Hawkesの異名とされている。)
1028 sororium Schlechter スラウェシに固有。
* spatella Rchb.f. (D.acinaciforme Roxb.を参照のこと)
1029 spathaceum Lindley (KranzlinはD.candidum King and Pantling not Wallichを異名に含み、D.candidum Wallichを別の種として残している。Hawkesは、D.spathaceum LindleyをD.candidum Wallichの異名に含んでいる。何人かの後の著者は両方とも別の種としている。)
インドに分布。
1030 spathilabium Ames and Schweinfurth スマトラ北部に分布。
1031 spathilingue J.J.Smith バリ、ジャワに分布。
1032 spathipetalum J.J.Smith ボルネオの南東部に分布。
* spathulatilabratum P. van Royen (D.habbemense P. van Royenと同種。)
1033 spathulatum L.O.Williams スパチュラータ節、フィジー諸島に分布。
* speciosissimum Rolfe (ときどきD.speciossimumとつづられる。D.spectatissimum Reichb.f. と同種。)
1034 speciosum J.E.Smith デンドロコリネ節、名は目立って美しいの意。オーストラリア、ニューギニアに分布する。変化が多く6つの変種がある。以下に、南からの順に記載する。日本ではタイミンセッコクの名で古くから栽培されていて、牛角蘭とも呼ぶ。バルブは円錐形(牛の角状)で太く充実している。高さ20-30cm。上部に長楕円形、長さ約20cmの硬い肉厚の葉を3ー4枚つける。花茎は頂生し、斜めに伸び、長さ20-30cm、淡い黄色(白色-淡黄色)の小花を多数(50-100輪)密につける。花は径約2-2.5cm、半開性、セパル、ペタルはともに細く内方に曲がる。リップは中片が卵形。白色か淡黄色、紫点あるいは紫線が入り、多くのバラエティーがある。有香。春咲。花短命。秋から春まで夜間10℃前後にして管理しないと花付きが悪い。冬~春咲。低温性(最低2℃)。強光。栽培は、最も南部の型は低温を好み最低温度2℃で、北部の型はいくらかの高温が必要で、冬の休息と強光が開花に必要。
 1 var. spesiosum)
 バルブ茎は60㎝長まで、基部は太い、周囲25㎝まで、上部は細くなる。平均25㎝長。葉は平らか表面がくぼんでいて、かなり厚く、茎の頂部に2-5枚つく。強い香りの花を、30-80個30-45㎝の穂状花序につける。花序は直立~弓状。花は平均で2.5-5㎝径だが8㎝までにもなる。色は白色~クリーム色~黄色まで、リップには紫色~赤色までの斑点がいくつかある。曇りと夜は香りがなく、暑い日には強い甘い香りを放つ。個々の花は15-20日続く。開花期は晩冬~春。つぼみは11月頃から膨らみ始める。
 2 var. hillii Masters (F.M.Baileyの記述もある)
 (D.hillii Hook. non F.Muell) ) 名前はWalter Hillに因む。バルブ茎はvar. speciosumより長く、1m長までになる。普通はまっすぐで全体的に少し茎が細い。栽培では滅多に45㎝長以上にならない。花は花序で込み1.5から3㎝茎まで変化がある。40㎝の花序に100以上の花をつけることはよくある。花はたいてい白色か淡いクリーム色。セパルとペタルは基準変種より細い。リップはvar. speciosum と var.grandiflorum より小さい。葉は革質で30cm長、花茎は45ー60cmで少し小さい白い花を密につける。 オオダイミンセッコクはこの変種をいう。
3 var. grandiflorum F.M.Bail
 (D.speciosum var. hillii F.M.Bail. forma grandiflorum (F.M.Bail.) F.M.Bail., D.speciosum forma grandiflorum (F.M.Bail.) H.G.Reichb.) 名前は大きな花の意。バルブ茎は約60㎝までで、かなり細くvar. hillii に似ている。葉はvar.hillii より長く広い。
4 var. capricornicum Clemesha
 名前は、分布が南回帰線(Tropic Capricon)に近いことによる。var.grandiflorum に似ているが全体が小さい。バルブ茎は7-25㎝長、頂部に向けて少し細まる。花序は36㎝長で35まであるいはそれ以上の花をつけ、白色でリップには紫色の斑点がある。
5 var. curvicaule F.M.Bail
