わけいの多肉とライフスタイルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒長していた玉扇の容姿がよくなりました

<<   作成日時 : 2009/12/24 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ハオルチア・玉扇(NT−20)と言います。
画像
Haworthia truncata
(ハオルティア・トルンカタ)



Vの字の茶色の葉は何なんでしょうね。
画像
Haworthia truncata
(ハオルティア・トルンカタ)



全体の姿です。
長い葉は徒長していた昨年の葉です。
今年の葉は短く収まり形がよくなりました。
画像
Haworthia truncata
(ハオルティア・トルンカタ)


もしよろしかったらここをポチっとしていただくと非常にうれしいです。
↓↓
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どういう表現や分類で言うのか知らないんですけど、玉扇のような窓が平らなタイプを持っていないので、ちょっと興味があるんです。
育てるの難しいですか?
なな
2009/12/25 18:13
ハオルチアで葉の表面が平らなのは(と表現したらどう?)・・・万象と玉扇ですね。
この2つ形はずいぶん違うようですが、葉の先端が平らで透明になっているのが共通ですね。
植物学者によって同一の種(基本種と変種の関係)に分類する人と別の種に分類する人がいるんです。
どちらも丈夫で適度に増えて育てやすいと思います。
年間を通じて室内の窓辺でも生育できます。
窓辺以外だと徒長し易いです。
私は基本的には年間を通じて玄関のすぐ外に置いています。
そこに全部は置ききれないので、あちこちに散らばっています。
屋外の日当たりのよいところでも健康的な色(黒紫茶系色)になりますが元気です。
水遣りも多くても少なくても適用性があります。
メセン系は難しいというのを基準にすると、ハオルチアの平ら系(万象・玉扇)は決して難しくありません。

わっきー
2009/12/25 19:44
私も玉扇みたいなのを持っているんですが、どうも管理が悪いようで隣同士の葉っぱの高さが揃わないで美しくありません。わっきーさんのみたいに揃って欲しいです。
そもそもハオの事はまだ初心者で玉扇に関してはほどんど無知に近くそれらしい草形がいまいちピンときません^^;
今年は屋外に出してそれなりに日光に当たったと思いますが、今年だけでは足りなかったようで、それなりに美しい姿は来年に期待することにしました。
リリコ
2009/12/26 20:23
>リリコさんへ

玉扇や万象の葉っぱの高さがそろわないのは、日光不足によるものだと思います。
リリコさんがおっしゃるように高さが揃った方が見栄えがいいですから、来年は揃うように日当たりのよいところに置きましょう。
ただ葉が全部更新されるのには数年かかりますから、しばらく我慢が必要ですね。
(わっきーの好きなエキナケアやホスタのように毎年冬までに枯れて春に新しい葉が出て来るのならいいですが・・・)
わっきー
2009/12/26 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徒長していた玉扇の容姿がよくなりました わけいの多肉とライフスタイルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる