アロエの異名等から正名を見つける全リスト

アロエの異名等リスト Aloe Synonym List by AFPD AFPD(AFRICAN FLOWERRING PLANTS DATABASE)で検索したアロエの異名等リストを一覧にまとめました。 ※正名は、学名として正しい名前、異名等は学名としては(理由:後発名、規則に適合しない名、誤用・疑問・不明など)正しくないとされている名前です。 ※説明…

続きを読む

サボテンの白蛇丸が7年前はフクロウの顔に見えましたが現在は・・・

フクロウの顔に見える サボテンを真上から撮った写真ですが、↓これ何かの顔に見えないですか? 私はフクロウの顔に見えるんですけど。 マミラリアの白蛇丸 このサボテンは、マミラリアの白蛇丸と言うんですが、 名前に「蛇」が付いているので蛇のようにとぐろを巻いたように見えるのでしょうか? 2012/05/26頃撮影した写真です。 Mammillaria karwin…

続きを読む

アロエの原種448種のリスト

アロエの原種リスト Aloe Checklist by Leonard E. Newton Leonard E. Newton氏による膨大なアロエの詳細なリストを一欄にまとめました。 種の数で448種(番号1-448)を一覧にしたリストを紹介します。 なお、番号が付いていない欄の種は、変種に位置していることを意味しています。 ※分布欄の地域の略称は以下のとお…

続きを読む

ハオルチアをデータベースから体系化

AFPDによるハオルチア属の分類 130種 AFPD(AFRICAN FLOWERRING PLANTSDATABASE)というデータベースでハオルチアの関係を調べて、ハオルチアの分類体系を作りました。 変種を含まなければ130種のハオルチアに分類されていました。 変種や異名を含めると膨大な数になるのですが、大変なので数えるのはやまました。 その内容を、ご紹介します。 Hawo…

続きを読む

魅惑の宝石リトープスの分類

リトープスの分類 南アフリカとナミビアの限られた地点に自生するリトープスの分類体系を一覧にしました。 表の種名欄の(系統)は、種内分類群(亜種、変種)がある場合のみ設けた。 表中の著者名は dBはH.W.de Boer、ColはD.T.Col.、D.&SはDint. & Schwant.、BmはB.K.Boom、BrはN.E.Br、ScはSchwant.、Hamme…

続きを読む

金のなる木

現在、金のなる木といえば 通称、「金のなる木」と呼ばれている植物は、 Crassula ovata ( syn. C. portulacea C.argentea ) クラッスラ・オヴァタのことを指しています。 ※パキラ( Pachira aquatica )も、「money tree」と呼ばれるので、「金のなる木」の流通名で販売されることもあるようですが、Crassulaとは全く別の…

続きを読む

「サボテン」の語源について

★ 「サボテン」はいったい何語? 外国にも、「サボテン」と言う言葉はあるのか・・・ 結論を先に書きます・・・日本で作られ日本だけで通用する造語です。 ●英語のcactusの語源はギリシャ語のkaktos  まず、「サボテン」は英語で「cactus」ですが、その語源はギリシャ語の「kaktos」です。  ギリシャ語の「kaktos」は、シシリア島のキク科のトゲの多い植物(スパニッ…

続きを読む

すごくたくましいハオルチア

このハオルチア(Haworthia nigra v. nigra)なんですが、 すごいことになっていました。 ※和名「砂丘城」、異名「H. schmidtiana」 いつの間にか、下の方から子が成長しています。 今まで全く気付かずで、 この後すぐに株分けして植え替えました。 でも、わざわざ下からじゃなくても、上の方にスペースがいっぱいあるのに・・・…

続きを読む

厳寒の中、耐えて頑張っています

この多肉のプランターは、元々は草花の寄せ上だったものですが、 水やり不足で枯れたすき間に多肉の余剰苗を植えたものです。 中央は初恋、左はドラゴンズブラッド、 右は多年草の南アメリカ原産のマルヴァストルム・ラテリティウム(流通名はマルバストラム)です。 夜露(もちろん雪や雨も)のあたる場所に置いていますが、 今のところ元気そうです。 このままだと春まで持…

続きを読む

黄色のリメイク缶によく似合う多肉のアレンジ

黄色のリメイク缶に似合う多肉のアレンジ#441 秋になると、日が経つにつれ多肉の冬の防寒対策のことを考えるようになります。 それは、毎年のことですけど・・・次第に頭が痛くなります。 さて、本日紹介するアレンジは、これ↓#441です。 黄色にペイントしたリメイク缶と丸葉マンネングサのやや黄色がかった緑色がとてもよく似合うんです。 ポールスミス風のラベルも …

続きを読む

多肉アレンジ#060「プリングルズ」

多肉のアレンジ#060今の時期が一番 多肉のアレンジ#060「プリングルズ」今の時期が一番綺麗です。 ※#060は60番目に作った多肉のアレンジ、プリングルスはスナック菓子の名称に由来ゆる多肉のアレンジに付けた名前です。 1年前に紹介した時と作品の姿が変わっています。(昨年の姿) 容器の上部を切り取る 紙の容器で形が崩れてきたので、半年前に上部を切り取りました。 これ…

続きを読む

多肉アレンジ#253「トリス」

昨日は暑くて、半袖に自動車はエアコン付けていましたが、 今日は半袖の上にフリーズ羽織っていました。 それでは、多肉アレンジ作品No.253「トリス」を紹介します。 上の方から見た様子です。 この緑色の植物は、メセンの仲間でデロスペルマ属のサイカという品種で、 綺麗な真っ赤な花を咲かせます。 すでに花芽が立ちあがっているのでもうすぐ咲…

続きを読む

多肉の覆いを取りました

昨年の12月初めに多肉植物に簡単な風よけ程度の覆いをかけていましたが、 ようやくその覆いを取りました。 白い覆いだったので、家の周り中が白い包帯で覆われているようで、 かっこ悪かったです。 有る程度は予想していましたが、 かなり枯れていました。 結構陽のあたる所にあったものが枯れていたのは意外でした。 日当たりが悪いところのが大丈夫だったり・・・ …

続きを読む

多肉植物の栽培環境の紹介(最終回)

このところとても寒く、多肉が凍らないか心配だったんですが、 ようやく簡易防寒対策をしました。 本当にとても簡易なので防寒対策とはいえないかもしれませんが、 しないよりはいくらかはましかなってぐらいです。 使用したシートは3種類・・・防風ネット(1.8m×15m)、不織布(90cm×20m)、プチプチ(60cm×42m)です。 あと、ワーディアンケースに入れたのもありますが、…

続きを読む

我が家の多肉の栽培環境・東側

我が家の多肉環境 我が家の多肉の栽培環境を紹介します。 本日は家の東側の塀に沿ったところの様子です。 ↓東側の塀の一番北寄りの花壇①です。 ここにはエキナケア、ヘウケラなどが植えてあります。 下の方に写っているプランターには多肉の苗を植えてあります。 この場所は、夏までは木が植えてありましたが、 全部抜いて花壇にしました。 すぐ横の環境 ↓上の写真①のす…

続きを読む

多肉のアレンジの名前から番号制に移行しました

↓これはかなり前に作った多肉植物のサビ缶の寄せ植えですが・・・ 最近「白檀の香り」という名前を付けノートに書き込もうとしたんですが、 いつ作った作品か分からなくてノートの該当ページがなかなか見つからなくてとても困りました。 名前を考えるのはなかなか手間がかかる作業でめんどくさくなって来ました。 番号だけならめちゃくちゃ簡単です。 ちなみにこれは143番目…

続きを読む

多肉の寄せ植え棚を紹介します~その3

わっきの多肉植物の寄せ植え棚を紹介します。 多肉関係は今回で3回目ですね。(多肉の写っていない庭を2回やりましたが・・・) 1回目はここ   2回目はここ 少しづつ全容が明らかになっていくようで、私も嬉しいです。 この棚はスノコとブロックだけで作ったものです。 1回目に紹介した時に使用したすのこよりも少し奥行きが狭いスノコを使用しました。 ↓これは一番…

続きを読む

多肉アレンジ~麒麟の出現

駄温鉢を使って多肉アレンジしました。 使用した植物は、 紅キリン、リラキナ(俗名:リラシナ)、おぼろ月、南十字星、 紅葉祭り、希望丸、多紋李夫人 です。 紅キリンがよく成長しています。 サボテンの希望丸です。 刺が短いので扱い易いです。 紅葉祭りが色付いてきました。 名前は、「麒麟の出現…

続きを読む

多肉アレンジ~ななの窓・GERSTEL

アルミ缶を使った「ななの窓」の多肉アレンジを作りました。 ※「ななの窓」はななさんがアルミ缶に窓を開けて作ったJUNK鉢からネーミングしました。 GERSTELはドイツ語の大麦(GERSTE)から来た商品名かなと思います。 植え付けてから2か月たったので立て掛けても大丈夫です。 使用した植物は、 竜の爪、ロンギフォ…

続きを読む

中華風魔法のランプで3つの願い

アンティーク市で購入した何やら不気味なもの。 これ急須かな?やかんかな? とにかく家の中に置いておくのは気持ち悪そう。 急須にしては中に茶葉を濾す部分が無いし、 やかんにしては小さすぎるし・・・ それに上の方だけがなぜ8角形なんだろう? これに多肉を植えようと思い取り敢えず穴を開けると、 削り粉は銅色をしている。 …

