JavaScript / 現在時刻の表示

1-1 刻々と変わる現在時刻表示 JavaScriptで取得した現在時刻を 「曜日、月・日・年、時・分・秒、時差、タイムゾーン」の順で表示しています。 ※「GMT+0900」は、UTC協定世界時とJST日本標準時との時差が9時間の意味ですが、Windowsで現在使わないGMTグリニッジ標準時が表示される…

続きを読む

ハチの仲間のいくつかの図鑑

1 ハチ目図鑑のお気に入りのいくつか ハチの仲間は、「ハチ目」「膜翅目・まくしもく」「Hymenoptera」と表現される昆虫のグループです。 ハチはもちろん、アリも含まれます。 それらは「幼虫、蛹、成虫」と、完全変態をします。 そして家族社会を構成しているものが多いのですね。 ハチ目の家族社会では「女王」様が君臨していますし女系社会ですね・…

続きを読む

突然閃いた!ピタゴラスの定理の証明

昨夜閃いた方法で、ピタゴラスの定理を証明してみたいと思います。 ※2020/12/27 記事作成、12/28 レイアウト・「てにをは」・文を補足して更新 1 ピタゴラスの定理 ピタゴラスの定理(三平方の定理)って、昔学校で習いましたね。  a2 + b2 = c2  (ピタゴラスの定理) これです。 2 この式の意味するところ 「a2…

続きを読む

地球の出 / 月の石

アポロ宇宙船 2020/12/24の午前中に投稿した記事が、スマホで画面の下にスクロールできないので、内容を変え月の石の話を加え、同日の夜に改訂版として投稿します。 1 「史上最も影響力を持った写真」の「地球の出」 この写真は、1968年12月打ち上げの「アポロ8号」が、月の地表から地球が昇ってくる「地球の出」を人類が初めて目撃した時の写真です。 ※「…

続きを読む

物忘れと認知症の境界

Gerhard G.によるPixabayからの画像 項目1 白線を跨いでの運転は危ない 自動車と物忘れ・認知症とどう関係があるのか?といわれそうですね。 項目2 物忘れと認知症の境目 最近、物忘れが多くなったような気がするけど・・・認知症の始まりかな? 私もそうなんですが、心配になりますね! 認知症は、生活習慣病の一種 加齢…

続きを読む

月と地球の距離

Adrian LangによるPixabayからの画像 項目1 うさぎもお月見 この後、「兎仲茶」飲みながら「うさぎ餅」を食べたそうな。 うさぎの月見は、月をめでるためのものではないのです。 その…

続きを読む

またまた不思議な数 「142857」

Steve BuissinneによるPixabayからの画像 1 前回の「142857」の不思議さの概要 前回、不思議な「142857」について、お話ししましたが、その不思議さが分かりましたか? そのときのお話は、次のようなものでした。 ・142857の1倍 ~ ① 142857 ・142857の2倍 ~ ② 285714 ・142857の3倍 ~…

続きを読む

不思議な数 「142857」

Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像 1 「142857」の不思議 「142857」の何が不思議なの?って誰でも首をかしげると思います。 まずは、下を見てください。 ・142857の1倍 ~ ① 142857 ・142857の2倍 ~ ② 285714 ・142857の3倍 ~ ③ 428571 ・142857の4倍…

続きを読む

コレステロールのこと・無意味だった摂取目標量 編

RosieLeaによるPixabayからの画像 1 食事摂取基準のコレステロールの摂取目標量 厚生労働省により5年ごとに発表する「食事摂取基準」というものがあります。 最新は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版 使用期間:2020~2024年度)です。 今回取り上げたいのは、「日本人の食事摂取基準」(2015年版・2014年3月発表 使用期間…

続きを読む

宇宙とはやぶさ2

Gerd AltmannによるPixabayからの画像 2020/10/24記事、10/29項目3に追記 1 宇宙空間 これは、小惑星? はやぶさの「イトカワ」、はやぶさ2の「リュウグウ」ではなさそうです。 マウスホイールで遠近の拡大縮小出来ます。 Go Fullscreen 2 と…

