ピタゴラス音律と黒鍵の関係

ピタゴラスが音律を作った 「ドレミファ・・・」という音名は、11世紀に出来ましたが、 そのドレミファのもとになった音律は、紀元前500年前に、ギリシアのピタゴラスによってが作られていました。 ピタゴラスは、直角三角形の3辺の長さが「a2+b2=c2」のピタゴラスの定理で有名な人ですね。このころギリシアでは数学や音楽まで色々考えている人がいたのですね。当然他の学問も盛んだったのでしょうけ…

続きを読む

平均律に「完全四度」と「完全五度」はない

平均律には「完全四度音程」と「完全五度音程」はない 完全音程には、 「完全一度、完全四度、完全五度、完全八度」の四種の音程がありますが、 現在のピアノやギターの調律は平均律なので、「完全一度と完全八度」の音程はありますが、 正確には「完全四度と完全五度」の音程はありません。 ただし、「完全四度と完全五度」にかなり近い音程はあります。 「ほぼ完全音程」ですが、通常はそれを「…

続きを読む

完全音程とは

完全音程のこと 音程を構成する二つの音の振動数が「簡単な比」になっていて、二音がよく調和する音程のことを、「完全音程」といいます。 完全音程には、「完全一度音程・完全四度音程・完全五度音程・完全八度音程」の四種があります。 なお、音色の異なる楽器がよく合う・調和するとの意味ではありません。 ここで言う「簡単な比」とは、具体的には次の3つの比だけです。 ■簡単な比①「1:1」…

続きを読む

音程と転回

短〇度、長〇度、完全○度・・・ 音楽の音程について、「短〇度、長〇度、完全○度」などが使われています。 なぜこのような名前を使うのか? 単に「1度、2度、3度・・・」じゃ不都合なのでしょうか? 今回は、「音程」に関して考えてみます。 音程のこと そもそも音程(インターバル)は、二つの音の高さの「間隔」、「差」、「距離」の意味のことですが、 数学のように、「a-b=c…

続きを読む

音部記号と五線

●楽譜の「ト音記号」と「ヘ音記号」 楽譜には左側に必ず書かれている「ト音記号」や「ヘ音記号」ですね。 ポップス音楽では使うことの無い「ハ音記号」と言うものもあります。 「ト音記号」と「ヘ音記号」とは、別々の五線に書かれて、 分かれているので、音の位置関係が分かりにくいです。 ピアノを弾く人は、「ト音記号」と「ヘ音記号」の両方が書かれている楽譜(大譜表)を使うことが多いと思わ…

続きを読む

テンション・コードを考える

コードとは 「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記された音階を目にしたのですが、 なぜ「R m2 M3 P4 P5 m6 m7」でないのでしょう。 これは、テンションコードを意識した音階の書き方だと思うのですが、 そこで、今回はテンション・コードについてお話しようと思います。 その前に、コードについておさらいです。 ・コードは、複数の音を同時に鳴らすものですが、 基…

続きを読む

ビートルズ・コンサートの警備

●たった一度の来日公演 1966年6月29日ビートルズが東京にやってきました。 6月30日、7月1・2日合計5回のコンサートをやるためです。 デビューして4年目にやっとビートルズが日本に来てくれたのですが、ビートルズはこの年を最後にコンサート活動を止めたので、この年に来日公演が実現しなかったら、永久に日本でのビートルズ公演が無かったことになります。 1度でも日本での公演が実現した…

続きを読む

3つの「ローリングストーン」

●ローリングストーンのグループ名と雑誌名と曲名の関係 中学・高校の同級生でありミステリー作家の友人と音楽の話題で盛り上がったことがある。 最初は、ビートルズの話題だったが、 次第にボブディランの話に変わり・・・ その時に出た話題が「ローリングストーン」だ。 ねえ!「ローリングストーン」の「グループ名」と「雑誌名」と「曲名」は関係あるの? その時は、「多分無関係だと思う、偶…

続きを読む

完全音程と長・短音程を考える(第3回)

●ピタゴラス音律の音程の比率 歴史が古い順に、まず、ピタゴラス音律ですが、 ドに対しての比率は・・・ 1度の音程(ド)~1:1 (長)2度の音程(レ)~8:9 (長)3度の音程(ミ)~64:81 4度の音程(ファ)~3:4 5度の音程(ソ)~2:3 (長)6度の音程(ラ)~16:27 (長)7度の音程(シ)~128:243 8度の音程(高いド)~1:2 これでみると…

続きを読む

完全音程と長・短音程を考える(第2回)

●前回は、完全音程と長・短音程を考える(第1回)として、完全音程とは一体何だろうかについて書きました。 本日は、その続きです。 もう少し深く突っ込んで、その理由などを考えてみたいと思います。 ●平均律以外の音律 ①「ピタゴラス音律」~3倍音のソの音、つまり5度の音に着目し、オクターヴと5度の音を重ねて作った音律がピタゴラス音律。 ピタゴラス音律には、4種類の完全音程が含まれてい…

続きを読む

私のエア彼女は超美人?

●2018年エアギター世界大会で名倉さんが2回目の優勝 今夏(2018年)のエアギター世界大会で、名倉七海(23)が2014年に次いで2度目の優勝を果たした。 名倉七海さんは、1995年生まれのタレント・歌手・エアギタリストであり、Jリーグ・V・ファーレン長崎の選手の名倉巧(所属)の姉にあたる。 そんな記憶が、まだ脳裏に残っている中で、 ネット上で、「エアギター在庫アリ」の記事を見つ…

続きを読む

完全音程と長・短音程を考える(第1回)

●短〇度、長〇度、完全○度・・・ 音楽に関する解説の中で、よく登場する言葉で「短〇度、長〇度、完全○度」がある。 それに関連して、例えば「R ♭9 M3 11 P5 ♭13 m7」と表記している解説に数日前に出会った。 これは「M3」は長3度、「P5」は完全5度、「m7」は短7度で、 全体は「ド レ♭ ミ ファ ソ ラ♭ シ♭」のことのようですが・・・。 しばらく考えて・・・難しい…

続きを読む

音名は、なぜ「ABC・・・」から始まらないのか

●音名が「CDE・・」から始まる理由 芥川也寸志「音楽の基礎」によると・・・ 「音にの固有の名前(音名)を付けることは、古代ギリシャですでに行われていた。その後さまざまな変異をたどったが、今日の音名の基礎を作ったのは、中世最大の理論家であり、優れた音楽牧師であったグィード・ダレッツォであった。彼はそれまでの音名が、2オクターヴにわたって、「ABCDEFGHIKLMNOP」(Jはのぞく)と命名…

続きを読む

ミスタータンブリンマンの歌と歌詞が違う理由

●大学生の時から気になっていたこと ボブディランのミスタータンブリンマンの歌が歌詞カードと異なる。 レコードを聴くと、歌詞カードに書かれている「play a song for me」が何度聞いても私には「ブラッソンフォーミー」に聞こえるのだ。 レコードに付属の歌詞カード以外に、多数の楽譜やネット上でも調べたところ、歌詞カードの歌詞の間違いはない。 ※レコードと言っても、その時はカセッ…

続きを読む

ギターの弦の順番がEBGDAEの理由

★本日は、「ギターの弦の順番」について考えてみます。 ●ギターの弦の順番は、通常の場合は1弦から順に「E B G D A E」となっています。 6弦からだと順に「EADGBE」ですね。 なぜ、そのような順に調弦するのが一般的なのか? たいていの場合、そういうものだと何ら疑問を感じることなしに済ませていることが多いと思います。 そこでその理由をテーマとして取り上げました。 …

続きを読む

#と♭の付く順とキーの変化

※以下の記事は、長調と短調の場合を書くとその分長くなるので、全て長調を前提として書きます。 ★「#と♭の付く順番とキーの変化」 ●まず、#のつく順番を見てみましょう。 #が1つ増えるごとに、「F→C→G→D→A→E→B」~①「#の付く順」の順で増えていきます。 この時のキーは、「G→D→A→E→B→F#→C#」~②「#系のキーの変化」の順で上と対応しています。 ※この順番は全て五度…

続きを読む

ポール74歳・元気・今も進化している

●4月27日(木)ポールのコンサートに妻と二人で行ってきた。 その時の様子や、感想などをまとめました。 ●東京ドームについたのは、開場まであと2時間、開演までは4時間もある。 わざと早めに出かけたので、時間がたっぷりあるのは気にならない。 取り敢えず、ベンチに座って新宿駅で買った昼食兼夕食のおにぎりを食べた。 3つ入りだが2つで十分だったので残す。 おにぎりは新宿…

