これまでの元号を顧みると

●平成の元号も4カ月となりました。


645年に日本初めての元号「大化」が制定されてから、平成までの間に247の元号があった。
そのすべての元号について調べてみました。
画像



●元号の数は247、使用された漢字の延べ数は504


基本的には元号は漢字2文字から成るので247×2=494となりますが、
奈良時代には漢字4文字の元号が5つあったので、5×2=10を加えて、
494+10=504の延べの漢字数になる。

※奈良時代の4文字元号:「天平感宝、天平勝宝、天平宝字、天平神護、神護景雲」


●使用された漢字数は72だけ


年号数が247で、延べ漢字数は504だが、
使用された漢字は、72種しかない。

72種の漢字のうち、30種の漢字は1回しか使用されていない。
したがって、42種の漢字は複数回使用されている。


●使用回数が多い漢字


・1つの漢字が10回以上使用された21種の漢字を、多い順に見てみることに。

①永 29回、 ②元、天 27、 ④ 21、 ⑤応 20、 
、長、文、 19、 ⑩安 17、 ⑪延、暦 16、 
⑬寛、德、保 15、 ⑯承 14、 ⑰仁 13、 
⑱嘉、 12、 ⑳康、宝 10

この21種の漢字だけで「365回」使用されているので、全体の「72.4%」を占めていることになる。
ということは、残りの51種の漢字の使用回数は139回で27.6%となる。


9~2回使用の21種の漢字も見てみましょう。

久、慶、建、享、弘、貞、明、禄、大、亀、寿、万、化、観、喜、神、政、中、養、雲、護

1回しか使用されなかった漢字は、30種の漢字。

乾、感、吉、享、興、景、衡、国、斎、至、字、朱、授、勝、昌、、祥、、泰、鳥、禎、同、銅、白、武、福、霊、老、祚、雉

この中に、「成の「」と昭和の「」が含まれていたことに驚きました。
つまり初めて使用された漢字だったということです。
でも、平成の「」と昭和の「」と大正の「」と明治の「」は、ベスト20にしっかりと入っています。


●今上天皇は125代


ところで、歴史上、「北朝と南朝」と2つの朝廷が存在した時代があった。
今上天皇の125代は、単純に数えたら「125」という数字にはならない。

北朝には1~6代の天皇が存在したが、実は北朝1~5代の天皇は125代にはカウントされていない
これは、明治天皇がそのように表明し、現在の125代となっている。
北朝の1~5代を含めない理由は、「三種の神器」を授かっていなかったことです。
「三種の神器」は、単なるアイテムではなく、同時に複数の天皇が存在した場合にどちらが正当な天皇なのかを判断する上での決定的なアイテムだということになります。

この三種の神器が距離が離れた3か所に保管されているのも、簡単に手に入れられないようなシステムの一つとして機能していたのですね。

※三種の神器の保管場所: 皇居(八尺瓊勾玉、東京)、熱田神宮(草薙の剣、名古屋)、伊勢神宮(八咫鏡、三重県伊勢市)


●元号には北朝が含まれている


今上天皇は125代で、よく理解できるのですが、
理解できないのが、元号のカウントの仕方です。

125代に北朝が含まないのなら、元号も北朝が使用したものは含まないのかと思いきや、
なぜか、含まれているのです。
北朝で使用された元号は17ですが、うち1つは125代にもカウントされている天皇の元号なので、それを除いて16です。

したがって、元号の数247-16=231が北朝使用元号を除いた元号数となりますが、
247を採用している方も多いです。
でも、231を使っている人もいます。

NHKのニュース(2019/01/10)では、247説で説明されていました。


●125代は125人ではない


ところで、今上天皇は第125代天皇だが、125人目の天皇ではない。
実は、かつて重祚(じゅうそ/ちょうそ)で、一度退位した天皇が再び即位した例が2度ある。
したがって、今上天皇は125代で123人目の天皇と言うことになります。

※2度あった重祚: 35代皇極天皇と37代斉明天皇は同一の女帝、46代孝謙天皇と48代称徳天皇は同一の女帝

"これまでの元号を顧みると"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]