Yで始まるデンドロビウムの原種

Yで始まるデンドロビウム

YellowSongRhythm.jpg
Dendrobium Yellow Song 'Rhythm'

デンドロビウムの原種の正名とされる1232種、異名を含めて2000種以上の種について、把握できるものすべてをまとめました。
データが大きいので、種形容名の先頭文字ごとにページを分割して、リンク形式でこのブログが構成されています。
このページは、種形容語のイニシャルがYのデンドロビウムについて書いています。

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X Y Z Tp

番号 種名 Dendrobium 説明
1228 yeageri Ames.& Quis. フィリッピン諸島に分布。バルブは20-50㎝長。下垂性の茎は細く、かたまりになり、めったに枝がでない。花序は短く、2-6花つく。目立つ花は広がったときは3-4㎝径。セパルとペタルは細く長楕円形。セグメントは先がラベンダー-バイオレット色で、基部は濃バイオレット-紫色で濃紫色の筋がある。リップは長楕円形で、リップは裂せず、スムーズで広く、先は鈍頭。花はD.victoriae-reginaeに近い関係だが、色のパターンが逆で、リップにはカルスがない。無香。光は2000-2500。温度は年間を通じて昼の平均23-27℃、夜の平均15-18℃。水は生育期は水分を保つが秋には徐々に減らす。
* ×yengiliense T.M.Reeve (現在はD.alaticaulinum P.van RoyenとD.leucocyanum T.M.Reeveとの交雑とされている。)
+ yokosinsis ニューギニアに分布。バルブは細く7㎝長。葉は極小型で約5㎜。バルブ頂部に美しい朱赤色の大きな花を1つつける。花保長く冬咲き。
1229 ypsilon Seid. タイ南西部に分布。バルブは5-13㎝長で、緑色の茎はなめらかなサボテンの葉に似ている。広く非常に細く平たくい。花序は短く1―3花つく。花は2㎝径まで。黄色でオレンジ色が入る。小さいペタルは先近くが最も広く、縁に沿って平らでなく細かい歯状になっている。側セパルは広く三角形になっている。Y形のリップは広い先がそった平らでない縁になっている。光は2000-3000。温度は年間を通じて昼の平均28-33℃、夜の平均20-22℃。水は春から秋は十分に与えるが水やり間は少し乾いても良い。
Seidenfadenは、植物的にはD.ypsilonはD.lamellatum (Blume) Lindleyと区別できないとしている。上記の植物的情報は後者に基づいている。
* yunnanense Finet (D.moniliforme (Linn.) Swartzと同種。)
(中国産石斛ともいわれる)

以下の表のイニシャル・クリックで種形容語のページにリンクします。
「Tp」は、デンドロビウム全体のトップにリンクします。
A B C D E F G H J K L M
N O P Q S T U V W X Y Z Tp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント