華やかな和傘

KIM150922107156_TP_V.jpg


和傘の歴史

最近は、街で和傘を見かけることはなくなりました。
和傘といえば古都のイメージが思い浮かびますが、生産の方は岐阜市周辺で国内生産の3分の2以上が作られているそうです。

和傘が庶民の間で使われるようになったのは江戸時代になってからのことらしく、明治になると洋装の広まりにつれ洋傘が普及し、戦後急速に和装から洋装へ変化すると傘も洋傘に変わってきました。

昭和10年代初期では、和傘3:洋傘1の割合で和傘の方が優勢だったようです。
私が子供の頃は、和傘、といっても地味な蛇の目傘ですが、日常生活で使っていた気がします。
それに比べ、今の和傘はおしゃれな感じですね。

江戸時代以前は、室町時代に和紙に油で防水加工、開閉可能、持ち運び可能、自分で手に持つ雨具としても広がり始めたようですが、普及するのは後の話だったようです。
そのころ田舎だった江戸では、雨具といえば「合羽かっぱ蓑笠みのがさ」だったようです。


和傘が減少したとはいうものの、ネットで検索すると、販売しているところが結構あるので、以前より大幅に減少したものの、現在でもそれなりの需要はあるようです。

和服のときは必須アイテムですが、洋装でも和傘が似合うこともあったり、和傘の登場場面も変化しているようです。

色んな場面で使われているようですが、すれ違う人が振り返るって、その気持ちよくわかります。



華やか和傘と紙吹雪

なぜ、上の項で和傘の話をしたかは、この画面を表示するための一種の導入演出だったのですね。

Canvas not supported.

このオリジナルは、CodePenでAug 2020に公開のT. Marukuboさんです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 140

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • tor

    和傘をさした素敵な女性ですね。
    「笑顔が魅力的です!」
    振り返りますよ!って・・・
    そこじゃない?(笑)
    「華やか和傘と紙吹雪」も素敵です。
    2020年09月04日 19:30
  • わけい

    torさんへ
    コメントどうもありがとうございます。

    和傘の女性は以前に何回か登場していただいた「河村友歌」さんです。(お祭りの浴衣姿)
    久しぶりに「和傘」で検索したら、再びお会い出来ました。
    「アン研究家のtorさんも思わず振り返った」って、伝えておきますね。

    本当は「和傘」が主役なんですけど、予期せぬ部分で話が盛り上がりましたね。
    2020年09月04日 19:53
  • winga

    おはようございます。
    綺麗な和傘と紙吹雪。
    最初の着物の女性も美しい。
    この女性の和傘。小さいタイプなんですか?
    それとも女性用?
    小さい頃ありましたよ、和傘。
    私が幼かったせいもあってとっても重かった記憶があります。
    誰が使っていたんだろう・・・
    2020年09月05日 10:00
  • わけい

    wingaさんへ
    コメントどうもありがとうございます。

    すみません、wingaさんの写真を無断で使用しちゃって。
    「傘が小さい」、いつも思ってたんですが女性用の傘って小さいですよね。wingaさんが見ても小さいって感じるぐらいってことは、相当小さいのですね。
    写真屋さんには、撮影用の傘があって、和服姿の撮影時のアイテムの一つらしいのですが、小さめでないと主役が目立たなくなるのかな、と思います。多分その撮影用の和傘かなと思うのですが・・・

    「幼いころあった」「誰が使ってた」・・・それはお父様が大事にしていた「馬」に決まってますね。
    2020年09月05日 12:18
  • フラバーバ

    和傘といえば 美しい庭園での 野点を思い浮かべます。
    今は 軽くて お洒落な和柄の傘が 比較的 買いやすい
    値段で 売られているので 選ぶのが楽しいです。
    でも 花吹雪をあびながら クルクル回すには
    このような 単純な柄が 美しいですね。
    2020年09月05日 16:57
  • わけい

    フラバーバさんへ
    コメントどうもありがとうございます。

    うわあ~すごいです「野点」だなんてすごい。
    写真の傘とは違って、多分大きな傘なんでしょうね。
    私はそのようなところでお茶を飲んだ経験がないのですが、多分一生無さそうですが、美味しいお茶なんでしょうね。

    2020年09月06日 20:43