続きを読む

不可能図形・悪魔のフォークと時空

PexelsによるPixabayからの画像 1 不可能図形・悪魔のフォーク 2020年のノーベル物理学賞は、「ブラックホールの形成が一般相対性理論の強力な裏付けであることの発見」に寄与したことで、「ロジャー・ペンローズ、ラインハルト・ゲンツェル、アンドレア・ゲズ」の3人が受賞しました。 賞金配分のもっとも多いペンローズは、英の数理物理学…

続きを読む

世界で使われているパントン色見本

TeeFarmによるPixabayからの画像 前回まで、光の三原色に関わる話でしたが、今回は色の三原色に関わる話です。 その中でも「特色」といわれる「パントン」が中心です。 ※パントンはパントーンとも表記されますが、同じ「Pantone」です。 印刷などで使われる色見本には色々ありますが、一般的に印刷を行う際の「色」は C=シアン M=マ…

続きを読む

違って見えるけど同じ明るさ

画像は、わけいのNABISCOラベルコレクションより 3つの四角は同じ明るさ グラデーションの中の3つの四角いグレーは、違った明るさに見えると思います。 でも、四角いグレイをドラッグして近づけると、同じ明るさだと分かります。 3つの四角は自由にドラッグできます その四角をドラッグして近づけると・・・ …

続きを読む

いよいよ夏も8月ですね

画像は、わけいのコラージュより ※ボヤキ:この記事は、昨日8/1に投稿するはずでしたが、出かける用事があって、うっかり保存せずに閉じてしまいました。 ・・・半分が消えてしまいました。 気を取り直して、残りの半分を書きましたが、ほぼ全面的に書き直しました。 書き変えろ!ということだったようですね、結果的には昨日投稿しなくてよかったと思います。 いよいよ夏も8月です…

続きを読む

コーヒーの効能・・・コーヒーでもどうぞ

コーヒーの効能 「コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について」2015年5月に国立がん研究センター予防研究グループが研究結果を論文発表しています。 先ずは、コーヒー摂取と「がん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患」の関係を図にしたものをご覧ください。 図は、国立がん研究センターより このグラフでは、「がん死亡」には効果が認められ…

続きを読む

2進数計算機を使ってみませんか

1 ありそうで・なさそうな計算機 2進数の最も基本的な計算です。 0 + 1 = 1 1 + 1 = 10 ですね。 では、 1101 + 111 = ? これいくつになりますか? 私の持っている電卓では計算できません。 私の頭ではもっと無理です。 あれっ? ところでどうやって2進数を計算するんだろう? でも大丈…

続きを読む

惑星の自転の様子

画像は、わけいのトマト缶ラベルより 太陽に近い4つの惑星 太陽に最も近い4つの惑星「水星」「金星」「地球」「火星」の大きさと自転の様子です。 サイズはおおよその数値です。 地球と火星の自転速度はほぼ同じで1日かかります。 1日で1周だと見ていても回転している気がしないので回転速度は早めてあります。 地球・火星で30秒で1周するよう…

続きを読む

アイソメトリック図法を一段掘り下げる

画像は、わけいのコラージュより 先日、アイソメトリックについてご説明しました。 アイソメトリック図法は、立体的な物体と人物などを組み合わせて描くイラスト、例えば・・・ ・「〇〇整備予想図」 ・「〇〇モール完成イメージ図」 ・「〇〇街のPRイラスト」 ・「〇〇製品の××」 などでの使用をよく見かけます。 これらは実際の縮図ではなく・・・ …

続きを読む

好評につきルビーもプレゼント

画像は、わけいのコラージュより 1 ルビーです。どうぞ! 日ごろお世話になっている皆様方へのプレゼント第2弾「わけのルビー」です。 前回同様に個数制限はありませんが、指輪やネックレスにして身につけることが出来ないのがとても残念です。 前回ご好評を頂きましたが、ルビーも欲しいとのご要望もありましたので、今回はルビーにしました。 …

