ジョンとポールのコーラスがきれいな If I Fell

if_i_fell.jpg
ビートルズの初期の曲「If I Fell」は、レコードを聴いていい曲だと思い、じゃあ歌ってみるかとやってみましたが、うまく歌えません。
出だしから音程がとれず、「なに、この曲、難しい」って長いこと封印していました。

かなりの年数が経過したので、気を取り戻して今回この曲を分析してチャレンジしてみました。


最初はこうだった If I Fell
どうやら、ジョンが録音したデモテープをポールに聞かせている感じです。
今は原石の状態ですね。

John Lennon:"If I Fell" early home demo



原石から宝石へ If I Fell

If I Fell (Remastered 2009)

デモテープの曲が、こんな風に光り輝くとは・・・ デモテープでジョンが歌っていたメロディーの多くはポールが歌っています。
とてもきれいな素晴らしいコーラスに仕上がっています。

この曲のコード進行の最初の方はとても不思議な進行なんですよ。
#2個のキーDなのに、いきなりイントロの歌始まりで
①「E♭m → D → D♭ →Bm♭ →」
②「E♭m → D → Em → A7 → D 」(→ Aメロへ)

②の「Em」から転調してやっと本来の「キーD」になっています。
①と②の部分は、Aメロ以降は2度と登場しません。

で、出だしの①は半音低い「キーD♭」の「Ⅱm → Ⅴの裏コード のⅡ♭→ Ⅰ → Ⅴ →」(→②へ)と不思議な進行です。

そして、②の最初の「D」は
①と同じ「Ⅱm → 裏コード のⅡ♭」の関係と思わせておいて・・・
実は「キーDのⅠ」であったとすぐ次で分かります。

「Em」に来たところで「キーDのⅡm」で完全にキーDであることに気付きます。

※「裏コード のⅡ♭」はクラシックの「ナポリの2」(orナポリの6)に相当します。
Aメロからの素晴らしいコーラスの説明は、次の動画で行っています。



If I Fell Vocal harmony
左側のギターを持っている方は、「Please Mr. Postman」のコーラスを解説していた人と同じですね。
Galeazzo Fruduaというようです。

右側はジョンのパートを、左側はポールのパートを歌っています。

Learn the Beatles How to Sing a cover of If I Fell Vocal harmony(0:40 start)



If I Fell cover
削除しようか迷ったのですが、とても上手なので残しておきました。

If I fell (The Beatles cover)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 74

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント