楽譜のPDFファイルを編集してコードを付ける方法

pdf-47199_1280.png
Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

PDFファイルを修正したりしたいことがありませんか。
OneDriveのDocumentを利用することで、それが出来ます。
今回は、実際に行った例と、歌詞にコードを書き込む際の便利な方法を紹介します。



1 これだけ見ると単なるPDFファイルですが





2 ここに至るまでのマイ・ウェイ
1の事項のPDFファイルをアップするまでの過程を以下に記します。


① Webページのマイウェイの歌詞とコードがコピーできない。→キャプチャーする。
② 画像処理ソフトで、複数枚のキャプチャー画像をつなぎ合わせ、トリミング・合成し1枚の画像にする。

③ 出来上がった画像をPDFファイルで保存する。
④ GoogleDriveにアップして、PDF→テキスト文書に変換する。

⑤ コードを書き加え完成。(と思ったのですが)
⑥ GoogleDriveからブログに埋め込むとコードの位置がずれる。(失敗でした)

⑦ Wordで読み込みコードをふりがなとして入力する。(別の方法をやってみる)
※ GoogleDriveもOneDriveもふりがな入力の機能なし。
⑧ PDFファイルに変換し、OneDriveにアップする。(これはいい)

⑨ OneDrive上からPDFファイルととしてブログに埋め込みする。(成功)

ここで、注目していただきたいのは、
Ⅰ キャプチャ画像をPDFファイルに変換し、GoogleDriveにアップしてテキスト文書に変換して修正作業をしていること。

Ⅱ 歌詞にコードを書き入れる際に、ふりがな機能を使っていること。
このやり方は、色々な場面で使えると思います。



3 ポール・アンカのマイ・ウェイ
マイ・ウェイは有名な曲なので、ご存知の方が多いと思いますが、本家のポールアンカの画像をアップしておきます。



若い時のポール・アンカのマイ・ウェイ(40秒から始まる)



4 エルビス・プレスリーのマイ・ウェイ
エルビス・プレスリーも歌っていますが、かなりフランクシナトラバージョンに近いです。
※フランク・シナトラも後期にはポール・アンカ風に歌っています。でも、日本人歌手は現在でも初期のフランク・シナトラ風に歌っています。




5 ジプシーキングスのマイ・ウェイ
フラメンコ風だと、こんな歌い方になるのですね、これもいい感じです。




6 マイ・ウェイの日本語訳
現在、日本で知られているマイ・ウェイの歌詞はかなり意訳されて原曲とは離れているようですので、ポールアンカの動画で流れていた訳詞を以下にまとめました。


ポールアンカ作詞、 ルヴォー作曲

(そして)今、終わりが近づこうとしている
私は最後の幕と向き合う
友よ、はっき言おう
確信をしていることを言っておきたい
満ち足りた人生だ
あらゆる人生の岐路を私は旅した
でも、それ以上に私はやってきた
自分のやり方で

私にも後悔したことも少しはある
話すほどもない
でも、やるべきことはやってきた
逃げることもなく私は直視した
自分のやるべき道に計画を立てた
横道でも歩調は乱さなかった
でも、それ以上に私はやってきた
自分のやり方で


私にも時代があった、分かるだろう
力量以上のことにも手を出した
だが不安があってもやり通してきた
受け入れてから負けを認めた
いつでも堂々と立ち向かってきた
自分のやり方で


恋をしたこともある、笑いもあった
喪失感も経験した
今は涙もどこかに消え去って
全てが楽しい思い出だ
自分のやって来た道を思い返してみる
物怖じなんてしなかった
そんなの私らしくない
自分らしくやった


何を得てきたんだろう
自分以外のものは何も得ていない
思うままのことを言えばいい
借り物の言葉ならば使う必要はない
振り返ればいつだって闘ってきた
自分のやり方で
自分のやり方で



7 原曲はシャンソン
マイ・ウェイの原曲の仏の曲Comme d'habitudeです。


Comme d'habitude Claude François


Comme d'habitude (いつものようにの訳)

僕は起きるて君を起こそうとする
いつものように起きない
君の上に再びシーツをかける
いつものように寒くないか心配で

手で君の髪をなでる
いつものように知らんふり
でも君は背を向ける いつものように

だから僕はすばやく洋服を着て
いつものように寝室を出る
一人でコーヒーを飲む
いつものように僕は遅刻する
そっと家を出る
いつものように外はどこも灰色
寒い 襟をたてる いつものように