 名前はcurvi~弓形に曲がったの意とcaulis~茎の意からきている。バルブ茎は7-100㎝長、形に変化があり、基部が狭く頂部が最も広い~植物体が太いというより広いというまである。曲がったバルブ茎からずんぐりしたまっすぐの茎まである。花序は約20-35㎝長、花は約15日続き、クリーム色~白色まで、短い広いセパルである。リップは紫色の斑点があるがかなり変化があり、中央裂片は側片から離れていて短い首がある。
6 var. pendunculatum Clemesha
 名前は長くて非常に堅い花茎の意。バルブ茎は5-16㎝長だがたいていは約7㎝で、円錐形で矮小である。花序は直立し、花は花序の上部で込み合っている。茎、花序、つぼみ、ときにはセパルも濃パープルの色が付く。果実は濃パープル。日が十分当たる岩肌に生育する。
*var. fusiforme F.M.Bailey (D.jonesii Rendleと同種。))
*var. bancroftianum H.G.Reichb. (D.jonesii Rendleと同種。)
*var. nitidum F.M.Bail. (D.x delicatum (F.M.Bail.)F.M.Bail.と同種。)
*var. delicatum F.M.Bail. (D.x delicatum (F.M.Bail.)F.M.Bail.に改名された。)
1035 spectabile (Blume) Miq. 1885 異名/Latourea spectabilis Bl. 1850, D.tigrinum Rolfe ex Hemsley 1891, Latourorchis spectabile (Bl.) Brieger 1981
ラトゥーレア節のspectabileグループ。ニューギニア、ソロモン諸島の低地~低山に分布。D.atroviolaceumの仲間。バルブは8節で、長さ60cmで基部は球形に膨らむが上部は棒状で5葉をつける。葉は革質。花茎は葉よりも下の節に生じ、長さ30cmでまばらに数花をつける。クリーム色地に茶色の筋が入り、リップ茶色。花弁がねじれる面白い大輪花。大形で、花が咲くと1mにもなる。花保良好、冬咲。高温、粗い植込材で、冬の最低温度12℃。
+ spectabilis (D.spectabile (Blume) Miq.の異名のLatourea spectabilis Bl.との関係?)
1036 spectatissimum Reichb.f. (D.speciosissimum Rolfe, D.reticulatum J.J. Smith)
フォーモサエ節 ボルネオ北部のキナバル山に特有の種と思われる。ボルネオの種でもっとも美しく、また、この節の中でも一番美しいとされる。バルブは細く立生で40㎝長までになる。茎も黒毛で覆われる。花序は茎の頂部近くから生じ、1-2花つける。花保6週間まで、有香。花は白色で紙質で7-10㎝径。セパルの背中に隆条がある。ペタルは大きく丸く、最初反り、後平開する。リップは3裂し中央に赤色の帯があり、先に向かって黄色になる。自生地でも希少だが、キュー植物園で1つのカプセルから増殖された。
1037 speculigerum Schlechter スラウェシに分布。
* speculum J.J.Smith (現在はEpigeneium speculum (J.J.Smith)Summerhayesの異名とされている。)
+ spedioglossum Reichb.f. neworchids67のspedioglossum Reichb.f.はD.spegidoglossum Reichb.f.の誤りと思われる。
1038 spegidoglossum Reichb.f. (ときどきD.sphegidiglossumとかsphegidglossumとかsphegidoglossumとつづられる。一般的にD.exsculptum Teijsm. and Binn.とD.flavidulum Rindley ex Hooker f.を異名に含んでいる。いくつかのレファレンスはD.spedioglossumをD.stuposum Lindleyの異名としているが、Seidenfadenはその植物は別の種と述べている。)
東南アジアに分布。
1039 sphenochilum F.Mueller and Kranzlin パプアニューギニアに分布。
* spinescens Lindley (現在はPseuderia folisa (Brogniart)Schlechterの異名とされている。)
1040 spurium (Bl.)J.J.Sm. (Dendrocolla spuria Blume, D.euphlebium Rchb.f. ex Lindley, D.unguiculatum Teijsm. and Binn.)
