音楽用語辞典更新状況の一覧

音楽用語辞典更新状況 音楽用語辞典をアップしましたが、アップ後も項目を追加したり、リンクを貼ったり、表示上の修正をしたりの更新を続けています。 その状況が自分でも把握できないため、更新状況の一覧を作ることにしました。 なお、レイアウト上の更新やちょっとした補足程度の更新は除外しています。 主に掲載項目を新規に設定したり、内容を大幅に修正した項目を掲載す…

続きを読む

ビートルズが世に出るきっかけはMy Bonnie

「My Bonnie Lies Over The Ocean」はビートルズが世に出るきっかけとなったスコットランドの民謡です。 この曲をロックの曲として知られた「My Bonnie」の歌とギターリードはトニーシェリダンです。 ビートルズはこのレコードのバック演奏をやっていますが、でもこの曲がきっかけでビートルズが世に出たのです。 この「My Bonnie」は1961年にトニーシ…

続きを読む

ビートルズがカバーした古典的名曲のBesame Mucho

Richard McallによるPixabayからの画像 ベサメ・ムーチョの最初のレコーディング ベサメ・ムーチョ(Bésame mucho)は、「たくさんキスして」の意味だそうです。 1940年にメキシコのピアニストでソングライターのコンスエロ・ベラスケス(Consuelo Velázquez)が、当時16歳の誕生日前に作ったとのこと。 この辺りにも文化の違いを感じま…

続きを読む

ジョンとポールのコーラスがきれいな If I Fell

ビートルズの初期の曲「If I Fell」は、レコードを聴いていい曲だと思い、じゃあ歌ってみるかとやってみましたが、うまく歌えません。 出だしから音程がとれず、「なに、この曲、難しい」って長いこと封印していました。 かなりの年数が経過したので、気を取り戻して今回この曲を分析してチャレンジしてみました。 最初はこうだった If I Fell どうやら、ジョンが録音したデ…

続きを読む

原曲のTwist and Shoutの変貌・ビートルズがカバー

ビートルズの初期の曲「Twist and Shout」はカバー曲ですが、 ①原曲1961年と②そのアレンジを変えた曲1962年の2つが存在していましたが、 ビートルズは②の方をカバー1963年しました。 ①の原曲は、それなりにはいいですが、同じ「Twist and Shout」とはとても思えないです。 プロヂュースのやり方で同じ曲が変化するいい例です。 今回…

続きを読む

Act naturallyのオリジナル曲とビートルズのカバー曲

1枚のアルバムで1曲しか歌わないリンゴ。 今回は、アクト・ナチュラリを取り上げました。 ビートルズ解散後のコンサートでも歌っている動画を見ると、リンゴはヴォーカルだけで、若い時よりキーをかなり下げていました。 歌の腕をかなり上げた気がします。バックの仲間も楽しそうに演奏していました。 ※この動画は、ここでは紹介していません。 Act naturallyのオリジナル曲…

続きを読む

Please Mr Postmanのオリジナルとビートルズのカバー曲

Andrys StienstraによるPixabayからの画像 Beatlesは2枚目のアルバムの中で、Please Mr. PostmanというThe Marvelettes・黒人コーラスグループの曲をカバーしています。 原曲も素晴らしいですが、Beatlesのフィルターを通すと一味違った素晴らしさが出て来ます。 今回は、原曲、Beatlesのカバー曲、コーラスの分析をそれぞ…

続きを読む

楽譜のPDFファイルを編集してコードを付ける方法

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像 PDFファイルを修正したりしたいことがありませんか。 OneDriveのDocumentを利用することで、それが出来ます。 今回は、実際に行った例と、歌詞にコードを書き込む際の便利な方法を紹介します。 1 これだけ見ると単なるPDFファイルですが 2 ここに至…

続きを読む

EaglesのHotel Californiaの好きなアコースティック・バージョン

Eaglesの曲「Hotel California」のアコースティック・ギター・バージョンの動画が好きです。 こんな感じで、まとめておくといちいち探さなくても大丈夫なので重宝します。 米のロックグループのEagles(イーグルス)の曲Hotel California(ホテル・カリフォルニア) は、1970年代のアメリカン・ロックの代表楽曲のひとつ。 1976年作品。作曲:ド…

続きを読む

音楽用語辞典(トップ・あ行)

音楽用語辞典・トップ/あ行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0…

続きを読む

音楽用語辞典(ま行~英数)

音楽用語辞典・ま行~英数 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.…

続きを読む

音楽用語辞典(は行)

音楽用語辞典・は行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0.0 2…

続きを読む

音楽用語辞典(な行)

音楽用語辞典・な行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0.0 2…

続きを読む

音楽用語辞典(た行)

音楽用語辞典・た行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0.0 2…

続きを読む

音楽用語辞典(か行)

音楽用語辞典・か行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0.0 2…

続きを読む

音楽用語辞典(さ行)

音楽用語辞典・さ行 私が音楽関係の資料を読んだり調べたりする中で出会った音楽関係用語を、数年間にわたり取りまとめたものです。 今回「音楽用語辞典」としてアップします。 大きなファイルのため分割してアップし、リンクで一つにまとめています。 今後は、見やすさ、操作性、統一感、内容の充実などの観点から引き続き更新していきます。 作成:Ver.1.0.0 202…

続きを読む

オンリーワンより同じ花

jacqueline macouによるPixabayからの画像 ヒット曲に「世界に一つだけの花」(2003年)がありました。 色々な曲を聞いて、「この曲いいなあ」とか思うことがあっても、どんな歌詞かまでは覚えていないことが多く、歌詞が気になるようなことはありませんでした。 少なくとも、「世界に一つだけの花」がヒットするまでは・・・ でも、この歌の歌詞は…

続きを読む

松たか子さんが各国のエルサ役と熱唱

Jill WellingtonによるPixabayからの画像 松たか子さんが、第92回アカデミー賞の授賞式で「アナと雪の女王2」の楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を歌唱したそうです。 アカデミー賞授賞式で松たか子が「アナ雪2」主題歌を歌った 松たか子がアカデミー賞授賞式で「アナ雪2」主題歌を熱唱 日本人初 …

続きを読む

ビートルズの「ノルウェーの森」の調

1 ビートルズの「ノルウェーの森」は長調でも短調でもない 先日の記事「調号と調」で、調号は、変化記号が最も多いもので7つと決まっていて、曲の途中で転調のために、8つ以上必要になることがある場合は、臨時記号を使って対応すると説明しました。 その記事は長・短調を前提にしたものでした。 長・短調以外の旋法では、転調しなくても臨時記号を使わないと対応できないことがありることにも触れまし…

続きを読む

調号と調

1 調号について思うこと 沢山あると困るもの、といってすぐに思い浮かぶのが借金ですが、(レベルが違いますが)音楽の変化記号(♯や♭)も多いと嫌になります。 調号に沢山の変化記号が付いていると、これは何調??などと考える以前に、スルーしてしまいます。 プロorプロ級の方はスゴイですね、こういうのも平気で歌ったり演奏してるんでしょうね。 ところで曲頭に書かれている変化記号を調…

続きを読む

テトラコルドとヘクサコルドの乗り換えの関係

1 テトラコルドとヘクサコルドで気づいたこと 先日、テトラコルドの説明をしました。 「2つのテトラコルドで音階が出来ている」(2019/11/12記事) この記事に関連して、2つの発見をしました。 1つは、なぜムータツィオが「ファ」or「ソ」で行われていたか。 これに関連して、テトラコルドとヘクサコルドの関係や「シ」が無かった理由です。 もう一つは、ダイアトニックとテトラ…

続きを読む

2つのテトラコルドで音階が出来ている

ⅰ 長音階のテトラコルド 長音階のオクターブは「ドレミファソラシド」は、2つの「テトラコルド」に分解できます。 調号に関わらず全てに共通です。 テトラコルド(Tetrachord):古代ギリシアの4本の弦で出来た楽器に由来します。テトラは4の意、コルドは電線のコードと語源が同じで弦の意です。20世紀になってから誕生した和音・コード(chord)も語源はこれに由来します。 暗号…