続きを読む

太陽圏外の人工物・ボイジャー1・2号の現在位置

2018年12月21日の記事で「地球から最も遠い人工物・ボイジャー1号と2号の現在位置」取り上げているのですが、その後どうなっているのか気になっていました。 今回は、昨夜(2020/03/16)入手したデータをふまえて、ボイジャー1・2号に関してのお話です。 2020/03/16時点のボイジャー1号・2号の位置 1977年9月5日に打ち上げられたボイジャー1号と、1977年…

続きを読む

新型コロナウイルスの側面のお話

コロナウイルス画像:国立感染症研究所より 画像右側のコロナウイルスの構造の中の「N、S、E、M」は、ウイルスのエンベロープの中に含まれるタンパク質の略称で、 「N:Nucleocapsid蛋白、S:Spike蛋白、E:Envelope蛋白、M:Membrane蛋白」です。 「Positive strand RNA」は、「プラス鎖RNA」の意味です。 1 新型コロナ…

続きを読む

新型コロナウイルスの2/1時点の状況(2/2・16更新)

1 1/30のニュース記事 ※この記事は、2020/02/02朝の時点の情報を追加しています。 2020/1/30のネット上のニュース記事に次のような記事が掲載されていました。 新型コロナウイルスの感染が急拡大。1/29現在、中国国内の患者数は5,974人。132人が死亡。 これを受けて、東大の医学博士が次のようなコメントをしていましたが、内容にとても違和感があり気になりました…

続きを読む

植物が水を根から吸収して高いところに運ぶ力

1 ヒトの呼吸は 口や鼻から入った空気は気管を通って肺に届きます。 でも、肺には筋肉が無く、自ら膨らんだり縮んだりしていません。 どうやって、息を吸ったり吐いたりしているのでしょうか? 肺を包んでいる胸腔や横隔膜がその役割を担っている。 胸腔は、ろっ骨とその間をつなぐ筋肉に囲まれた肺を包んでいる。 胸腔の底には横隔膜がある。 横隔膜が縮んで下がると、胸腔がふくらみ肺…

続きを読む

除夜の鐘とピタゴラス

1 除夜の鐘は108回 毎年、大晦日(12月31日)の深夜0時をはさんで除夜の鐘がつかれまね。 といっても、私は回数を数えたことが1度もないのですが、108回つかれるとのことです。 なぜ108回なのかについては、諸説ありますが、一応以下に列挙しておきます。 ■除夜の鐘の108回の理由 ① 六根ろっこん説 6つの感覚×3つの良し悪し×2つの感情×3つの時=108 ② 十纏じってん九…

続きを読む

3種類の虚数の関係

先日「四元数の概念を(ほんの一部だけ)実体験」の記事の中で、四元数の重要な定義として「2 = j2 = k2 =i j k = - 1」になっている。 その理由は「最も基本的な定義なので、そういうものだと追及は諦めてください。」と書いたのですが、実は私はその後もなぜなんだろうと考えていました。 本日は、その3種類の虚数について、もう少し掘り下げてみたいと思います。 1 …

続きを読む

西暦から暗算で干支を知る方法

今年も早12月になり、時の流れの速さを実感するようになりました。 12月と言えば、年賀状の用意ですね。 来年は、「子」か・・・。 ところで、西暦の干支の関係はどうなっているのか、ふと疑問に感じました。 1 今年は何年? 分かりやすく書かれた数式関係の本に、西暦からの干支の計算方法が書かれていました。 (西暦+9)÷12 のあまりの番号がその年の干支。割りきれたら1…

続きを読む

調号と調

1 調号について思うこと 沢山あると困るもの、といってすぐに思い浮かぶのが借金ですが、(レベルが違いますが)音楽の変化記号(♯や♭)も多いと嫌になります。 調号に沢山の変化記号が付いていると、これは何調??などと考える以前に、スルーしてしまいます。 プロorプロ級の方はスゴイですね、こういうのも平気で歌ったり演奏してるんでしょうね。 ところで曲頭に書かれている変化記号を調…

続きを読む