フィリッピン、ボルネオ、ジャワ、ニューギニア、スマトラ、シンガポール、マラヤに分布。
* squalens Lindley (現在はMaxillaria (Xylobium?)squalens Lindleyの異名とされている。)
1041 squamiferum J.J.Smith (KranzlinはD.squamiferumをD.melanostictum Schlechterの異名に含めたが、J.J.Smithは同意しなかった。)
イリアンジャヤに分布。
1042 squarrosum J.J.Smith ボルネオに分布。
* statterianum Hort. ex O’Brien (Clementsによればこれは無効な名前である。彼は、この名前はD.striaenopsis M.Clementsの植物のために使われていたと提議した、そしてD.JonesはむしろD.bigibbum Lindleyの植物に一般的にしめられている。)
* ×statterianum (Sander)Rolfe (D.statterianumと同種。Kewensisのインデックスでは、おそらくD.bigibbum LindleyとD.phalaenopsis Fitzgeraldとの自然交雑種としてリストされている。)
1043 steatoglossum Rchb.f. ニューカレドニアに分布。
+ stebiloceras Reichb.f. (10)に名前だけ登場する。
1044 steinii J.J.Smith ニューギニアに分布。
1045 stelidiiferum J.J.Smith スマトラに分布。
* stella-silvae (Loher.& Kranzl)Ames. (現在はEpigeneium stella-silvae (Loher.& Kranzl)Summerhayesの異名とされている。)
* stelliferum J.J.Smith (現在はDiplocaulobium stelliferum (J.J.Smith)A.Hawkesの異名とされている。)
* stenocentrum Schlechter (現在はCadetia stenocentrum (Schlechter)Schlechterの異名とされている。)
* stenoglossum Gagnepain (現在はFlickingeria stenoglossa (Gagnepain)Seidenfadenの異名とされている。)
1046 stenophyllum Schlechter パプアニューギニアに分布。
* stenophyton Schlechter (現在はDiplocaulobium stenophyton (Schlechter)Hunt and Summerhayesの異名とされている。しかしながら、Kranzlinはこの植物をDiplocaulobium arachneとして記述し、しかしSchlechterがKranzlinの種をD.stenophytonに移した。)
1047 stictanthum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
1048 stolleanum Schlechter パプアニューギニアに分布。
1049 stratiotes Reichb.f. (D.strebloceras Reichb.f.var. rossianum Reichb.f.)
