除夜の鐘とピタゴラス

1 除夜の鐘は108回 毎年、大晦日(12月31日)の深夜0時をはさんで除夜の鐘がつかれまね。 といっても、私は回数を数えたことが1度もないのですが、108回つかれるとのことです。 なぜ108回なのかについては、諸説ありますが、一応以下に列挙しておきます。 ■除夜の鐘の108回の理由 ① 六根ろっこん説 6つの感覚×3つの良し悪し×2つの感情×3つの時=108 ② 十纏じってん九…

続きを読む

心のAIプログラムのアップデートを忘れずに

人生が上手く行っていないように思える時期は誰にでもある。しかし、あまりにもひんぱんにそういう経験をするなら、・・・ (以下略)上手く行っている人の考え方(完全版)ジェリー・ミンチントン著 P171「69 心の持ち方を変える」 この本の引用部分のページを読んでいて、インスピレーションしたことを書きたいと思います。 「上手く行っている人の考え方」で気づいたこと 「上手く行っていな…

続きを読む

リニューアル後の使い方の情報一覧

色々出ている情報を取りまとめ リニューアルに伴い、変更になった点や問い合わせが多い事項などを、一つに取りまとめました。 新しい情報があればその都度、追加しています。 2019/12/02に項目9を追加し、1~8の「修正済・対応中・検討中」のものは全て項目9に移動しました。 (内容は2019/12/27現在) 以下のブログ記事の構成は、 <1 容量・文字数・対応ファイル> <2 …

続きを読む

3種類の虚数の関係

先日「四元数の概念を(ほんの一部だけ)実体験」の記事の中で、四元数の重要な定義として「2 = j2 = k2 =i j k = - 1」になっている。 その理由は「最も基本的な定義なので、そういうものだと追及は諦めてください。」と書いたのですが、実は私はその後もなぜなんだろうと考えていました。 本日は、その3種類の虚数について、もう少し掘り下げてみたいと思います。 1 …

続きを読む

西暦から暗算で干支を知る方法

今年も早12月になり、時の流れの速さを実感するようになりました。 12月と言えば、年賀状の用意ですね。 来年は、「子」か・・・。 ところで、西暦の干支の関係はどうなっているのか、ふと疑問に感じました。 1 今年は何年? 分かりやすく書かれた数式関係の本に、西暦からの干支の計算方法が書かれていました。 (西暦+9)÷12 のあまりの番号がその年の干支。割りきれたら1…

続きを読む