続きを読む

ビートルズの活動期間はたった8年間なのに、音楽界の歴史に残る

●ビートルズが解散して46年以上経ちました。 1970年に正式に解散を発表しましたが、実質は1969年のアビィロウドというアルバムの収録が最後のビートルズとしての活動と言うことになります。 ※発売時期では、最後のアルバムはレリッビーですが、これはアビィロウドよりも先に収録されている。 ●1969年と言うと、アメリカのアポロ11号が人類初の月面着陸を成功させて、アームストロング船長が…

続きを読む

ボブディランのノーベル文学賞の受賞に関連して

●日本時間の本日未明にノーベル賞授賞式が行われ、 日本の大隅良典さんに医学・生理学賞として、スウェーデン国王から記念のメダルと賞状が贈られた。 私も日本国民の一人として、大変に嬉しいです。 さて、文学賞のボブディランの方はどうなることかと心配していたが、 ボブディランはスピーチ原稿を書き、アメリカの大使が代読したとのことだ。 何とか上手く収まってホッとした。 ディランの長…

続きを読む

スコットランドの民謡の「マイボニー」がなぜ?

●皆さんマイボニーという曲を御存知ですか? 元々はスコットランドの民謡なんですが、 知っている方のマイボニーは、 ロック調にアレンジされた曲か、もしかして日本語歌詞の曲だと思います。 私は民謡の方は、聴いたことが無いですが、 軽快な乗りの良いポップ調あるいはロック調の曲の方は大好きです。 ※マイボニーへのリンク(YouTube) トニーシェルダン歌(ビートルズ・バック演…

続きを読む

ボブディランのノーベル文学賞・・すごい!!

●まあ世の中には驚くことは色々あるけど、 これほど驚いたことは記憶にないのが、 昨夜のニュースの「ボブディランがノーベル文学賞」だ。 1941年アメリカのミネソタ州で生まれの75歳。 私は、(ビートルズの次に)ボブディランが好きで、 「風に吹かれて」の曲は、かなり昔からそして今でもよく歌う。 ボブディランの曲には他にも好きなのが多い。 でも、「ミスタータンブリンマン」や…

続きを読む

#と♭と5度圏の話

●学校で音楽が苦手だった理由 私が学校で音楽が苦手だった理由の一つに、 「#」とか「♭」が沢山(2つ以上)ついた楽譜を見ると、 一体これは何調?どこに#や♭が付いているの? 全く理解できなかったことです。 #と♭を付ける場所とか、その順番とか調名が理解できないままに中学を卒業しました。 高校では音楽は選択科目で、私は美術を選択したので、音楽の授業は中学で終わりでした。 最近にな…

続きを読む

ビートルズの映画・EIGHT DAYS A WEEK観てきました

ビートルズのコンサートを中心に、 ポールやリンゴほか関係者のインタビューや証言などを織り交ぜて、 さらにストーリ性をもたせた制作された、 アカデミー賞受賞監督制作の映画「THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK」を 公開初日の9月22日に観てきました。 悲しくもないのに、理由もなく、涙が止まらず、 帰りに車に乗った途端、また涙が溢れて、 しばらく運転できません…

続きを読む

ドレミの歴史

●「ドレミの歌」との出会い 昔、ビートルズの映画「ヘルプ!」を観に行ったとき、 一緒に上映されていたのが「サウンドオブミュージック」だった。 サウンドオブミュージックは、付録みたいなものでついでに観た感じだった。 ミュージカルには興味がなかったけど、 意外と面白かった。 あとで、テーマ曲の「ドレミの歌」(サウンドトラック版)のレコードを買って、 曲を覚えたことがあった。 ●英…

続きを読む

映画・ノーウェアボーイ

●偶然ラジオで「ノーウェアボーイ」の情報 今朝(2010/11/11)ラジオを聞いていたら、「ノーウェアボーイ」というジョンレノンの映画が上映されているとのこと。 これはぜひ観に行きたいのですが、調べると、近くで上映しているところがなく、ガッカリです。 上映館は全国でも限られたところだけ、なぜ? 人気がないのかなと考えてしまいました。 ノーウェアボーイはビートルズのノーウェアマ…

続きを読む

ジョンレノンミュージアムが閉館に・残念!

●いい天気の日が続きますね。 いい天気だと気分もいいです。 多肉日和ということで多肉いじりがしたいです。 ●今朝ラジオを聞いていたら、「ノーウェアボーイ」というジョンレノンの映画が上映されているとのこと。 これは観に行くしかないですが、なぜか近くで上映しているところがなく、 全国でも限られたところだけなのはなぜだろうと思いました。 ノーウェアボーイはビートルズのノーウェアマン…

続きを読む