スパチュラータ節、モルッカ諸島のハルマヘラ島・モロタイ島、スンダ諸島、スラウェシ島に分布。バルブは完成するまで2-3年にわたり育ち、草丈2mにも達する大形種。同じバルブに数年間咲く。花は大きく8-10㎝径、セパルは白色、ペタルは長くねじれながら直立し黄緑色、リップは3裂し白色でスミレ色の筋がある。花保良好3ヶ月。有香。主に初夏咲。明るく、湿度、通風下で年に1回以上の花が咲く。冬の最低温度15℃。
1050 straussianum Schlechter ビスマルク諸島のニューアイルランドに分布。
1051 strebloceras Reichb.f. (D.dammerboeri J.J.Smith)
スパチュラータ節、モルッカ諸島のハルマヘラ島に分布。バルブは棒状で上部はやや細まり、高さ50-150cm。各節につく葉は長楕円形、長さ10cm、肉厚で硬い。花茎はバルブの上部の節から横に伸び、長さ30-40cm、10-15花つける。。花は径5cm、黄褐色の細弁花でセパルは反転するケーンタイプ。ペタルは長さ4cmで細く直立してよれる。リップは白色で5本の紫色竜骨状突起がある。D.stratiotes に似て、栽培条件は同じ。花保良好(1カ月)。有香。秋咲。高温性。neworchids67のD.tangerineは異名の記述は疑問。
var. rossianum Reichb.f. (D.stratiotes Reichb.f. と同種。)
1052 strepsiceros J.J.Smith スパチュラータ節、西ニューギニア、モルッカ諸島のバチャン島に分布。
1053 striaenopsis M.Clements and D.Jones (D.bigibbum Lindley subsp. laratensis Clemesha, D.bigibbum var.albomarginatum Linden not F.M.Bailey, D.bigibbum var.albopurpuratum Hort., D.phalaenopsis Fitzgerald var.schroderianum Hort. ex Masters)
イリアンジャヤの南西のタニンバル諸島に分布。
1054 striatellum Carr マラヤの北部に分布。
1055 striatiflorum J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* striatum Griffith (現在はBulbophyllum striatum Rchb.f.の異名とされている。)
* striatum Hort. (D.obrienianum Kranzlinと同種。)
1056 stricklandianum Reichb.f. (D.tosaense Makino)
(D.perefaurie Hay.)
日本、沖縄諸島、台湾、中国に分布。花は3㎝径まで、緑色又は黄緑色で、リップはクリーム色で紫色の筋がありディスクに3つ程度の濃紫色の線がある。
* strictum Ridley (D.subclausum Rolfeと同種。)
* strigosum Schlechter (D.tetraedre (Blume)Lindleyと同種。)
1057 striolatum Reichb.f. (D.teretifolium Lindl. non R.Br., D.milliganii F.Muell., Callista striolata (Rchb.f.) O.Ktze)
(D.schoeninum Lindl. の記述もある・(9))
リゾビウム節、オーストラリアに分布;1000mまでの日当たりの良い場所。 根茎は枝分かれし5-50cmになる。葉は円柱形で浅い溝があり、長さ4-11cm、太さ2-3㎜。花茎は葉とほぼ同じ長さで、1-2花をつける。花はクリーム色で、基部に紫色の筋が入る。リップは白色で先半分は下向きに反る。 秋咲。有香。板栽培がよく、最も暑い月は十分な水と夕方のミストをする。最低温度1℃。
*var. beckleri (F.Muell.) F.M.Bail. (D.schoeninum Lindleyと同種。)
* striolatum F.M.Bail. non Reichb.f. (D.schoeninum Lindleyと同種。)
1058 strongylanthum Reichb.f. (D.ctenoglossom Schlechter)
タイの北西部、ビルマの北部、中国の雲南に分布。
1059 stuartii F.M.Bail. (D.whiteanum Hunt)
(D.tetrodon Rchb.f. ex Lindl., D.viridicatum)
* stueberi Hort. (D.lasianthera J.J.Smithと同種。)
* stueberi Stilber ex Zurow (D.lasianthera J.J.Smithと同種。)
1060 stuposum Lindley (ときどき著者はD.sphegidiglossum(spegidoglossum,sphegidglossum)Rchb.f.をD.stuposumの異名に含めるが、Seidenfadenはこの植物を別の種と見なしている。)
インド、ビルマ、タイ、中国に分布。
1061 suaveolens Kranzlin not Schlechter イリアンジャヤに分布。
+ suavissima (D.suavissimum Reichb.f.と同種と思われる)
* suavissimum Reichb.f. (D.chrysotoxum Lindleyと同種。)
1062 subacaule [Reinwardt ex]Lindley (D.begoniicarpum J.J.Smith, D.tricostatum Schlte, D.oreocharis Schltr, D.begoniicarpum J.J.Smith var. parviflorum J.J.Smith, D.junzaingense J.J.Smith)
オクシグロッスム節 モッルッカス、ニューギニア、ソロモン諸島に分布。
* subacaule sensu Kranzlin (D.puniceum Ridleyと同種。)
* subarticulatum Teijsm. and Binn. (D.connatum (Blume)Lindleyと同種。)
1063 subbilobatum Schlechter パプアニューギニアに分布。
1064 subclausum Rolfe (D.dichroma,D.mitriferum,D.phrox Schltr. (5) )
(J.J.Woodは、D.subclausumを4つの変種に分けている。①var. subclausum、②var. pandanicola J.J.Wood、③var. phlox(Schlechter) J.J.Wood、④var. speciosum J.J.Wood
③には、D.phrox Schltr.を含め、1200-1300mに生息する。①には、D.angiense J.J.Smith(ときにはD.argienseとつづられる。)を含めている。名前はAngi Lakeに因んだもの。他の異名は、D.aurantiflavum P.van Royen、D.calyptratum J.J.Smith、D.dichroma Schlechter、D.flammula Schlechter、D.fruticicola J.J.Smith、D.infractum J.J.Smith、D.mitriferum J.J.Smith、D.mitriferum J.J.Smith var. alpinum J.J.Smith、D.paspalifolium J.J.Smith、D.riparium J.J.Smith、D.strictum Ridley これらは、約2000mのところから発見されたものであるが、D.infractumは2950m、D.aurantiflavumとD.mitriferum var.alpinum は3120-3200m、D.paspalifoliumは2500m、D.strictumは1140-3150mから採集された。)
カリプトロキルス節の代表的なもの。モルッカ諸島と北パプアニューギニアに分布する。ニューギニアでは600-3,200mに生育する。形態の変化が多い。たいていは低地にあるものは高い樹木着生して下垂するが、高地にあるものは、岩とか地上に自生していて直立したバルブもある。たいていは細いバルブで30-100㎝だが、日本で栽培すると50cm位にしかならない。葉は新バルブの節につき、長楕円形、革質、長さ4-10cm、幅1㎝。葉の落ちたバルブの節からごく短い花茎を出し、房状に4-10花つける。各節一斉に咲かず、3-4年前のバルブにもつく。1.5-2.5cm径(var.speciosum は3-4cm径)。花はたいてい2色花で、オレンジ色と黄色又は赤色と黄色だが、単色の黄色、オレンジ色、赤っぽいピンク色のこともあり変化が多い。平開せず、筒状花。花保良好(2-3か月)。不定期咲だが主に冬咲。光は2500-3500。温度は年間を通じて昼の平均22-24℃、夜の平均11-13℃。夏期は涼しいところを確保する。水は年間を通じて乾かさない。「栽培はD.lawesiiに準じ、強健種」との記述もあるが実際は栽培は難しい。 
① var. subclausum は、花は3㎝長以下で、セパルとペタルは広がっていて、葉鞘はなめらか又はいぼがあるが、毛は生えていない。たいていは2色花で、赤色花は先が黄色である。標準的温度よりいくらか高めの方がよい。
② var. pandanicola は、緑色のつぼみは開いてから明るい黄色又はレモン-黄色になる。よく茂った株はジグザグで、非常に分枝し、乾くと茎は黄色で筋っぽくなる。この変種はたいていPandanaceaeの樹上に着生している。中温が必要。
③ var. phlox は、花は3㎝長以下で、セパルとペタルは広がっていて、落葉性の葉鞘はいぼ状の毛がある。成熟した茎は黄色。花は燃えるような色(赤色)である。
④ var. speciosum は、花は3-4㎝長で、セパルとペタルは明瞭に反り返っている。落葉しない葉鞘はこぶ又はいぼで覆われている。セパルとペタルの上部は黄金色で、下部はオレンジ色から赤色である。この変種は希少である。
異名のD.phroxはフロックス属(クサキョウチクトウ)の意。
D.phrox Schltr. var flarum 花色のレモン黄色が鮮やかで美しい。
1065 subelobatum J.J.Smith not D.sublobatum J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
* suberectum (Ridley)Masamune (現在はCadetia subfalcata (J.J.Smith)Schlechterの異名とされている。)
