Instagramをブログへ埋め込み方法

hipster-traveler-with-backpack-and-taking-photo_800.jpg
先日、ツイートをブログ記事に埋め込む方法を紹介しました。

今回は、インスタグラムをブログに埋め込む方法を紹介します。



1 Instagramをブログに埋め込む
基本的には次の3ステップで埋め込みが出来ます。
① パソコンからInstagramを開き、目的の画像・動画を表示
② 画像の右上の「…」をクリック
③ 埋め込みのボタンから、埋め込みコードをコピー・(ブログに)貼り付け
では、以下に説明します。

① パソコンからInstagramを開き、目的の画像・動画を表示します。
inst01.JPG
たまたま開いたら、この画像が表示されていましたので、この画像を事例に説明します。
「lenore.won」さんの画像を使わせていただきます。よろしくね。


② 画像右上の「…」アイコンをクリックすると、ポップアップの選択画面が表示されます。
下から2番目の「埋め込み」をクリックします。
inst02.JPG


③-1 すると、次の画面にかわるので、「埋め込みコードをコピー」をクリックしてください。
inst03.JPG


③-2 なお、上の画面の時に、投稿の写真だけを埋め込みたい場合は、
「キャプションを追加」のチェックを外してから「埋め込みコードをコピー」をクリック
してください。

下の画面でコピーですね。
これで、Instagramでの作業は終わりです、あとは自分のブログに貼り付けて埋め込み完了です。
inst04.JPG

※「キャプションを追加」のチェックを外さない場合は、Instagramに画像や動画を投稿する際にその投稿内容について説明するための文章」(画像の説明やハッシュタグやコメントのやり取りなど)の情報も一緒にコピーされます。



2 Instagramをブログに埋め込み完了
次の画面が、Instagramの画像を埋め込んだ結果です。



埋め込んだ上の画面の機能は全て有効なので、各種のアイコンなどをクリックすると、それに関連する画面になります。
例:「Instagramでもっと見る」をクリックすると、この方の作品のすべてを見ることが出来ます。
(「プロフィールを見る」や「名前」や左上の「プロフィール画像」も同じ効果のようです。)
動画も「項目1」と同じ手順で埋め込みできます。



3 スマホからだと埋め込み出来ない
試しにスマホからやってみましたが、画像の右上の「…」をクリックしても「埋め込み」の文字が表示されません。
どうやら、無理のようですね。

IMG_7756.PNG


今回は、Instagramをブログに埋め込む方法を説明しました。
インスタ映えお言葉のように、素敵な画像が多いので、食べ物・風景・街並み・動植物関係など利用させていただくのもいいかも知れませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ジュン

    うふふ失礼いたしました
    そうですね出来ないではなく
    使う機会があるかでした
    機会があるときはしっかり使わせていただきます
    2020年02月09日 11:09
  • わけい

    ジュンさんへ
    コメントどうもありがとうございます。
    そうですね、使う機会ですね。
    機会は待つだけだと、おそらく向こうからはやってこないと思いますので、ある程度は出かけてみる気持ちも必要かもしれないですね。(と、ジュンさんを誘っています。)
    2020年02月09日 22:40