(以下略)
どこにでもありそうな、日常の様子を歌った曲ですね。


上の原曲は1967年のクロード・フランソワのフランス語の歌「Comme d'habitude」(いつものように)(作詞:クロード・フランソワ、ジル・ティボ 作曲:クロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー)です。
この曲をもとにポール・アンカが新たに英語の詞を書き、1969年にフランク・シナトラの曲として発売され、ヒットしました。

ポール・アンカは、1967年のフランス人歌手クロード・フランソワのシャンソン「Comme d'habitude」を聞き、(後の話では・・・いまいちのレコードだと思ったけど、何かを感じ)曲の権利交渉の末、無償で権利を得た。
2年後にフランク・シナトラと食事をした際、当時シナトラは自分の嫌いなポップ・ソングにうんざりしていたらしい。
そこで、ポール・アンカは、元のフランス語の曲のメロディーを微妙に変更して、シナトラのために歌詞を書き、マイウェイが出来上がった。
マイウェイの作詞をクロード・フランソワ、ジル・ティボと紹介している記事をときたま見ますが、ポール・アンカは原作とは無関係に新たに詞を書いていますのでマイウェイの作詞はポール・アンカということになります。





今回は、① PDFファイルを修正したりしたいときに、OneDriveのDocumentを利用するとそれが出来る。
また、② 歌詞にコードを書き込む際の便利な方法を紹介しますた。

扱ったPDFファイルがマイ・ウェイだったので、それに関連してポール・アンカなどの動画と原曲の話に関してふれました。

まだCDが無かった時代ですが、ポール・アンカのマイ・ウェイを聴き、探しに探し、ディナーショーで歌ったマイウェイが入ったレコード・アルバムを購入し、何度も聞きましたが、現在は再生装置が手元にないので聴けないのがとても残念です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 59

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    「画像をPDFファイルに変換し
    GoogleDriveにアップして
    テキスト文書に変換」
    これができると私は随分助かります。
    2020年03月11日 19:46
  • わけい

    torさんへ
    コメントどうもありがとうございます。
    ①PDFをテキストに変換するのに、専用のアプリが不要なのが有難いです。なお、小さい文字だと変換の精度が落ちるので、拡大してからPDFファイルにすることをお勧めします。
    ②torさんは使わないと思いますが、私は結構、歌詞にコードを書き入れたりすることが多いのですが、空白文字を多用して位置を決めているせいか印刷すると位置がずれたり不都合なことが多かったです。
    それが、ふりがな機能を使うことで位置決めがピッタリできるので、思わぬ発見に喜んでいます。
    ※このやり方は、Wordだけでなく、HTMLでもふりがな機能で、歌詞とコードの位置を合わせられることに応用できるので、(まだ1度も使っていませんが)活用してみたいと思います。
    2020年03月11日 20:56
  • フラバーバ

    マイウェイ よく耳にする曲ですし 好きな曲でも
    ありますが 歌詞は 気にしたことはなかったです。
    漠然と「これからも自分を信じて 進んでいこう」という
    歌かな と思っていましたが 原曲「いつもに様に」の
    歌詞を読んで 全く違うので 驚きました。
    歌詞の意味は どうであっても 私の 好きな曲ての一つです。 
    2020年03月12日 10:41
  • わけい

    フラバーバさんへ
    コメントどうもありがとうございます。
    暖かくなりましたね、今散歩から帰ってきました。
    マイウェイは20代の頃からよく歌っていたので、日本語訳にも複数ありますので、どれを選ぶかで歌詞と音符の関係で歌い方まで変わってくるようです。
    私は、岩谷時子さん訳の方が好きなのですが、布施明さんなど多くの方が歌っているのは片桐和子訳の方です。
    カラオケ店で歌う場合は、誰の詞(3つある)で表示される歌詞や伴奏、(著作料の配分まで)が変わってくるようです。
    単に聴く分には大きくは関係ないですが、歌う際には色々、どのバージョン、キーが何かで影響があるので結構面倒です。
    私がギター弾きながら歌うときは、いつもポールアンカの英語バージョンです。
    2020年03月12日 14:08
  • 小枝

     
      こんにちわ。

    ポール・アンカ なつかしいです♪
    若い頃の歌声から変化し晩年の彼の歌声に心響くものを感じています。
    なかでも “孤独のペインター”
    この歌が 私の琴線にふれてなりません

    https://www.youtube.com/watch?v=dZ9iRw3mrGg
    2020年03月12日 16:15