不可能と思えたことも、工夫次第で可能になる

IMPOSSIBLE.PNG
画像は、I’mPOSSIBLE日本版事務局HPより



不可能を可能にする

「IMPOSSIBLE」って、「不可能」ってことですよね。
でも「不可能」を「可能」にすることが出来るのですね。

IMPOSSIBLE




I’mPOSSIBLEとは



『I’mPOSSIBLE』は、
国際パラリンピック委員会(IPC)の開発を担う機関であるアギトス財団が開発した教育プログラムで、世界中の子どもたちにパラリンピックの魅力や価値を伝え、パラリンピックムーブメントを推進することを目的としています。

パラリンピックの価値やパラリンピックスポーツの中に散りばめられた様々な工夫を通して、障害のある人に対する思い込みや先入観にとらわれない考え方を学びます。

また、実際の生活の中にあるパラリンピックの価値を考えたり、身の回りの「できない」を「できる」に変えていく工夫について考えたりすることで、子どもたちの認識を変えていきます。

そして、様々な人々がともに活き活きと暮らす社会を作るためにどのようなことができるのかを考える力を養い、子どもたちが行動を起こすことを目指しています。



    I’mPOSSIBLE日本版事務局



「I’mPOSSIBLE」という言葉は、「From impossible to I'm possible」というパラリンピックの標語に由来します。

「不可能と思えたことも、工夫次第で可能になるんだ」ということなんですね。

日本全国、世界各国の子どもたちに向けてこういった理念を広めるための活動が行われています。
その教材は国際パラリンピック委員会公認のもとに製作されましたが、その意義や価値を端的に表す言葉「I'm POSSIBLE」が教材名になっています。



「I’mPOSSIBLE」・・・「そんな英語ないよ!」と言ってる方、これはネット上で見かけますが、その方には永遠に不可能かも知れません。
現在の英語表現で使わなくても、使えば不可能が可能になることがありますが、使わなければ何も変わりませんね。


こういうことって、言葉だけでなく、文学、音楽、服装、製品、技術、制度、生活、思考、科学などすべてについていえることです。

「そんな〇〇はないよ」は、「創作、発明、新製品、新システム、新技術、新発見、新理論・・・などはないよ」と言っていることと同じ発想ですので、この世の過去にたどってきたことと、これから進もうとしていることの全てを否定していることになると思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 122

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    「I’mPOSSIBLE」なかなか良いですね。
    ちょっと工夫したり気づけば
    不可能と思ったことも可能になる。

    「走っているとき何考えてますか?」と
    よく尋ねられます。
    「何も考えていません!」
    でも突然ひらめくことがことがあるのですよ。
    それで行き詰っていたことが解決できたり・・・

    昨日の和傘の女性
    ひらめくものが・・・
    って
    浴衣姿をお見かけしていたのですね。
    2020年09月05日 18:21
  • nibari1498

    文法的な使い方としては変な英語ですが、もともとはAudrey Hepburnの本「Nothing is impossible The word itself says I'm possible」があった記憶があります。ネットでも調べてみました。ありました。
    一般的な英語なら、簡単にI can do that.でしょうね。
    2020年09月06日 08:12
  • わけい

    torさんへ
    コメントどうもありがとうございます。

    「走ってるとき何を考えてるか?」・・・

    ここで浦高時代の「古河マラソン」を思い出しましたので、torさんの貴重なお時間を頂きたいと思います。

    昔はよく走ってました。
    高校生の時は、学年に関係なくいつも走らされました。(体育の授業の終了後は、2~3km走ってから解散)

    学校の伝統行事として、毎年11月に古河マラソン(浦和~茨木県古河市)という51kmを制限時間内に走る強歩大会(競歩ではない)があった。
    今年で62回になる。(昭和11年が第1回で当時は茨城の古河を経て栃木の宇都宮までのコース、戦争中は中断)

    1年生の時は、完走なんて無理と思っていたが、限界など過ぎていつの間にかゴールできた。
    「自分の考えてる限界」と「真の限界」には大きな差がある、ということのようで、卒業生にとっては、こういったことが各人のその後の人生で、どこかで見えなくても大きな力となっていると思います。

    東京~埼玉には関所があるらしいですが、浦和~古河には7つの関所があった。その関所で、通過証明のスタンプを押してもらいゴールで提出。
    走ってる間は「まだスタンプ1つ・・・まだ10km・・・先は長い・・・大丈夫かな・・・あ~きつい」などと、考えながら走っていました。
    各所に県警・教員・父兄などがいるのですが、それ以上に沿道の住民の方々からの差し入れ(飲み物・簡易な食料)や応援はとても励みになりました。

    残念ながら、このマラソンでは「ひらめき」はなかったですが、得られた「何か」は大きいと思います。

    通常「〇〇をしているとき」には、何か別のことも考えているのでしょうが、覚えてないことが多いですね。つまりは大したことは考えてないのでしょうね。
    そういったときに解決につながるような「ひらめき」が得られると、それはすごいと思います。
    2020年09月07日 10:24
  • わけい

    nibari1498さんへ
    コメントどうもありがとうございます。

    とてもありがたい情報を教えていただき、参考になりました。
    「Audrey Hepburn」がそのような言葉を残していたのですね。
    きっとパラリンピックの標語もそこに由来するのかと思います。

    ※画像の「IMPOSSIBLE」にカーソルを当てると、「I’mPOSSIBLE」に変化するってのも、「Audrey Hepburn」の言葉「The word itself says」があってのことだったんですね。
    2020年09月07日 10:37