続きを読む

ピタゴラス音律と黒鍵の関係

ピタゴラスが音律を作った 「ドレミファ・・・」という音名は、11世紀に出来ましたが、 そのドレミファのもとになった音律は、紀元前500年前に、ギリシアのピタゴラスによってが作られていました。 ピタゴラスは、直角三角形の3辺の長さが「a2+b2=c2」のピタゴラスの定理で有名な人ですね。このころギリシアでは数学や音楽まで色々考えている人がいたのですね。当然他の学問も盛んだったのでしょうけ…

続きを読む

平均律に「完全四度」と「完全五度」はない

平均律には「完全四度音程」と「完全五度音程」はない 完全音程には、 「完全一度、完全四度、完全五度、完全八度」の四種の音程がありますが、 現在のピアノやギターの調律は平均律なので、「完全一度と完全八度」の音程はありますが、 正確には「完全四度と完全五度」の音程はありません。 ただし、「完全四度と完全五度」にかなり近い音程はあります。 「ほぼ完全音程」ですが、通常はそれを「…

続きを読む

完全音程とは

完全音程のこと 音程を構成する二つの音の振動数が「簡単な比」になっていて、二音がよく調和する音程のことを、「完全音程」といいます。 完全音程には、「完全一度音程・完全四度音程・完全五度音程・完全八度音程」の四種があります。 なお、音色の異なる楽器がよく合う・調和するとの意味ではありません。 ここで言う「簡単な比」とは、具体的には次の3つの比だけです。 ■簡単な比①「1:1」…

続きを読む

音程と転回

短〇度、長〇度、完全○度・・・ 音楽の音程について、「短〇度、長〇度、完全○度」などが使われています。 なぜこのような名前を使うのか? 単に「1度、2度、3度・・・」じゃ不都合なのでしょうか? 今回は、「音程」に関して考えてみます。 音程のこと そもそも音程(インターバル)は、二つの音の高さの「間隔」、「差」、「距離」の意味のことですが、 数学のように、「a-b=c…

続きを読む

音部記号と五線

●楽譜の「ト音記号」と「ヘ音記号」 楽譜には左側に必ず書かれている「ト音記号」や「ヘ音記号」ですね。 ポップス音楽では使うことの無い「ハ音記号」と言うものもあります。 「ト音記号」と「ヘ音記号」とは、別々の五線に書かれて、 分かれているので、音の位置関係が分かりにくいです。 ピアノを弾く人は、「ト音記号」と「ヘ音記号」の両方が書かれている楽譜(大譜表)を使うことが多いと思わ…

続きを読む

テンション・コードを考える

コードとは 「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記された音階を目にしたのですが、 なぜ「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」でないのでしょう。 これは、テンションコードを意識した音階の書き方だと思うのですが、 そこで、今回はテンション・コードについてお話しようと思います。 その前に、コードについておさらいです。 ・コードは、複数の音を同時に鳴らすものですが、 基…

続きを読む

ビートルズ・コンサートの警備

●たった一度の来日公演 1966年6月29日ビートルズが東京にやってきました。 6月30日、7月1・2日合計5回のコンサートをやるためです。 デビューして4年目にやっとビートルズが日本に来てくれたのですが、ビートルズはこの年を最後にコンサート活動を止めたので、この年に来日公演が実現しなかったら、永久に日本でのビートルズ公演が無かったことになります。 1度でも日本での公演が実現した…

続きを読む

3つの「ローリングストーン」

●ローリングストーンのグループ名と雑誌名と曲名の関係 中学・高校の同級生でありミステリー作家の友人と音楽の話題で盛り上がったことがある。 最初は、ビートルズの話題だったが、 次第にボブディランの話に変わり・・・ その時に出た話題が「ローリングストーン」だ。 ねえ!「ローリングストーン」の「グループ名」と「雑誌名」と「曲名」は関係あるの? その時は、「多分無関係だと思う、偶…

続きを読む