1066 subflavidum Ridl. (D.choroleucum Ridley)
マラヤに分布。
* subhastatum J.J.Smith (正しくは移されなかったが、Schlechterはこの植物をCadetia subhastata (J.J.Smith) Schlechterの異名と見なしている。)
* sublobatum J.J.Smith (現在はDiplocaulobium sublobatum (J.J.Smith)Hunt and Summerhayesの異名とされている。)
1067 subpandifolium J.J.Smith スマトラの南東海岸沖のバングカ島に分布。
1068 subpetiolatum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
1069 subquadratum J.J.Sm. ラトゥーレア節のpunamenseグループ。ニューギニアに分布。
* subradiatum J.J.Smith (Schlechterはこの植物をCadetia subradiata (J.J.Smith)Schlechterの異名と見なした。)
1070 subretusum J.J.Smith (Cadetia imitans Schlechter :Cadetiaは現在は何人かの植物学者により有効な属とされているので、この植物は再びCadetiaかも知れない。)
パプアニューギニアに分布。
1071 subserratum Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
* subsessile Gagnepain (しばしばD.indochinese A.Hawkes and A.H.Hellerの異名にリストされるが、1982年にSeidenfadenはこの名前をEria corneriの異名とした。)
1072 subsessile Schlechter パプアニューギニアの北部に分布。
* subteres Lindley (D.acerosum Lindleyと同種。)
* subterrestre Gagnepain (1982年にSeidenfadenは、D.subterrestreはEria bractescens Lindleyの異名であると述べた。)
1073 subtricostatum J.J.Smith イリアンジャヤに分布。
1074 sublatoides Schlechter ボルネオのサラワクに分布。
* subulatum Hooker f. (D.subulatum (Blume)Lindleyと同種。)
1075 subulatum (Bl.)Lindley (Onychium subulatum Blume, D.subulatum Hooker f. :RidleyはPodochilus bicolor Miquelを異名に含めた。)
マレーシア、ジャバ、スマトラ、ボルネオ D.acerosumに似ている。バルブは20cmの小型種。バルブは細く下半分に葉をつける。花は上部の節から出て1輪ずつつけ、一斉に開花する。花命短い(2-3日)。花は淡黄白色。初夏咲。中高温性。
1076 subuliferum J.J.Smith (D.subuliferum J.J.Smith var. gautierense J.J.Smith )
オクシグロッスム節、ニューギニアに分布。草丈6-8㎝。ペタル7㎜、セパル5㎜の花を5㎜長の花茎1本に1-2輪咲かせる。花は白色で、コラムの先端部が紫色。株に比較して大きな花を付ける。極小型種。 無香。8-10月咲。夏は涼しく水を切らさないこと。花保良好。
* ×suffusum Cady (D.kingianum Bidwell ex LindleyとD.macropus (Endl.)Rchb.f. ex Lindley subsp. gracilicaule (F.Mueller)P.S.Green (D.gracilicaule F.Mueller)との自然交雑種。)
1077 sukuhakulii Den.capillipes var. elegansと呼ばれていた。ベトナムに分布。栽培は容易。夏期は風通しのよいところで吊って栽培するとよい。
1078 sulcatum Lindley カリスタ節、種形容語は溝があるの語意。ヒマラヤ、ミャンマー、タイに分布。巾3㎝、厚さ5mmの偏平なバルブで10-30㎝。葉は6-12㎝、幅5㎝、上部に2-4枚つける。花茎はバルブの上部の節から出て、5-15㎝、径3㎝の花を10-20輪つける。オレンジ黄色の花を房状に着花。リップは筒状に巻いてずい柱を包んで、赤褐色の筋が有る。プラティカウロン節のD.lamellatum に草姿は似ているが花は似てない。冬-初夏咲。花命短い。中温性。
* sulphuratum Ridley (現在はEpigeneium zebrinum (J.J.Smith)Summerhayesの異名とされている。)
1079 sulphureum Schltr. var. sulphureum
 var. rigidifolium T.M.Reeve & P.Woods
var. cellulosum (J.J.Sm.) T.M.Reeve & P.Woods
(D.cellulosum J.J.Sm.)