続きを読む

アレンジ~小さなブルー空間

リメイク空き缶のアレンジです。 今回もサボテン(レブティア・ヘリオサ)を使用しました。 全体に緑色をしていて今日の朝みたいに涼しい色調です。 左側の方です。 中央はハウォルティア・宝草です。 右側の方です。 右側に、サボテンのすぐ後ろにハウォルティア・クーペリーが見えます。 上部の方に背の高いセ…

続きを読む

エウフォルビアの花の観察してみると・・・

暑い日が続きますね。 昼間に鉢に触るとものすごく熱くなっていて、 これじゃあ植物が煮えちゃいそうって思います。 人間の方はクーラーや扇風機があるけど、 屋外の植物はただひたすら猛暑に耐えて、 涼しくなるのをまだかまだかと待ち望んでいるようです。 TVの天気予報だと今日が暑さのピークで、 明日はかなり雨が降るとのこと。 ピークと言う言葉に期待したいです。 …

続きを読む

サボテンの赤ちゃんはちゃんと2枚の葉が付いているんですね

サボテンの実生は発芽不良ばかりで下手なんですが、 こぼれダネから発芽しているのはよくあります。 気が付いた時にはすでに双葉は確認できない状態だったと思います。 あるいは付いていたのに見落ちしていたのかも。 今回こぼれダネから発芽したての赤ちゃんを見つけて、 サボテンが双子葉植物だったんだと改めて認識しました。 知識としては双子葉植物だと知ってはいたものの、 その…

続きを読む

ななAT缶の寄せ植え~暮れのブルー缶

ここ数日めちゃくちゃに暑い日が続きます。 多肉を観察すると、枯れたりあるいはその進行形のものが散見されます。 せっかく作った寄せ植えの特定の植物だけが枯れているのは、 とても悔しい想いがします。 その植物だけ環境が合わなかったのかな? 今の時期に水遣りはした方がよいのかしない方がよいのか、 とても迷います。 カラカラの状態を見るとやりたくなりますが、 やると蒸れて葉が…

続きを読む

山野草鉢のテラコッタボールとにぎやかな多肉たち

1年前に作った寄せ植えです。 昔に凝ってた山野草の鉢に植えこみました。 小さなテラコッタボールを3つ飾りに入れておきましたが、 多肉の影になってしまいました。 この寄せ植えの名前は、 「山野草鉢のテラコッタボールとにぎやかな多肉たち」 です。 姫星美人がちょこんとだけあるのが可愛いです。 制作時には23種類の…

続きを読む

にぎやかな多肉鍋

いらなくなった片手鍋を使って寄せ植えを作りました。 寄せ植えの名前は、 「にぎやかな多肉鍋」 です。 使用した植物は非常に沢山ですので、 一応メモってありますが省略します。 左前の部分です。 後ろの乙女心も順調です。 鍋の取っ手の部分は場所をとるので取り去りました。 …

続きを読む

リトープスの今年の一番花

多肉の寄せ植えのリト-プスに今年一番の花が咲きました。 花が咲いたのはリトープスの曲玉です。 後ろのマンミルラリア・白星も白いふさふさ毛がもこもこで可愛いです。 白星はつい先日まで大きな株立ちだったんです。 もっと大きな鉢に植え替えるかで迷いましたが、 株分けして寄せ植えに使うことにしました。 ジャンク鉢のマステのコ…

続きを読む

消し去られたワイルドストロベリー缶

21日は涼しくて、春のような気持ちがいい日でした。 扇風機をつけると寒いぐらいでした。 本日の多肉の寄せ植えです。 使用した植物は、 H.ちび丸グリーン、花筏、おぼろ月、ロゲルシー、 姫秋麗、ステファニーゴールド、リフレクスム です。 一番上に大きく写っているのがおぼろ月、 その下に陰になっているのがちび丸グリーン、 その左にちょ…

続きを読む

多肉の寄せ植え~キャンディ78

多肉の寄せ植えを作りました。 名前は、 「キャンディ78」 です。 使用した容器は、 埼玉銘菓の一つとされている「一里飴」の入っていた缶です。 かなり古くから作られていたらしく、 名前は一里を歩く間、溶けずに味わえることに由来しているとのこと。 缶のフタの左半分を切り取って窓を開け植えこみました。 使用した植物…

続きを読む

あ~やっちゃった・・・の多肉寄せ

テラコッタの鉢にサボテンを主にした寄せ植えを作りました。 ジョウロの格好をしたテラコッタです。 上の方に麻ひもで縛ってあるのは伊達じゃあないんです。 ある事情があってのことなんです。 やっちゃいました。 買ったばかりなのに、うっかり足で蹴飛ばしてしまって。 大きなひびが入いちゃいました。 そのままでは完全に割れるのは目に見えているので、 …

続きを読む