1080 sumatranum A.Hawkes and A.H.Heller (D.cultriforme J.J.Smith not Thouaras)
スマトラに分布。
1081 summerhayesianum A.Hawkes and A.H.Heller (D.pictum Schlechter)
ニューギニアに分布。
* sumneri F.Muell. (D.bigibbum Lindley bubsp. bigibbum var. bigibbumと同種。)
1082 superans J.J.Smith スラウェシに分布。
1083 x superbiens Reichb.f. (D. goldiei H.G.Reichb., D.bigibum Lindley var. superbiens (H.G.Reichb.) F.M.Bail., D.fitzgeraldii F.Muell. ex F.M.Bail., D.bigibum Lindley var. albomarginatum F.M.Bail., D.x vinicolor St. Cloud))
名は気高いの意。オーストラリア、ニューギニアに分布する。D.bigibbum とD.discolor との自然交雑種。バルブは120cm長までになる。硬直。茎の上半分につく葉は長楕円形、革質、長さ10cm。花序はバルブの上部から直立またはアーチ状に伸び、長さ40cm。花を10-25輪つける。花の色は淡いピンク色から濃い藤紫色まで、ときに縁が白色となる。花被片は反転する。花弁はややねじれ反転する。リップは濃紫色で先は少し尖る。花径約4.5-5㎝、平開する。同じバルブに数年花をつける。花保良好。主に夏~初冬咲。高温性。成長期には強光、十分な空気の動き、十分な湿度、水が必要。冬は休ませる。冬の最低温度12度。
var. superba 花保良好。美花。
* superbiens Fitzgerald (D.×superbiens Rchb.f.と同種。)
* superbum Reichb.f. (D.anosmum Lindl. と同種。)
1084 sutepense Rolfe.et Downis フォーモサエ節、タイに分布。バルブは20-35cm。細い棒状で直立する。花はバルブの上半分の節に、白色でろう質の花を2-3輪つける。リップは3裂し、黄色にオレンジ色の筋が入る。有香(微)。春咲。中温性。
1085 swartzii A.Hawkes and A.H.Heller オリジナルはD.lilacinum Rchb.f. not Teijsm. and Binn.として記述された。ボルネオに産する。
* sylvanum Kranzlin not Reichb.f. (D.tokai Rchb.f.と同種。)
1086 sylvanum Reichb.f. not Kranzlin (D.cogniauxianum Kraenzl., D.prionochilum F.Muell. & Kraenzl., D.robustrum Rolfe, D.validym Schltr., D.warianum Schltr., ?D.kennedyi Schltr.)
スパチュラータ節、ニューギニア、ニューアイルランド、ソロモン諸島、そしておそらくニューカレドニアとサモアに分布。茎は50-122㎝長で、葉が多く、先が細まる。花序は茎の頂部近くに生じ、25-50㎝長。花は魅力的で、密に整列している。1花序に15-40花で、6㎝長、全開はしない。
1087 sylvanum ニューカレドニアに分布。D.sylvanum Reichb.f.や D.sylvanum Kranzlinとは異なるようだ。
+ sylvianum おそらく、D.sylvanum Reichb.f.の誤りと思われる。

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X Y Z Tp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント